かつてのBCL少年も初めての方もぜひ再びロマンの世界へ


by bclguide

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

はじめに
受信機
アンテナ
放送の楽しみかた
受信情報
ノイズ対策
シャック
BCLグッズ・アイテム
受信報告書
QSL・ベリカード
書籍・出版物
電子工作
DXペディ
行事・イベント
BCL talk
BCL用語
リンク集

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

最新のコメント

¡Hola desde ..
by pepe pekas at 01:29
mamoさん アンテナ..
by bclguide at 12:35
shinさんこんばんは!..
by mamo at 22:36
mamoさん こんにち..
by bclguide at 13:00
Shinさんこんにちは!..
by mamo at 12:47
Dickさん こちらこ..
by bclguide at 19:46
メトロプラス良く聞こえて..
by Dick峯(笑) at 18:27
レポート楽しみにしてます..
by 太 at 19:14
ありがとうございます。と..
by J-BCL-P at 09:22
J-BCL-Pさん は..
by bclguide at 10:32
初めまして。いつも楽しく..
by J-BCL-P at 06:24
太さん 従来の穴の空い..
by bclguide at 12:53
結局、導入しましたか。
by 太 at 11:30
Jackさん お久しぶ..
by bclguide at 16:55
Shin さん たいへ..
by Jack @ Atlanta at 21:10

プロフィール

最新のトラックバック

venussome.co..
from venussome.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
NET(日本教育テレビ)
from ポンポコ研究所
いまさら AN-1 を・・・
from 落花流水【 愛燦々と! 】
NHK沖縄・石垣ラジオ中継所
from Ham and BCL Sq..
WeatherFAX/N..
from Moroiso Yacht ..
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..

検索

タグ

(250)
(191)
(132)
(103)
(92)
(79)
(68)
(62)
(57)
(47)
(45)
(41)
(15)
(12)
(12)
(7)
(6)
(5)
(5)
(5)

Solar Data/Propagation

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

オヤジ
関東

画像一覧

タグ:受信機 ( 68 ) タグの人気記事

ICF-6500が帰ってきた

子供の頃使っていたラジオ、ICF-6500。以前ヤフオクにて入手しましたが、しばらくたって動作しなくなり、不用品交換会で手放しました。
それから何年か過ぎ、先日訪れた「わにのへそ」に展示してあったBCLラジオを眺めているうちに、また6500の音が聞きたくなってきました。

そこで、再度ヤフオクで6500を落札してみたところ、届いたラジオは電源は入るものの音が出ませんでした。大変がっかりしましたが、幸運にも修理を受けることができ、あの懐かしい音がスピーカーから出るようになりました!

c0077964_11472229.jpg

修理をお願いしたのは、「隠れ居酒屋わにのへそ」ご主人のもう一つのお店「ティリーフ大磯」(http://www.tleaf.org)です。こちらではレストアしたラジオやアンティーク家電を、ネット通販や「わにのへそ」店頭で販売しており、ラジオ修理の相談も受け付けているとのことです。

筐体の大きいラジオは、やっぱり良い音が出ます。ラジオはどんどん小型化高性能化していますが、反対に音質は犠牲にしてきたような気がします。古いけど音質の良さを求める、アンティーク受信機ファンの気持ちが少しわかったような気がしました。修理していただいたティリーフ大磯さま、本当にありがとうございました!



[PR]
by bclguide | 2018-03-25 11:48 | 受信機 | Comments(0)

AirspyHF+とPERSEUSの比較②

今度は、強い信号からの抑圧を受けた時の受信状態をAirspyHF+とPERSEUSで比較してみました。

1600kHz KVRIの受信音です(裏にもう一局Talkが聞こえてます)。ALAを4分配してそれぞれに接続、両機ともLSBモードで2.8kHz幅、AGC-Slowにしてあります。1602kHzのNHK第2のカブリを受けていますが、どちらの信号も同じように聞こえています。





[PR]
by bclguide | 2018-02-15 09:32 | 受信機 | Comments(0)

AirspyHF+とPERSEUSの比較①

今日は自宅でX-BandのTPが聞こえていたので、AirspyHF+とPERSEUSで同時に帯域記録してみました。

1690kHz KDMTの受信音です。ALAを4分配してそれぞれに接続、両機ともSAMモードで6kHz幅、AGC-Slowにしてあります。どちらも感度の差は無いように感じます。






[PR]
by bclguide | 2018-02-14 20:01 | 受信機 | Comments(0)

Airspy HF+

昨年末に注文したSDRが届き、評価使用中です。


PERSEUSを使いはじめて10年。
SDRはどんどん小型化、高性能化しているのを感じます。

c0077964_16402826.jpg


[PR]
by bclguide | 2018-01-25 16:40 | 受信機 | Comments(1)

KiwiSDR

KiWiSDRは、Webインタフェースを持つBeaglebone Greenコンピュータを内蔵したSDR受信機です。昨年末にアルミケースとともに購入し、今週組み上がりました。

c0077964_08491933.jpg

現在は宅内LANに接続して、Webブラウザ経由で受信しています。昨晩受信した1611kHzのPHL局もよく聞こえていました。



[PR]
by bclguide | 2018-01-12 08:50 | 受信機 | Comments(2)

IC-7300でBCL②

IC-7300の録音機能を使って録音した、1690kHz KHPYの受信音です。
モードはAM、フィルター帯域幅は2.0kHz、AGCはFAST、アンテナはALA1530+ALA1530S UP GRADE KITSです。



[PR]
by bclguide | 2017-04-16 16:16 | 受信機 | Comments(0)

IC-7300でBCL①

昨年末から、アマチュア無線でIC-7300(100W)を使いはじめました。SDR受信機と同様に、スペクトラムスコープ&ウォーターフォールが表示できるのは非常に便利で、電波を目で見て把握できます。

先日、IC-7300と同じくRFダイレクト・サンプリング方式を採用した受信機IC-R8600が発売されました。久しぶりの新型テーブルトップ受信機で、7300には無い同期検波モードや3GHzまでの広帯域受信機能もあり、BCLの注目を集めています。

"無線機"IC-7300でもラジオ放送は受信できますが、"受信機"IC-R8600は受信に特化したリグなので、受信性能に違いがあると思います。数値的な違いや比較テストなど、これからの情報にも期待したいです。


参考までに、IC-7300と受信機(AR7030PLUS)の受信比較をしてみました。どちらも同じモード(AM、FILTER 5.2kHz帯域幅、AGC FAST)にしてあります。強力なAIRなので、どちらでもインド音楽が楽しめています。




[PR]
by bclguide | 2017-04-13 22:44 | 受信機 | Comments(0)

無線機でBCL

先日新規に無線機を導入しましたが、免許申請中につきまだ送信できないので、ALA1530をつないでワッチに使っています。

ここ数日は630のKUAMが良好で、昨夜はクリスマスソングがエンドレスで流れてました。639のNHK静岡第2のカブリの影響をけっこう受けており、高音でガサガサと耳を突く感じです。いかにも無線機らしい音質で、同じ局をAR7030で聞いてみると、音質がマイルドなのでカブリも耳に優しいです。
c0077964_19054741.jpg

[PR]
by bclguide | 2016-12-22 19:08 | 受信機 | Comments(2)

CC SKYWAVEのUL-DX改造

TDXCでは、小型ラジオに大きなフェライトバーアンテナを取り付けてDXingする「Ultralight DX」が人気です。私も昨年4月にシエスタさんからフェライトバーを、板さんからリッツ線をお譲りいただきましたが、開祖のGaryさんから頂いた改造PL-380に満足してしまい、製作が進んでいませんでした。この夏の会誌にさわぽんさんから詳細な製作記事もご寄稿いただきましたので、7月に購入したC.CRANE社の小型ラジオ「CC SKYWAVE」をUltralight DXラジオに改造してみました。


製作のコンセプトは、
・CC SKYWAVE自体には極力変更を加えない
・外部アンテナはラジオ本体から着脱可能にする
・ラジオ本体にアンテナ端子を増設して、内蔵バーアンテナと切り替えられるようにする(外部アンテナを取り外せば、CC SKYWAVE単体でも受信できる)
の3点です。

CC SKYWAVEを開腹し、ストラップ穴のすぐ下に3.5φヘッドホンジャックを取り付け、内蔵バーアンテナから配線します。外部バーアンテナはさわぽんさんの記事通り62回巻き、パイプとボルト頭部キャップ で仕上げました。バーアンテナの取り付け部分には、100円ショップの「スマホ三脚スタンド」のスマホを挟みこむクリップ部分を流用しました。

c0077964_1257852.jpg


c0077964_10403693.jpg


外部アンテナをラジオに取り付け、アンテナ端子をつなぐと、1664kHzの東京マーチスも弱く受信できるようになりました。うまく動作しているようです。元祖PL-380改よりわずかに音の力強さが弱く感じます。使われているフェライトバーが若干小さめで、巻き数も異なるからと思われます(CC SKYWAVE 18cm 約1cm径、 PL-380 19cm 1.3cm径)。


c0077964_1041213.jpg


ただ、アンテナ端子を抜き差しすると、ラジオの感度がおかしな具合に変化します。

*765kHz YBSラジオ
内蔵ANTのみで電源ON S6
外部ANTを挿すと S5
外部ANTを外すと S6に戻る

外部ANTを挿して電源ON S9
外部ANTを外すと S3
外部ANTを挿すと S9に戻る

*1664kHz 東京マーチス
内蔵ANTのみで電源ON S0(ノイズあり)
外部ANTを挿すと S0(フロアノイズも下がり、ほぼ無音に)
外部ANTを外すと S0(ノイズあり)に戻る

外部ANTを挿して電源ON S1〜2
外部ANTを外すと S0(フロアノイズも下がり、ほぼ無音に)
外部ANTを挿すと S1〜2に戻る

(これはフェライトバーアンテナに関係のないSW・FMバンドでも、なぜか同じ症状が出ました)


ミヤさんの会誌Ed.2執筆記事に、「C.CraneやPL-380などDSPチップの載ったラジオだと、FSLのチューニングが非常にわかりにくかった。これは、ラジオのチップ側が賢くて、弱い信号でもすぐさま増幅してしまうのと、強い信号であってもオーバーフローしない様に、瞬時に調整がされてしまう為と思う」とありましたが、似たような症状が出ていると思われます。「電源をONした時に接続されているアンテナで感度の最適化がなされていて、電源をOFFしないとリセットされない」ように感じます。
外部アンテナを使う際は、あらかじめアンテナ端子に接続してから電源を入れるようにしています。


だいぶ遅れましたが、部材を提供くださり、製作情報を公開下さった皆さんのおかげで、ようやく自分の自作機でUltralight DXの世界を楽しめそうです。ありがとうございました!

c0077964_1420013.jpg

[PR]
by bclguide | 2016-10-18 15:30 | 受信機 | Comments(9)

年の瀬ラジオ新調

もうすぐ2015年も終わり。食卓ラジオとして日常愛用しているICF-SW22(http://bclguide.exblog.jp/4134696/)を、ICF-SW23(http://bclguide.exblog.jp/19342996/)に変えました。

c0077964_9402742.jpg


さすが新品。ピカピカで家族全員感動。折れたロッドアンテナの分だけ落ちていた、短波・FMの感度も上がりました。壊れかけていた同調ダイヤルやVol、各スイッチの動きも滑らかになり、使いやすさも向上。SW22はまだ音は鳴るので、息子に譲りました。


家族とともに歩んできたラジオ。これからもよろしくおねがいします!
[PR]
by bclguide | 2015-12-30 09:40 | 受信機 | Comments(2)