人気ブログランキング |


かつてのBCL少年も初めての方もぜひ再びロマンの世界へ


by bclguide

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

はじめに
受信機
アンテナ
放送の楽しみかた
受信情報
ノイズ対策
シャック
BCLグッズ・アイテム
受信報告書
QSL・ベリカード
書籍・出版物
電子工作
DXペディ
行事・イベント
BCL talk
BCL用語
リンク集

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

最新のコメント

太さん ご購入ありがとう..
by bclguide at 16:58
久しぶりにCQ ham ..
by 太 at 15:35
チバMR21さん 先日..
by bclguide at 00:23
お疲れ様です。21日はあ..
by チバMR21 at 23:21
BCL大好きオヤジさん ..
by bclguide at 14:18
Shinさん、おはようご..
by BCL大好きオヤジ at 06:56
太さん 今年もお世話に..
by bclguide at 10:56
単独ペディお疲れ様でした..
by 太 at 09:05
Mineさん おはようご..
by bclguide at 09:33
シンさん、こんにちは。W..
by Mine at 18:52
いかさん、お疲れ様でした..
by bclguide at 08:47
お疲れ様でした。ロケも宿..
by いか at 19:10
Nakaさん ありがと..
by bclguide at 11:36
これは凄い!おめでとうご..
by Naka at 09:00
Mineさん コメント..
by bclguide at 08:16

プロフィール

最新のトラックバック

検索

タグ

(261)
(197)
(140)
(106)
(92)
(80)
(71)
(68)
(62)
(48)
(45)
(42)
(15)
(12)
(12)
(7)
(6)
(5)
(5)
(5)

Solar Data/Propagation

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

オヤジ
関東

画像一覧

Zライト

夜間が中心のBCLライフ、シャックの照明は重要です。

机を仕事だけに使ってたときは、蛍光灯アームスタンドでした。
スマートなデザインで白熱球より熱くなく省エネ仕様で、
発色が鮮やかだったからですが、これが発するノイズは
直近の受信機にダイレクトで影響してしまいます。
アンテナが室内に置いてあった頃は照明が付けられず、懐中電灯
やペンライト片手にワッチすることもありました。

DXのため、結局昔からから使ってたZライトZ-107
戻すことにしました。
c0077964_9214622.jpg

蛍光灯よりランニングコストも安く、温かな色味は目に優しいです。
おかげでノイズは出なくなりましたが、白熱電球の発する猛烈な
熱で、夏場は地獄になります(ノイズ対策でエアコンもOFF・・)。
しかし冬場はプチ暖房になって、冷え症の手をあっためるのに
いい塩梅です(といっても相当な熱さですのでヤケドに注意)。
# by bclguide | 2006-10-24 09:15 | シャック | Comments(2)

大圏地図

正距方位図法の地図は、放送局や送信所までの正確な距離・方位が
わかるというBCL向けな地図です。

北海道地図株式会社などで扱う市販品
(購入済みですが貼る場所がなく、箱に入ったままです)、
月刊誌CQ ham radioに付録でついてくることもあります。

パソコンソフトでもAZMapや、Azimuth mapDX Atlas
「地球儀」コメント欄で福永さんに教えて頂いた
GeoStudioなど数多くあります。
Radio ExplorerSWL ToolなどBCLソフトについてくるものも
ありますが、Windowsでしか使えなかったり表示が小さ
かったりで、Mac愛用者の私には縁がありませんでした。

先日、太平洋さんのブログに紹介のあったSWLDataBrowserを製作した
J.A.Watson氏のサイトSWLAppsに、SWLMapという大圏地図表示
ソフトがありました。SWLDataBrowserと連動させて使うもので、
単体だと簡易的な表示になりますが動作します。大きな画面で
グレーゾーンがリアルタイムに変化してゆくのを見てると
期待感が高まります。
c0077964_1054356.jpg

思わぬところから、大圏地図を見ながらDXするという夢が
実現できました。
福永さん、太さんありがとうございました。
# by bclguide | 2006-10-20 10:11 | BCLグッズ・アイテム | Comments(2)

ログブック

受信した放送局の記録をつけておく、BCLの日記のようなノートです。

普通の安売りノートに線を引いただけのものをよく使ってます。
書き方は自由ですが、あまりに書き散らかしてしまうと、
読み返すとき苦労します。
受信局のことはもちろん、天気や電波のコンディション、シャックの
小変更点などを記入しておくと、あとで役に立つかもしれません。
左から周波数(kHz)、局名、放送言語、受信時刻(JST)、受信
状態(SINPO)、備考、の順です。
c0077964_1854943.jpg

最近はアマチュア無線用のログブックをBCLに代用してます。
REPORT欄が2つありますので、SINPOと混信局など備考欄に、
MODE欄を、放送言語欄にしています。COMMENTS欄をなる
べく広く取ったほうが報告書も書きやすいので、1行づつ
あいだを開けたほうがよさそうです。
c0077964_10322835.jpg

小学生の頃からですが、ノートはいつも最初のページだけ
キチンと書いてて、だんだん適当になってってしまいます。
いちばん下はペディで呑みながら書いたログです。これは酷い(笑)
c0077964_1856723.jpg

# by bclguide | 2006-10-16 10:38 | BCLグッズ・アイテム | Comments(5)

地球儀

日本から遥か遠いLA (Latin America: 南米)のDX局を狙うとき、
頭では「地球の裏側からの電波なんだ」と考えてもなんかピンと
こないときがあります。
そんなとき、目の前にある地球儀をくるくる回してみると
がぜんその距離感を実感できます。

電波旅行の羅針盤として、是非ともシャックに据え付けたい
アイテムのひとつです。
あらためて地球儀売り場で見てみると、種類もいろいろ、大きい
わりに軽くて、しかもその値段の高さに驚いてしまいます。
小さい頃使ってた地球儀、もっと大切にしておけば良かった。
そんなわけで、我がシャックの地球儀は100円ショップで
売っていたものです。
c0077964_1783915.jpg

地球の丸さを実感できる地球儀ですが、日本からの最短距離(電波は
おもに最短距離を通ってきます)や方角を調べる方法がよく分かり
ません。「地球儀上の自分のいる地点に針を刺し、そこに糸を
つけて、いちばん糸が短い方向が最短距離だ」などと聞きますが、
そんなもったいないこと出来ないし・・
パソコンで電波の飛ぶ方角を表示できる「大圏地図」ソフトも
ありますが、我が家のMacではうまく動いてくれません。

BCLに使いやすい地球儀の出現を夢みて、100円地球儀を回してます。
# by bclguide | 2006-10-13 17:09 | シャック | Comments(4)

ICF-6500

24年前、はじめて買った念願の短波ラジオです。

周波数カウンタがデジタル表示で、当時いちばん安い機種
だったのが購入の動機でした。

デザイン、性能、使いやすさ、正直気に入っていたといったら嘘に
なってしまいますが、今でも愛着を感じるラジオなのは確かです。

横浜西口のALiC日進で買ったときの興奮。
憧れだったデジタル直読で受信できた感激。
両親の帰省、釣り、天体観測、何処にでも持って出掛けたこと。
何度も何度もテープを聞き返し、はじめて英文でレポートした
Radio Finland。
中学の技術家庭で作った木製のお盆に、ビニール線を巻き付け
バリコンを繋いだループアンテナで聞いた、グアムKUAM・KGUM・・

思い出がたくさん詰まってます。
壊してしまってずいぶん経っていたので、オークションで再度
手に入れました。
いまも地元のラジオを仕事中聞き流すのに使っています。
動作も不安定でDXには使えなさそうですが、
所有しているどの受信機よりも、音がよく聞き心地はいいです。


しばらく更新が滞ってしまいました。
書いている自分が黄昏れてしまったわけではありませんが、
やっぱり自宅の受信音を聞くと「フハッ」と溜息が漏れます。
ひと呼吸置いてるところです。
c0077964_7215921.jpg

# by bclguide | 2006-10-08 15:52 | 受信機 | Comments(8)

BCLの黄昏時2

BCLの熱を冷ましてしまうものに無力感があります。

太東崎などペディでラジオを聞くと、そのロケーションの良さに
狂喜する反面、自宅との猛烈な落差に無力感を強く感じます。
ここでは珍局も、日常普通に聞こえる常連局みたいなもので、
ここでの常連局が、自宅ではいつでも超難局になってしまう。
シャックでどうあがいても、ノイズから逃れられない。
同じ関東地方で、どうしてこうも違うのか。
海岸端に住めたら・・(これは塩害など、悩みも多くあるそうです)
しかも予定を組んでペディに出掛けても、その日がコンディションの
いい日かどうか運まかせです。
自分ではどうすることもできない。
自宅で聞き続けることに虚しさまで感じてしまいます。


でも、悪い時があるから、いい時が嬉しい。
凄いものがあるから、それを目指せる。目標も建てられる、
夢ができる。
ハードルをむやみに高くしなければ、克服できた喜びも
たくさん味わえます。
年に何度かはある「スーパーコンディションの日」に運良く
巡り会えれば、シャックでも意外なほど聞こえてきます。
普段聞こえないから、聞こえた時の嬉しさは爆発的になります。

あの興奮、喜びをまたいつか味わえたら・・
ノイズだらけのシャックにも夢があります。
c0077964_1145587.jpg

# by bclguide | 2006-09-23 22:09 | BCL talk | Comments(3)

BCLの黄昏時1

不吉なタイトルでごめんなさい。
復活された方は勿論、BCL歴の長い方も経験されたかもしれません。
趣味も長くやっていると、気持ちが離れてしまう時があります。


学業や仕事が多忙になり、時間が取れなくなった
もっと楽しい趣味ができた
引っ越しでロケーションが悪くなった
結婚や家庭の事情、プライベートの事でそれどころではなくなった
あまり聞こえない、QSLの返信率も悪い、ひとりでつまらない
PLC解禁の答申が出て、将来に絶望した
聞くところがなくなった、QSLに価値を感じなくなった
燃え尽きた、飽きた、冷めた

いろいろあることと思います。

私がかつてBCLから離れた時は、
中3でアマチュア無線資格を取って、高校からバイトをはじめた
ことが大きかったです。
電波を「聞く」受け身より、電波で積極的に「話す」方が
楽しくなって、
バイト先や高校の友人との付き合いから「自分と相手以外の第三者」
のことを意識しはじめました。
心も体も、外へ向かって動いてく面白さでいっぱいで、
ひとりラジオを聞くことが、はたから見て内向きに感じられました。

ノイズや混信まみれで必死で聞いてるDX局は、放送されてる
その国・地方の人達にとっては普通に聞こえて当たり前です。
そもそも必要としてる地元で聞こえればいいのですし、
エリア外の第三者が聞こえたと騒いで何になるんだろう・・
そう考えた瞬間、急激に熱が逃げていきました。

次第にBCLからは気持ちが離れて、ICF-6500からはロック専門
短波局のKYOI(既に閉局)か、ラジオたんぱの深夜番組
「セクシーオールナイト」しか流れなくなってました(笑)。


今回はまだ、BCL熱は冷めずにすんでます。
サービスエリア外の第三者としての、放送局との
コミュニケーションに面白さと手応えを感じます。
局スタッフや地元リスナーに、遥か遠い土地から話題や
アドバイスを提供できるし、意思を通じ合える瞬間があります。
たくさんコメントのついた返信に心が温かくなったり、
お便り紹介番組で手紙が読まれドキドキしたり・・

世界中のBCL人口が減ってきたからか、
放送局との結びつきは以前より強く感じます。
# by bclguide | 2006-09-22 08:56 | BCL talk | Comments(7)