人気ブログランキング |


かつてのBCL少年も初めての方もぜひ再びロマンの世界へ


by bclguide

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

はじめに
受信機
アンテナ
放送の楽しみかた
受信情報
ノイズ対策
シャック
BCLグッズ・アイテム
受信報告書
QSL・ベリカード
書籍・出版物
電子工作
DXペディ
行事・イベント
BCL talk
BCL用語
リンク集

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

最新のコメント

K's Notesさん ..
by bclguide at 23:58
おおおお!まさにこのラジ..
by K's Notes at 14:29
JH0CJH さん ご..
by bclguide at 08:50
ハムフェア来られますでし..
by JH0CJH 川 at 07:20
NGOさん お読みいた..
by bclguide at 23:10
早速拝見しています。今年..
by NGO at 22:26
> NGOさん 今年も..
by bclguide at 08:18
夏のお愉しみですね。 ..
by NGO at 14:36
kumada1964さん..
by bclguide at 18:31
はじめまして。素晴らしい..
by kumada1964 at 22:59
通りすがりさん 中区の..
by bclguide at 10:36
本牧区?
by 通りすがり at 03:41
太さん ご購入ありがとう..
by bclguide at 16:58
久しぶりにCQ ham ..
by 太 at 15:35
チバMR21さん 先日..
by bclguide at 00:23

プロフィール

最新のトラックバック

検索

タグ

(261)
(197)
(140)
(106)
(92)
(81)
(74)
(72)
(63)
(48)
(45)
(42)
(15)
(12)
(12)
(7)
(6)
(5)
(5)
(5)

Solar Data/Propagation

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

オヤジ
関東

画像一覧

BCLの壁1・DX局が聞こえない

受信機・アンテナ・資料がひととおり揃って、それからは
BCLにのめり込む日々が続きました。

木造の自宅2階がシャックだったので、横着してアンテナAN-1は
相変わらず部屋の壁に立てかけたまま。受信機への接続も
ワニ口クリップでなんとなく繋ぎっぱなしでしたが、送信出力の
大きい国際放送局なら十分です。
昼間は15、17、21MHzなど高い周波数、夜は9、11MHzあたりの
周波数をゆっくりダイヤルして、強く聞こえる局をリストで調べる
という受信スタイルで、いろんな局を楽しみました。
ベリカードも国際局・国内中波局と集まり始め、かつて挫折した
要因だった英語の受信報告書にも返信があって、枚数では中学の
頃を上回りました。

インターネットにたくさんある受信情報も、受信の参考になりました。
しかしBCL掲示板でよく話題に上がる、国際放送ではない
「DX局」が、聞こえてきません。
当時の我が家では、短波の低い周波数(2〜7MHz)は朝も晩も
”ブァーーー”と原因のわからない雑音で埋め尽くされてました。
高い周波数帯も、いつも聞こえる「常連局」以外は弱々しい信号で、
とてもIDが取れるほどにはなりません。
短波帯には国際放送以外にも自国内向けのローカル放送があり、
そちらのほうが音楽もお喋りも堅苦しさがなくその国独特の
番組を楽しめるのですが、出力が低く雑音の影響を受けやすい
低い周波数に出てるので、受信の難しい「DX局」になっています。
アフリカや南米、インドネシアの局はノイズに埋もれてしまって、
まるで聞こえませんでした。
もっと近くにある日本国内の中波局も、混信が激しい四国や九州
の局はなかなか現れてくれません。

ノイズが少なく、混信が切れるループアンテナの使用を
考えましたが、高価で取付け方も難しそうだし、
「設置する環境で効果に違いが大きいので、一概には勧められ
ない」という感想をよく見かけて二の足を踏んでました。
ループアンテナの自作記事も見かけましたが、電子工作なんて
夢みたいな話です。
身近に相談できるBCLもいませんでした。


RRIのLove Ambon、アフリカ局のAfro-popsやドラム連打IS、
南米のフォルクローレ、いったいどんなものなんだろう・・
ましてや、中波でアメリカやオーストラリア、ヨーロッパなんて
聞こえてる事自体が信じられませんでした。

いつも強い同じ局ばかり聞き続ける日々が続きました。
面白そうなネットの話題にはとても近づけず、しばらくのあいだ
なんだか遊園地の外をうろうろしてる気分でした。
c0077964_17483472.jpg

by bclguide | 2006-08-29 17:49 | BCL talk | Comments(2)
Commented by 日原 at 2006-08-30 12:38 x
聞こえない、相談できない、ってのは最初にぶつかる壁かもしれませんね。
数十年前、BCLブームも数年で衰退しました。私をこの世界に放り込んでくれた友人たちもやがて去ってゆきました。たったひとりになっても続けてきたのはなぜでしょう。まだ知らぬ世界へ、思いを馳せられたからでしょうか。
いくつか目の前にはだかる壁を乗り越えると、楽しくて仕方なくなります。壁を乗り越えようとすることすら楽しみになってきます。
Shinさんが、どうやってこの壁を乗り越えられたのか、興味津々です。次の記事を楽しみにまっていますよ。
Commented by bclguide at 2006-08-30 21:36
いっぱい壁ありましたが、
先輩、仲間の助けがあって、楽しさに開眼できました。
仲間や出会いがなければ、これからも続けられないかもしれません。
ひたすら感謝しています。