かつてのBCL少年も初めての方もぜひ再びロマンの世界へ


by bclguide

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

はじめに
受信機
アンテナ
放送の楽しみかた
受信情報
ノイズ対策
シャック
BCLグッズ・アイテム
受信報告書
QSL・ベリカード
書籍・出版物
電子工作
DXペディ
行事・イベント
BCL talk
BCL用語
リンク集

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

最新のコメント

せきやまさんもご愛用でし..
by bclguide at 12:43
こんにちは。VESSEL..
by せきやま☆あすか at 09:38
ヨコハマAA815さん ..
by bclguide at 22:39
こんばんは。昨日は遠征お..
by ヨコハマAA815 at 20:34
太さん ALAを2分配..
by bclguide at 09:09
7300ポチリましたか!..
by 太 at 20:04
いかさん 今回も幹事ご..
by bclguide at 07:23
よこはまAA815さん ..
by bclguide at 07:21
忘年会お疲れ様でした。か..
by いか at 22:38
こんばんは。ああ〜、この..
by よこはまAA815 at 21:13
せきやまさん 先日はお..
by bclguide at 17:46
こんにちは。来年は「PR..
by せきやま☆あすか at 16:51
せきやまさん そうでし..
by bclguide at 10:39
2016年7月でブログ開..
by せきやま☆あすか at 09:25
kanaiさん ご無沙..
by bclguide at 10:26

プロフィール

最新のトラックバック

venussome.co..
from venussome.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
NET(日本教育テレビ)
from ポンポコ研究所
いまさら AN-1 を・・・
from 落花流水【 愛燦々と! 】
NHK沖縄・石垣ラジオ中継所
from Ham and BCL Sq..
WeatherFAX/N..
from Moroiso Yacht ..
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..

検索

タグ

(239)
(188)
(124)
(99)
(90)
(78)
(61)
(53)
(50)
(45)
(43)
(41)
(14)
(12)
(11)
(7)
(6)
(5)
(5)
(4)

Solar Data/Propagation

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

オヤジ
関東

画像一覧

タグ:BCLの黄昏時 ( 4 ) タグの人気記事

2016年DX展望

2016年も気づけば10日が過ぎました。遅くなりましたが、本年もよろしくお願い申し上げます。


2014年にピークだったサイクル24は下降期に入り、2020年のボトムに向けてSSNも下がり続けていくと思われます。実際、昨年9月の外房PediではTPが良好に入感し、70局以上IDを確認することができました。今年以降は中波DXを楽しめそうでわくわくしています。


最近の北米局のIDを聞き取っていると、たとえば1080kHzのKFXXでは「KFXX, KWJJ-HD2 Portland…10-80 The Fan」、1140kHzのKHTKは「KHTK AM and HD, KNCI HD3, Sacramento」といったタイプのアナウンスがよく聞かれました。HD (High Definition Radio)は北米で普及している地上デジタルラジオ放送で、通常のアナログ波にデジタル信号を付加したハイブリッド方式(アナログラジオ・HDラジオ両方で受信できる)放送。HD2やHD3は、FMアナログ波に付加するデジタル信号に、AM放送を乗せて送信するチャンネルを指すようです。

また1180kHzのKERN「Newstalk 11-80 and New 96.1 KERN」、1350kHzのKSRO「News Talk 13-50 and New FM 103.5 KSRO」など、AMとFMで同時放送を行っている局のアナウンスも多く聞かれました。


日本でも昨年からFM補完放送 (通称ワイドFM)が相次いで放送開始しています。北米でも日本でも、大型で建築費や維持費が掛かる中波送信設備から、小型でローコストのFM送信設備に切り替えていく準備段階に入っているのかもしれません。

一方ヨーロッパは一足もふた足も速く、ドイツやフランスで中波放送を終了、ノルウェーにいたってはFM放送も終了するとのこと。


「電波を使ったラジオ放送」の衰退が進みつつある現在。趣味としてDXを楽しむことができるのは、あとどのくらいなのでしょうか。
[PR]
by bclguide | 2016-01-10 14:48 | BCL talk | Comments(4)

BCLのモチベーション

先日のNakaさんからいただいたコメントの中で、
「衰退する一方の短波放送であり悪化する一方の受信環境なので、
これから先もモチベーションを維持するのは大抵ではありません。
単なるDX局受信を超えた楽しみを見出さないと、続けて行くのは
難しい」という部分。
実感として、いろいろ考えてしまいます。


●とあるBCL復活組の辿る道。。

①ネットを通して、昔やってたBCLを思い出す。結構盛り上がってる
 様子、なんだか楽しそうだ
②ラジオやアンテナを購入、まずは国際局や国内民放から聞き始める
③DXerが集うBBSに、勇気を出してはじめて書き込み。
 情報交換の機会が増えて、受信頻度がぐんぐんアップ
④通信型機やループANTと設備増強。DX局も結構聞こえて、自信が
 ついてきた。電子工作にも手を出しさらにのめり込む。
⑤録音やベリカードも集まってきて、勢いに乗りブログを立ち上げる。
 反響もあって、ますますBCLが面白くなってきた
⑥自宅じゃ聞こえる局がマンネリになってくる。
 もっと(ベテランDXerのように)遠くの局、珍しい局が聞きたい!
⑦ついにペディに出掛ける。あまりの聞こえ具合の違いに愕然。
 以後遠征を重ね、微弱局を捉えようと没頭してゆく
⑧行ける範囲のペディでも、聞ける局がマンネリ化。レポート数も
 減った結果、返信も減ってきた。
 気がつけば、もうかなりこの趣味に投資してきたなぁ
⑨C-FMや業務局、フォローアップやPFCなど、重箱の隅をつつく
 遊び方に。ネットに踊る情報も陳腐に思えてきた。受信機ディスコン
 とかPLC、放送のデジタル化、とネガティブな話題が目につくこの頃
⑩やがて聞く機会も減少。ネタがなくなりブログ閉鎖。
 機材をヤフオクで売却。BCL忘却。


書いててなんだか空恐ろしい。
幸いまだ⑩の境地まで達してませんが、きわどいといえばきわどい。
どんな趣味にも行き詰まり感はいずれ出てくるでしょうが、
この先どうなるか・・
みなさんはどうですか?


どんな趣味の入門書も、遊び方は書いてあっても
続け方までは書いてない。
でもおそらく、この辺の不安感・先行きの不透明感は
自分にとっても重要な課題です。
また来年も考えていきたいと思います。
[PR]
by bclguide | 2007-12-29 11:00 | BCL talk | Comments(28)

BCLの黄昏時2

BCLの熱を冷ましてしまうものに無力感があります。

太東崎などペディでラジオを聞くと、そのロケーションの良さに
狂喜する反面、自宅との猛烈な落差に無力感を強く感じます。
ここでは珍局も、日常普通に聞こえる常連局みたいなもので、
ここでの常連局が、自宅ではいつでも超難局になってしまう。
シャックでどうあがいても、ノイズから逃れられない。
同じ関東地方で、どうしてこうも違うのか。
海岸端に住めたら・・(これは塩害など、悩みも多くあるそうです)
しかも予定を組んでペディに出掛けても、その日がコンディションの
いい日かどうか運まかせです。
自分ではどうすることもできない。
自宅で聞き続けることに虚しさまで感じてしまいます。


でも、悪い時があるから、いい時が嬉しい。
凄いものがあるから、それを目指せる。目標も建てられる、
夢ができる。
ハードルをむやみに高くしなければ、克服できた喜びも
たくさん味わえます。
年に何度かはある「スーパーコンディションの日」に運良く
巡り会えれば、シャックでも意外なほど聞こえてきます。
普段聞こえないから、聞こえた時の嬉しさは爆発的になります。

あの興奮、喜びをまたいつか味わえたら・・
ノイズだらけのシャックにも夢があります。
c0077964_1145587.jpg

[PR]
by bclguide | 2006-09-23 22:09 | BCL talk | Comments(3)

BCLの黄昏時1

不吉なタイトルでごめんなさい。
復活された方は勿論、BCL歴の長い方も経験されたかもしれません。
趣味も長くやっていると、気持ちが離れてしまう時があります。


学業や仕事が多忙になり、時間が取れなくなった
もっと楽しい趣味ができた
引っ越しでロケーションが悪くなった
結婚や家庭の事情、プライベートの事でそれどころではなくなった
あまり聞こえない、QSLの返信率も悪い、ひとりでつまらない
PLC解禁の答申が出て、将来に絶望した
聞くところがなくなった、QSLに価値を感じなくなった
燃え尽きた、飽きた、冷めた

いろいろあることと思います。

私がかつてBCLから離れた時は、
中3でアマチュア無線資格を取って、高校からバイトをはじめた
ことが大きかったです。
電波を「聞く」受け身より、電波で積極的に「話す」方が
楽しくなって、
バイト先や高校の友人との付き合いから「自分と相手以外の第三者」
のことを意識しはじめました。
心も体も、外へ向かって動いてく面白さでいっぱいで、
ひとりラジオを聞くことが、はたから見て内向きに感じられました。

ノイズや混信まみれで必死で聞いてるDX局は、放送されてる
その国・地方の人達にとっては普通に聞こえて当たり前です。
そもそも必要としてる地元で聞こえればいいのですし、
エリア外の第三者が聞こえたと騒いで何になるんだろう・・
そう考えた瞬間、急激に熱が逃げていきました。

次第にBCLからは気持ちが離れて、ICF-6500からはロック専門
短波局のKYOI(既に閉局)か、ラジオたんぱの深夜番組
「セクシーオールナイト」しか流れなくなってました(笑)。


今回はまだ、BCL熱は冷めずにすんでます。
サービスエリア外の第三者としての、放送局との
コミュニケーションに面白さと手応えを感じます。
局スタッフや地元リスナーに、遥か遠い土地から話題や
アドバイスを提供できるし、意思を通じ合える瞬間があります。
たくさんコメントのついた返信に心が温かくなったり、
お便り紹介番組で手紙が読まれドキドキしたり・・

世界中のBCL人口が減ってきたからか、
放送局との結びつきは以前より強く感じます。
[PR]
by bclguide | 2006-09-22 08:56 | BCL talk | Comments(7)