かつてのBCL少年も初めての方もぜひ再びロマンの世界へ


by bclguide

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

はじめに
受信機
アンテナ
放送の楽しみかた
受信情報
ノイズ対策
シャック
BCLグッズ・アイテム
受信報告書
QSL・ベリカード
書籍・出版物
電子工作
DXペディ
行事・イベント
BCL talk
BCL用語
リンク集

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

最新のコメント

いかさん 以前何度か行..
by bclguide at 18:43
キャンプお疲れ様でした~..
by いか at 17:42
せきやまさん 今回はご一..
by bclguide at 00:06
せきやまさん コメントあ..
by bclguide at 00:00
こんにちは。みなさんお疲..
by せきやま☆あすか at 18:02
こんにちは。英語で受信報..
by せきやま☆あすか at 15:45
いかさん 今回のお店も..
by bclguide at 22:16
Shinさん、先週に続き..
by いか at 19:59
せきやまさんもご愛用でし..
by bclguide at 12:43
こんにちは。VESSEL..
by せきやま☆あすか at 09:38
ヨコハマAA815さん ..
by bclguide at 22:39
こんばんは。昨日は遠征お..
by ヨコハマAA815 at 20:34
太さん ALAを2分配..
by bclguide at 09:09
7300ポチリましたか!..
by 太 at 20:04
いかさん 今回も幹事ご..
by bclguide at 07:23

プロフィール

最新のトラックバック

venussome.co..
from venussome.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
NET(日本教育テレビ)
from ポンポコ研究所
いまさら AN-1 を・・・
from 落花流水【 愛燦々と! 】
NHK沖縄・石垣ラジオ中継所
from Ham and BCL Sq..
WeatherFAX/N..
from Moroiso Yacht ..
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..

検索

タグ

(241)
(189)
(125)
(99)
(90)
(78)
(63)
(53)
(50)
(45)
(44)
(41)
(15)
(12)
(11)
(7)
(6)
(5)
(5)
(4)

Solar Data/Propagation

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

オヤジ
関東

画像一覧

タグ:電子工作 ( 44 ) タグの人気記事

走るオルゴール消防車

息子が1歳の時に作ってあげた光るオルゴールバス。あれから2年以上経ち、だいぶ壊れてます。
c0077964_167032.jpg

それでもたまに取り出しては「ねえこれなおして」というので、100円ショップで新しいおもちゃを買ってきて修理しました。
c0077964_1671126.jpg

オルゴールバスのスイッチや基板を取り出して、消防車にそっくり移植。発光ダイオードは、うまく出せるポイントが見つからなかったので中にしまい込みました。
c0077964_1672048.jpg


これが完成した「走るオルゴール消防車」。
c0077964_1673321.jpg

園から帰ってきたら、どんな顔するかな・・
[PR]
by bclguide | 2011-06-03 16:08 | 電子工作 | Comments(0)

お風呂ブザー修理

だいぶ前につくったお風呂ブザーが、しばらく使ってないうちに鳴らなくなってしまいました。開けてみると006P型電池が液漏れ状態。そこで電池スナップを新品に付け替え、無事に動作。最近お風呂を溢れさせてしまうことが多かったので、これで大丈夫。


今年初、一瞬だけ半田こて握りました。
c0077964_8281358.jpg

[PR]
by bclguide | 2011-01-12 08:28 | 電子工作 | Comments(2)

世界最小ランタン

namaさんのブログ世界最小のランタンを作ってみたに感銘を受け、自分も作ってみました。
これは小さい・・
c0077964_12125877.jpg

光量は弱いですが、手元の資料をちょっと照らすくらいなら使えそうです。常夜灯にも良さそう。namaさんはスイッチ付きも製作されたそうです。それにしても電池スナップにLEDを組み込むというアイデアは素晴らしい!namaさんどうもありがとうございました。
c0077964_12131863.jpg


~材料(秋月電子通商にて購入)~
*超高輝度白色LED5mm OSPW5161P 15cd 60° 10個入¥700
*LED光拡散キャップ(5mm)[ 白・国産] 1個¥30
*バッテリースナップ(電池スナップ・006P電池・電池BOX用)プラスチック製 1個¥20
*カーボン抵抗(炭素皮膜抵抗)1/6W 1KΩ(100本入) 1袋¥100(これは家にあった。2個使用)
*アルカリ電池 006P(6F22)9Vゴールデンパワー 1個¥100

一個あたりの実費(電池除く):¥122

製作上の注意:LEDは熱に弱いのでハンダ付けは素早く。バッテリースナップの電池接点部分も熱を加えすぎるとケースが溶けて弛み、接触不良の原因になるので注意。
[PR]
by bclguide | 2009-12-14 12:13 | 電子工作 | Comments(0)

誘導結合用カップラー

どうも春から調子が上がらない。厄年のせいもあるのかなあ。気力、体力、集中力、自分ではどうにもならないものを感じます。

趣味も煮詰まったら、まずは初心にかえろう!
ポータブルラジオで中波を聞くための誘導結合用カップラーを作ってみました。これはアンテナ端子の無いAMラジオと外部アンテナを接続するためのもので、ラジオの内蔵フェライトバーアンテナ部分に近づけると、感度が上がって聞きやすくなります。
c0077964_14365699.jpg

ATT(attenuator:減衰器)付きMコネ-モノジャック変換器bar-antenna.comバー・アンテナ製作キット「結合用コイル部分」を合体させたもので、強入力の場合アッテネーターで感度を調節しながら受信できます。カップラーのフェライトバーは、バスボンドでぐらつかないように固定。本体裏面にはゴム足も付け、ラジオの上に乗せても傷つかないようにしてあります。
c0077964_14372616.jpg



小型ラジオで昼間、ラジオ関西が強力に聞こえました(アンテナはALA1530)。以前、SONY AN-1付属のANC-2経由でICF-SW7600GRやDE1103でもTP局受信ができました。秋にはこの自作カップラーでDXをしてみようかな・・
c0077964_14375670.jpg

[PR]
by bclguide | 2009-07-12 14:48 | 電子工作 | Comments(0)

BNC同軸ケーブル

連休中も仕事が長引いて辛いです。「世間並みに遊びに行きたい」という家族のプレッシャーと板挟み。疲弊しつつ夜中に仕事を終わらせて、寝る前のほんのひととき、気分転換にBNCコネクタのハンダ付けをやってみました(どんな気分転換だ・・)。

同軸ケーブルへのM型コネクタのハンダ付けに比べて、BNCコネクタのはパーツも多くて作り方がややこしい。少し前にもやってみましたが上手くいかず、これまでは秋月などで売っている市販品を使ってました。Mコネ付きの5D-2Vや3D-2Vから、BNC付きのRG-58/Uに替えたときには「なんてコンパクトで使いやすいケーブルだろう。シャックもスッキリするし、移動時も軽い!」と思ってましたが、先日の単ペ(単独ペディ)ではそれすらも、重くかさばるのです。

アンテナからテントまでの長い同軸も軽くしたい。良いダイエット方法がないか悩んでたところ、ペディ師匠からの「細い同軸でも十分実用になるでしょう」との助言が後押しに。細めの同軸(1.5D-QEV)を使い、BNCコネクタ付きケーブルを製作します。同軸ケーブルの加工方法(1)ほかを参考に、コネクタ現物を実測し慎重に被覆カット、ハンダ付け・・そしてどうにか完成。


実際にリグに繋いでみると、通常通り音が出ます。たかが同軸でも、自分でハンダ付けした一品は愛着も深いです(写真は左が秋月のRG-58/U、右が今回作った1.5D-QEV。どちらも10m)。

c0077964_23122562.jpg

[PR]
by bclguide | 2009-05-03 23:22 | 電子工作 | Comments(2)

NFBプリアンプ

単独ぺディ用のプリアンプも用意せねばならない。シャックのものを取りはずして持って行ってもいいが、ぺディ用に別にあると楽だし、出掛ける機会が増えるような気がする。

数年前に作ったNFBプリアンプの予備パーツを使って、二号機を製作した。かつて根なし草さんが公開されていた回路図をもとに、慎重に実体配線図を書き起こす。一号機はパーツの配列を深く考えず、ぐちゃぐちゃした配線になってしまったし、なかなか動作せずNakaさんやシエスタさんにたくさんの助言をいただいた。今回はパーツ構成を極力シンメトリに配置し、配線も短くまとめてロスを減らすよう心がけた。パーツも何度も確認し、前回失敗したところは特に気をつけて組み上げてみた。


ゆっくり数日かけて完成。慎重に配線チェック、通電確認、各部電圧チェック・・なんとどこも問題なく、信じられないことに一発で動作!シンメトリ配線が功を奏したか、測定電圧値もシンメトリに近い数値。早速受信機に繋げると、10dBとすこしSメータが上昇、しかしノイズっぽさは抑えられて静かなアンプが出来た。チョー気持ちいい!いや、何もいえねぇ・・

電源には、以前AR7030PLUS用に作った移動用バッテリーがそのまま使えます。
c0077964_22471622.jpg

[PR]
by bclguide | 2009-02-16 22:49 | 電子工作 | Comments(6)

光るオルゴールバス

最近のおもちゃにはICが組み込まれてて、いろいろ光ったり鳴ったりするものが多い。自分が子供のころのおもちゃはもっと素朴なもので、紐を引くと中のレコード?が回ってしゃべる人形とか、歩くとキュッキュッ鳴る靴、引き金を引くと光ってバチバチ火花が散る光線銃なんかだった。エレクトロニクス満載のおもちゃをみると技術が上がったのを感じる。同時に値段も上がった・・

100円ショップにもおもちゃが売っている。真っ赤なハイウェイバスを息子のお土産に買ってきた。今日は久々の休日。これにちょっと手を加えて、今風の「光ってオルゴールも鳴るバス」にしてみよう。
c0077964_17185063.jpg

秋月電子で以前買ってあった3曲オルゴールキット Mini Music Box (購入当時¥320)。
c0077964_1719252.jpg

これを組み込むことにする。パーツに付属してるスイッチは子供の手には小さすぎるので、押しやすそうなものを千石電商で探した。 E26A-3BE5 プッシュSW(モーメンタリ2P)(¥53)、これを赤・青・緑と3つ。
c0077964_17201249.jpg

バスの上部に穴をあけて、スイッチを取り付け配線。基盤や電池ボックスはバスの内部に押し込む形で、固定はせず(狭くてできず)。後輪のゼンマイ仕掛け部分も、組み込んだパーツに当たるので外してしまったが、かえってタイヤが転がしやすくなった。曲が鳴ると点滅する発光ダイオードは、色をオレンジに変更、バス前側に穴をあけて出してみた。
これが完成した「光るオルゴールバス」
c0077964_17202021.jpg


オルゴールは子守唄が3曲。結構けたたましい音色で安っぽいが、息子も気に入ったのか遊んでくれた。BCL趣味が培った家族サービスで、親子共々楽しめた。
c0077964_1720346.jpg

[PR]
by bclguide | 2009-02-08 17:30 | 電子工作 | Comments(2)

DXランチオフ

いつもおつきあい頂いているDXerから、「ランチをご一緒しないか」とお誘いが。
自宅に籠りっきりの仕事で不健康きわまりない毎日。が、丁度打ち合わせで久しぶりに都内に出向く日があり、その日でも大丈夫とのことだったので喜んでお約束しました。


当日はいい天気で、10月にしてはちょっと暑いくらい。電車で都心に向かい、乗降客の人いきれをかき分け某駅に降り立つと、首にオフィスのIDカードを提げたYシャツ姿の氏が待っててくれました。挨拶し、歩いてすぐというランチバイキング店へ。仕事帰りの先輩DXerと飲み会はたまにあるけど、昼からお会いするのは私自身珍しい経験。勤務時間帯のせいか、どこか仕事モードというか、いつもより紳士的な雰囲気の氏。でも席につきリラックスすると、趣味の話ですぐに盛り上がりました。BCLの歴史、受信機やアンテナのノウハウ、漁業無線の話(これは私が一方的に・・)、お昼休み時間いっぱいお話できました。職種も年齢も違う物同士が、ウィークデー真っ昼間にマニアックな話題でランチするという、都心に居ながら非日常を堪能した1時間はあっという間・・
氏に買い置き頂いたアンテナ部材や、電子工作のパーツ類を受け取り、駅前で別れます。にこやかな笑みを浮かべた後、すぐに企業戦士の顔に戻った氏は、再び街の中に消えていきました。


早速頂いたパーツでを使ってPERSEUS5V電源を改造。ACアダプタからも電力を供給できるように別規格のDCジャックを増設し、これで自宅や宿ペディでも電源由来のノイズを気にせず運用が可能になりました。
非常に楽しい昼食でした。お忙しい中お声がけ頂きどうもありがとうございました。

c0077964_1011860.jpg

[PR]
by bclguide | 2008-10-20 14:53 | 行事・イベント | Comments(2)

テントペディのペルセウス

秋のDXシーズンまっただ中の連休、Nakaさんからペディのお誘いを受け、受信機器をカートに載せて一路茅ヶ崎へと向かった。今回は、念願の屋外PERSEUS-Dxingに挑戦しようと思う。


PERSEUSを家の外、特にAC電源の確保できないテントペディで運用するためには、幾つかのハードルがある。まずパソコンの電源。所有のノートは19V/4.74Aを必要とする。内蔵バッテリーはリチウムイオンバッテリーで2.5時間駆動可能。もともと仕事用なのでスペック重視、約2.8kgと結構な重さでモバイル使用には向いていない。いい電源も見つからず、予備バッテリーも購入していないので、今回は内蔵のみで持たせることにする。PERSEUSはPCにかなりの負荷をかけるので、起動してすみやかに正時前後5分のみ記録、終了後直ちにシャットダウンさせる最低限運用で望むことにした。

次にPERSEUSの電源。これがまた5V/1Aと入手しにくいもので、いくつか近似値のモバイル用電源が売っているものの、高価だったりノイズが出ているか購入前チェックが出来ず、適したものが見つからない。周辺機器はなるべく安価に、電子工作も楽しみたかったので、PERSEUS専用電源セットをつくることにした。これは既に実現されている方から、方法や工作指南を仰ぐことができた。

まず電力を生み出すバッテリーをつくる。以前紹介したAR7030用バッテリーの内部配線を変え、7.2V出力できるよう、6本直列をシリーズに2組、合計12本に変更して、PERSEUS専用バッテリーとした。

次に、7.2Vを5Vに変換してPERSEUSへ入力させるための、専用5V電源を自作。3端子レギュレーターを用いたもので、手持ちの部品とあわせて¥1,000ほどの出費で済んだ。
c0077964_2228214.jpg

PERSEUSとPCを繋ぐUSBケーブルも、ノイズ対策を施された二重シールドのものを用意。念を入れてフェライトコアを巻き通しておいた。
バッテリーと電源を接続。電源をPERSEUSに接続し、PCを起動させるとPERSEUSの電源が無事ON。さあ、船倉を満杯にさせ大漁旗を翻すべく、出陣!

・ ・・が、どうもコンディションが下がった状態のようで、漁業無線風に言えば「茅ヶ崎沖凪悪く昨夜調査に終わり早朝ほんのオカズ」となった。しかもPC起動中にノイズが発生してしまい、Nakaさんに迷惑をかけてしまう。SDRに詳しい方にお訪ねすると、「アンテナがPCに近すぎて、PCからのノイズを拾ってしまったのでは?」とのこと。たしかにテントの両側に、ほぼ接するようにしてK9AYを2基建てていたので、その可能性が大きい(写真では分かりにくいが、エレメントの片端はテント入り口のすぐ横になっている)。キャンプ場が混雑していたので、省スペース設営はやむを得なかった。あらためて、受信機(アンテナ)とパソコンのデリケートな関係を思い知らされた。

ちなみにPCのバッテリーだが、1600kHz幅を5分間記録×3回で、バッテリーの残量が残り僅かとなった。これは大喰いすぎる・・5V電源バッテリーのほうはまだ余力がありそうだ。
c0077964_22285272.jpg


水揚げが得られず呑んでばかりのペディでしたが、楽しいひとときになったし、勉強にもなりました。相変わらず仕事や育児であまり遠出できない状態ですが、また次回ペディに参加できればチャレンジしたいです。
c0077964_22291871.jpg

[PR]
by bclguide | 2008-10-13 22:53 | DXペディ | Comments(2)

BCL-2000の受信周波数改造

新聞広告やラジオライフ系雑誌記事でおなじみのアンドーインターナショナル株式会社短波ラジオ ER4-330SA は、中国东莞市德生通用电器制造有限公司(TECSUN)BCL-2000(あるいはBCL-3000)の日本仕様。大きな違いはFMの受信周波数で、BCL-2000は中国などの使用帯域(87~108MHz)になってるので日本国内のFM局(76~90MHz)がほとんど受からない。


親しいOMより譲っていただいたBCL-2000。本格的BCLには力不足なれど、大きなボディからは低音系の落ち着いた聞きやすい音。大工さんやラーメン屋さんみたくお仕事中掛けっぱなしラジオとして使いたいので、FMも聞けるとうれしい。かみさんも育児中にFM聞きたいというので、ラジオの改造に挑んでみた。

どうかいの~日記BCL2000FM周波数日本仕様化
激安品を探せ!激安BCLラジオ TECSUN BCL-2000 FM受信周波数改造メモ
改造にあたっては、非常に有益な上記の記事を参考にしました。どうもありがとうございました。参考書代わりにパソコン画面を眺めながら、いざ開腹!
c0077964_2310385.jpg

コイル調整にはgootのコアドライバー5本組セットCD-10の黄色いドライバー(CD-2)を使用した。
c0077964_23104192.jpg

作業自体は1時間ほどで完了。再び組み上げ終わったあと、チューニングダイヤルのワッシャーとキャリングベルトをはめ忘れてたのに気づき再度開腹・・というポカがあったものの、当初の目標通りFM帯75.5~95.3MHzをカバーさせることに成功した。BCL-2000からは最寄りのコミュニティFM、レディオ湘南が軽快に流れ出し、国内用ラジオとして生まれ変わった。


むかし、中波帯を広げて灯台局などを受信したくてICF-6500でこういった改造を施したことがあるが、資料も何もなく素人判断でいじくってしまい結局壊してしまった。あれから25年・・。今回はパラサイト改造ができて、無事に鳴ってくれた。貴重な情報を無償で提供下さったOM諸氏にあらためて感謝申し上げます。今後も仕事に、育児に、BCL-2000は存分に活躍してくれそうです。
c0077964_23115234.jpg

[PR]
by bclguide | 2008-07-15 23:59 | 受信機 | Comments(8)