かつてのBCL少年も初めての方もぜひ再びロマンの世界へ


by bclguide

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

はじめに
受信機
アンテナ
放送の楽しみかた
受信情報
ノイズ対策
シャック
BCLグッズ・アイテム
受信報告書
QSL・ベリカード
書籍・出版物
電子工作
DXペディ
行事・イベント
BCL talk
BCL用語
リンク集

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

最新のコメント

せきやまさんもご愛用でし..
by bclguide at 12:43
こんにちは。VESSEL..
by せきやま☆あすか at 09:38
ヨコハマAA815さん ..
by bclguide at 22:39
こんばんは。昨日は遠征お..
by ヨコハマAA815 at 20:34
太さん ALAを2分配..
by bclguide at 09:09
7300ポチリましたか!..
by 太 at 20:04
いかさん 今回も幹事ご..
by bclguide at 07:23
よこはまAA815さん ..
by bclguide at 07:21
忘年会お疲れ様でした。か..
by いか at 22:38
こんばんは。ああ〜、この..
by よこはまAA815 at 21:13
せきやまさん 先日はお..
by bclguide at 17:46
こんにちは。来年は「PR..
by せきやま☆あすか at 16:51
せきやまさん そうでし..
by bclguide at 10:39
2016年7月でブログ開..
by せきやま☆あすか at 09:25
kanaiさん ご無沙..
by bclguide at 10:26

プロフィール

最新のトラックバック

venussome.co..
from venussome.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
NET(日本教育テレビ)
from ポンポコ研究所
いまさら AN-1 を・・・
from 落花流水【 愛燦々と! 】
NHK沖縄・石垣ラジオ中継所
from Ham and BCL Sq..
WeatherFAX/N..
from Moroiso Yacht ..
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..

検索

タグ

(239)
(188)
(124)
(99)
(90)
(78)
(61)
(53)
(50)
(45)
(43)
(41)
(14)
(12)
(11)
(7)
(6)
(5)
(5)
(4)

Solar Data/Propagation

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

オヤジ
関東

画像一覧

タグ:電子工作 ( 43 ) タグの人気記事

ドライバー

これまで電子工作には、数百円ほどの小さな8本入りドライバーセットを使っていました。コンパクトで気軽に扱えますが、時々ネジの溝とのサイズが合わず、溝を広げてしまうこともありました。

先日IC-7300を開腹した時もプラスドライバーのサイズがネジに合わないようだったので、思い切ってドライバーを新調しました。使ってみると、ネジの溝にドライバーの刃が吸い込まれていくというか、食い込んでいく感じがします。さすが!というか、今まで使ってきたドライバーの刃がすり減ってきていたのかもしれません・・

ドライバーは、ハンダこて、ニッパと並んで多く使う道具なので、大切に使っていきたいです。

c0077964_08271066.jpg

左上から、長年使ってきた8本ドライバーセット、新調したVESSELのプラスドライバー(No.1と2)、ツインレンチドライバーセット(携帯に便利)、昔親父にもらった古いプラスドライバー


[PR]
by bclguide | 2017-03-03 08:28 | 電子工作 | Comments(2)

逆作動ピンセット

以前から欲しかったピンセットです。普通のものと違い、つかむ力を加えると先端がパーツを離し、つかむ力をゆめると先端がパーツをつかみます。ハンダ付けする際に、通常のピンセットだと掴む力を加え続けて保持するので、手先がプルプル震えてうまくハンダ付けできないことがありました。逆作動ピンセットを使うと、力を加えずにパーツを保持し続けることができるので、作業が楽になりました。

c0077964_9462495.jpg


下手くそながら電子工作をはじめて12年。必要な道具が手元にあると、難しいと思っていた工作の敷居も下がる気がします。
[PR]
by bclguide | 2016-10-23 09:46 | 電子工作 | Comments(0)

CC SKYWAVEのUL-DX改造

TDXCでは、小型ラジオに大きなフェライトバーアンテナを取り付けてDXingする「Ultralight DX」が人気です。私も昨年4月にシエスタさんからフェライトバーを、板さんからリッツ線をお譲りいただきましたが、開祖のGaryさんから頂いた改造PL-380に満足してしまい、製作が進んでいませんでした。この夏の会誌にさわぽんさんから詳細な製作記事もご寄稿いただきましたので、7月に購入したC.CRANE社の小型ラジオ「CC SKYWAVE」をUltralight DXラジオに改造してみました。


製作のコンセプトは、
・CC SKYWAVE自体には極力変更を加えない
・外部アンテナはラジオ本体から着脱可能にする
・ラジオ本体にアンテナ端子を増設して、内蔵バーアンテナと切り替えられるようにする(外部アンテナを取り外せば、CC SKYWAVE単体でも受信できる)
の3点です。

CC SKYWAVEを開腹し、ストラップ穴のすぐ下に3.5φヘッドホンジャックを取り付け、内蔵バーアンテナから配線します。外部バーアンテナはさわぽんさんの記事通り62回巻き、パイプとボルト頭部キャップ で仕上げました。バーアンテナの取り付け部分には、100円ショップの「スマホ三脚スタンド」のスマホを挟みこむクリップ部分を流用しました。

c0077964_1257852.jpg


c0077964_10403693.jpg


外部アンテナをラジオに取り付け、アンテナ端子をつなぐと、1664kHzの東京マーチスも弱く受信できるようになりました。うまく動作しているようです。元祖PL-380改よりわずかに音の力強さが弱く感じます。使われているフェライトバーが若干小さめで、巻き数も異なるからと思われます(CC SKYWAVE 18cm 約1cm径、 PL-380 19cm 1.3cm径)。


c0077964_1041213.jpg


ただ、アンテナ端子を抜き差しすると、ラジオの感度がおかしな具合に変化します。

*765kHz YBSラジオ
内蔵ANTのみで電源ON S6
外部ANTを挿すと S5
外部ANTを外すと S6に戻る

外部ANTを挿して電源ON S9
外部ANTを外すと S3
外部ANTを挿すと S9に戻る

*1664kHz 東京マーチス
内蔵ANTのみで電源ON S0(ノイズあり)
外部ANTを挿すと S0(フロアノイズも下がり、ほぼ無音に)
外部ANTを外すと S0(ノイズあり)に戻る

外部ANTを挿して電源ON S1〜2
外部ANTを外すと S0(フロアノイズも下がり、ほぼ無音に)
外部ANTを挿すと S1〜2に戻る

(これはフェライトバーアンテナに関係のないSW・FMバンドでも、なぜか同じ症状が出ました)


ミヤさんの会誌Ed.2執筆記事に、「C.CraneやPL-380などDSPチップの載ったラジオだと、FSLのチューニングが非常にわかりにくかった。これは、ラジオのチップ側が賢くて、弱い信号でもすぐさま増幅してしまうのと、強い信号であってもオーバーフローしない様に、瞬時に調整がされてしまう為と思う」とありましたが、似たような症状が出ていると思われます。「電源をONした時に接続されているアンテナで感度の最適化がなされていて、電源をOFFしないとリセットされない」ように感じます。
外部アンテナを使う際は、あらかじめアンテナ端子に接続してから電源を入れるようにしています。


だいぶ遅れましたが、部材を提供くださり、製作情報を公開下さった皆さんのおかげで、ようやく自分の自作機でUltralight DXの世界を楽しめそうです。ありがとうございました!

c0077964_1420013.jpg

[PR]
by bclguide | 2016-10-18 15:30 | 受信機 | Comments(9)

ニッパの修理

電子工作には欠かせない道具にニッパがあります。BCL再開後二代目のニッパは、フジ矢の60S-125です。バネ付なので使い勝手がいいのですが、先日無線のアンテナ調整に持ち出したところ、バネが外れてどこかに行ってしまいました。買い替えも考えていましたが、交換バネが別売りであるのを知りました(FNS-3 マルツで税抜314円)。

c0077964_1123932.jpg


安く修理できてよかったです ✌︎
[PR]
by bclguide | 2016-10-17 11:23 | 電子工作 | Comments(2)

アイルーペ

先日、外れた女房のネックレスのチェーンを修理したのですが、チェーンの輪が小さくてよく見えず、かなり時間が掛かってしまいました。最近老眼も進んできてて、目のピントも合いづらいし小さいものもよく見えないです。よくルーペのついたハンダ作業台がありますが、手持ちの作業台はルーペの無いものでした。

そこで、両手が使えるようにとアイルーペを購入しました。これを片目にはめて作業すると「いかにも専門家ぽい」という浅はかな思いもありましたが、実際は目で挟むのが結構難しく、しかも短時間で疲れてしまいます。

なにか方法は無いか・・と検索してみると、パンツのゴムを使って保持している、という方がいたので、真似してみました。

c0077964_6545583.jpg


100均で買ったゴムひもに切り込みを入れて、アイルーペを差し込んだものです。
これなら長時間の電子工作でも役立ちそう(つけるとちょっとマッドサイエンティストぽいけど)。
[PR]
by bclguide | 2016-09-08 06:55 | BCLグッズ・アイテム | Comments(0)

メガネコアを使ったCMC

シエスタさん(@radiosiesta)が8月31日にTwitterで公開された「メガネコアを使ったコモンモードチョークの製作」。ようやく納得のいく性能を確保されたとのこと。おめでとうございます!長期に渡る開発、ご苦労様でした。


春から試作品を何度かテストさせていただいていましたが、あらためてそのメガネコアCMCをテストしてみました。デルタフラッグアンテナをホイップアンテナとして設置(自宅庭に立てたポールに4mのワイヤエレメントを取り付け、デルタフラッグ用のマッチングトランスにエレメントとアースを接続)。2階シャックのEXCALIBURにて、本日正午頃の長波~短波帯の広帯域スペクトラムを測定しました。プリアンプや分配器は接続していません。なお新型CMCは、アンテナ直下に30.5t+19t(J)、受信機直前に20.5t+19t(43)を接続しています。比較として使った旧型CMCは「新しい小型・高透磁率コアを使ったコモンモード・チョークの実験」を参考に製作した、35T0501-10Hを2段使ったものです。


CMC未接続
c0077964_943756.jpg


アンテナの給電部と受信機のアンテナ端子に、旧型CMCを接続
c0077964_94474.jpg


アンテナの給電部と受信機のアンテナ端子に、新型CMCを接続
c0077964_945616.jpg




中波帯〜7MHzあたりでは新型のほうが若干ノイズレベルが低く、13MHz以上の短波帯では旧型CMCのほうが若干ノイズレベルが低い結果でした。メガネコアも35Tも、ほぼ同等のパフォーマンスを発揮しているようです。

メガネコアとポリウレタン線といった国内で入手しやすくかつ小型軽量な部品で製作でき、F-140A-JバージョンよりもHF帯ハイバンドのコモンモード減衰量が改善された、VY FBなノイズフィルタだと思います。
[PR]
by bclguide | 2014-09-28 08:58 | BCLグッズ・アイテム | Comments(0)

オルゴールレーシングカー

光るオルゴールバス光るオルゴール消防車光るオルゴールトラックにつづき、再再度壊れたおもちゃを修理。
今回も100円ショップで買ってきたものに、おんなじ基板とスイッチを移植です。LEDは玉切れか接触不良で点灯しなくなっていました。

c0077964_1772928.jpg


ぼうずとともに歩み続けるおもちゃです。
[PR]
by bclguide | 2014-07-20 17:07 | 電子工作 | Comments(0)

新型ガルバニック・アイソレータ

シエスタさん製作のガルバニック・アイソレータがバージョンアップして発表されました(https://dl.dropboxusercontent.com/u/12339080/radiosiesta's_file/新型ガルバニック・アイソレータの製作と使い方.pdf)。

シエスタさんのご厚意で、2月から新型GaIso試作版をテスト運用しています。自宅ALAを使った2011年の旧型テストではノイズレベルがはっきり低下しましたが、あれからシャックや周囲のノイズ状況が変化したのか、最近は自宅ALAにGaIsoを挿入しても取り外しても、あまり明確な変化を観測できなくなってしまいました。

そこで、アンテナを替えてみました。自宅の猫額庭にデルタフラッグのマッチングトランスと4mワイヤ、アースを使ったホイップアンテナを設置。ノートPCとPERSEUSはAC電源使用で、日中に各バンドを受信測定してみます。ANT〜RX間にはCMCは未接続の状態です。


*長波〜中波帯

c0077964_1227614.jpg

GaIso未接続

c0077964_12271836.jpg

旧GaIso接続

c0077964_12273566.jpg

新型GaIso接続


GaIso接続で、長波の低いところや中波帯でノイズが減りました。旧型と新型では、あまり差はないようです。

*5MHz帯

c0077964_12275196.jpg

GaIso未接続

c0077964_1228297.jpg

旧GaIso接続

c0077964_12281444.jpg

新型GaIso接続


短波ローバンドでも、GaIso接続でノイズが5〜10dB下がっています。こちらも旧型と新型では、あまり差はありませんでした。

*21MHz帯

c0077964_12282862.jpg

GaIso未接続

c0077964_12283855.jpg

旧GaIso接続

c0077964_12284683.jpg

新型GaIso接続


短波ハイバンドでは、旧型GaIsoよりも新型のほうが、さらにノイズを落とせました。
製作記事どおり、新型は高い周波数までコモンモード減衰量が改善されているのが分かります。

ノイズに悩むDXerには福音となる、VY FBなフィルターに仕上がっていると思います。
[PR]
by bclguide | 2013-05-02 13:18 | ノイズ対策 | Comments(0)

光るオルゴールトラック

光るオルゴールバス光るオルゴール消防車につづき、再度壊れたおもちゃを修理。
今回も100円ショップで買ってきたものに、おんなじ基板とスイッチ、LEDを移植です。

c0077964_16284739.jpg

最初のを作って3年半、息の長いおもちゃになりました。
[PR]
by bclguide | 2012-11-07 17:37 | 電子工作 | Comments(0)

DF+RTRテスト

製作したデルタフラッグアンテナとリモート終端抵抗の動作チェックをしてみました。
場所はいつもアンテナテストに利用してる横浜市中央部の公園。

DFを南方向ビームにして設置。594kHz NHK東京第1を受信し、終端抵抗値を可変させてみると、PERSEUSマーカーの信号レベル(dBm)で、ノーマルDFは14.3、DF+RTRは14.2、受信レベルを低く落とすことができました。ほかのローカル局もVRを回すと、8~13ほど信号が落ちるポイントが出てるので動作しているようです。


13363.55kHzでArgentine Feeder(AM 630 Radio Rivadavia)が受信できてましたが、こちらはRTRをOFFにしてMLBモードにすると信号強度が上がりました。



シエスタさんによる製作記事

ttp://dl.dropbox.com/u/12339080/radiosiesta%27s_file/デルタフラッグアンテナの製作と使い方.pdf
ttp://dl.dropbox.com/u/12339080/radiosiesta's_file/デルタフラッグ、フラッグ用リモート終端抵抗の製作と使い方_r1.pdf

c0077964_6513837.jpg

[PR]
by bclguide | 2012-10-18 07:54 | アンテナ | Comments(0)