かつてのBCL少年も初めての方もぜひ再びロマンの世界へ


by bclguide

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

はじめに
受信機
アンテナ
放送の楽しみかた
受信情報
ノイズ対策
シャック
BCLグッズ・アイテム
受信報告書
QSL・ベリカード
書籍・出版物
電子工作
DXペディ
行事・イベント
BCL talk
BCL用語
リンク集

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

最新のコメント

せきやまさんもご愛用でし..
by bclguide at 12:43
こんにちは。VESSEL..
by せきやま☆あすか at 09:38
ヨコハマAA815さん ..
by bclguide at 22:39
こんばんは。昨日は遠征お..
by ヨコハマAA815 at 20:34
太さん ALAを2分配..
by bclguide at 09:09
7300ポチリましたか!..
by 太 at 20:04
いかさん 今回も幹事ご..
by bclguide at 07:23
よこはまAA815さん ..
by bclguide at 07:21
忘年会お疲れ様でした。か..
by いか at 22:38
こんばんは。ああ〜、この..
by よこはまAA815 at 21:13
せきやまさん 先日はお..
by bclguide at 17:46
こんにちは。来年は「PR..
by せきやま☆あすか at 16:51
せきやまさん そうでし..
by bclguide at 10:39
2016年7月でブログ開..
by せきやま☆あすか at 09:25
kanaiさん ご無沙..
by bclguide at 10:26

プロフィール

最新のトラックバック

venussome.co..
from venussome.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
NET(日本教育テレビ)
from ポンポコ研究所
いまさら AN-1 を・・・
from 落花流水【 愛燦々と! 】
NHK沖縄・石垣ラジオ中継所
from Ham and BCL Sq..
WeatherFAX/N..
from Moroiso Yacht ..
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..

検索

タグ

(239)
(188)
(124)
(99)
(90)
(78)
(61)
(53)
(50)
(45)
(43)
(41)
(14)
(12)
(11)
(7)
(6)
(5)
(5)
(4)

Solar Data/Propagation

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

オヤジ
関東

画像一覧

タグ:受信機 ( 61 ) タグの人気記事

宝島客家電台

先月何回かあった台湾オープン。5/11は買い物で聞けませんでしたが、5/14は夕方の入感を帯域記録できました。なかなか時間が取れないので、少しずつの解析です。




"♪宝島客家電台(bao dao ke jia dian tai)FM九十三点七, 宝島客家電台(po do hag ga tien toi)歓迎的収聴〜"
93.7MHz 宝島客家電台(台北市)のSJです。最初の局名を中国語、2回目を客家語で歌っています。


このほかに取れた局のログです。

1731 90.5 奇峰電台 "奇峰電台(ki hong tian tai)FM九零五…" 苗栗市
1731 91.1大渓広播電台 "FM九一点一大渓広播電台(tai khoe kong po tian tai)...FM九一点五太平洋之声広播電台(thai pi iu chi sia kong po tian tai)…" 桃園県 //91.5
1731 91.5 太平洋之声広播電台 宜蘭県 //91.1
1731 93.5 新客家電台 "♪新客家電台(xin hag ga tien toi)〜新客家電台〜FM九三点五〜…" 桃園県
1733 93.1 台北広播電台 "台北広播電台…" 台北市


この日は台湾北部が開けたようです。大渓広播電台と太平洋之声広播電台は番組がパラでした。
HDSDRで記録したファイルなので、音飛びに悩まされています。CPUの負荷を下げるため、ウォーターフォールやスペクトラムの機能を下げていますが、完全には改善しません。
6144kHzで帯域記録すると、58秒間のファイルサイズが約2GB。あっという間にHDDの容量を食います。
[PR]
by bclguide | 2014-06-06 17:02 | 受信情報 | Comments(0)

合肥新城交通音楽広播

FDM-S2 & HDSDRで、先月記録したファイルです。




"合肥新城交通音楽広播...U(?) FM...nine three...Hefei Traffic Music Radio"


HDSDRでは、6MHz帯域記録ファイルの音声が音飛びしたり遅延したりすることがあります。上記局のIDの途中でも若干遅延が出てます。ソフトの最新Ver.が昨年のリリースなので、FDM-S2にうまく対応してないのかもしれません。HDSDRで記録したwavファイルは、FDM-SW2だと再生できないのも辛いところです。
[PR]
by bclguide | 2014-06-04 08:29 | 受信情報 | Comments(0)

東方都市広播

東方都市広播は上海にあるラジオ局。「東方」は「Eastern」の意。FM89.9MHz、AM792kHz。



"楽享好生活, 東方都市広播 ♪八九九〜"
「楽享好生活」は「良い人生を楽しむための音楽」(Google翻訳)


解析をしていて(いまごろ)気付きましたが、FDM-SW2をOffline Modeにすると、受信時4.92MHz帯域で記録したファイルが、6144kHz帯域で再生できます。
6144kHz帯域で記録・再生したい場合は、FDM-SW2で記録してOffline Modeで再生するか、FDM-SW2で記録してHDSDRで再生するといいようです。
HDSDRで記録したファイルは、FDM-SW2では再生できないので注意が必要です。
[PR]
by bclguide | 2014-05-30 16:39 | 受信情報 | Comments(0)

DXED

昨年の沖縄Pediで強力に聞こえていた1062 DZEC Metro Manila。その系列局1224 DXED Davaoを三浦で捉えました。




"EBC, Eagle Broadcasting Corporation. Ito ang Radio Agila"


FDM-SW2で解析するコツが掴めてきました。
「ファイル再生中は、Advanced Tuningに触らない。一時停止は使わない」
これさえ守れば、安定して動作しています。
あとはIDタイム(59分〜01分)をABボタンリピート機能で繰り返しながら、マウスホイールor左右キーで9kHz(TPなら10kHz)ステップで周波数を変化させ、解析します。ステップ値の変更は上下キー、IF帯域幅はZXキー、モード切替はA(AM)、U(USB)、L(LSB)、S(SAM)、W(WFM)、各キーで設定します。
[PR]
by bclguide | 2014-05-21 16:25 | 受信情報 | Comments(0)

2GF

2012年5月の茅ヶ崎Pediで捉えたSuper Radio Networkの系列局2GF。先週の三浦でIDを確認することができました。



"Complete News and Information to the Clarence Valley, 2GF 1206 AM and FM 103.9"


FDM-SW2は解析しにくいソフトですが、なんとか使えるようにならないか試行錯誤中です。
[PR]
by bclguide | 2014-05-20 23:05 | 受信情報 | Comments(2)

FDM-S2を使ったDX Pedi

土曜は三浦Pediでした。先月に続き、5名で潮の香りとAUS・PHL-DX&アイボールを満喫しました。日没後にDXの信号が上昇。黒点数は先月より高かったものの、Condxは逆に良かったみたいで、伝搬の理屈はよく分かりません。


今回もメイン受信機にはFDM-S2を使いました。受信機器の構成は、FDM-S2、ノートPC、ガルバニック・アイソレータ、たったこれだけです。FDM-SW2・HDSDRとも受信周波数・可変ステップ・モードの切り替えはキー操作で対応、マウスレスでも不便は感じません。FDM-S2の使用時間は、Lenovo L430・9cell BATTの場合、4時間半連続で1.23MHz帯域記録が可能です。

c0077964_16544382.jpg


c0077964_16552647.jpg

かつて、AR7030が主力機だった頃は、このような道具を持って海岸まで出掛けていました(電源が無い場所では、これにAR7030用の単三20本バッテリーボックス×2が必要)。それでいて正時に取れるIDは、運が良くて2局…。まさに隔世の感があります。




1071.06kHzで受信できたPHL局。19:26に "DWIZ 882(ocho ocho dos)"、19:28には"DWIZ 882(ocho ocho dos), RPN … Station"と取れました。
「DWIZ, RPN forge pact to widen Reach」というこちらの記事(http://www.businessmirror.com.ph/index.php/en/news/top-news/25323-dwiz-rpn-forge-pact-to-widen-reach)によると、今年の1月3日から、RPN(Radio Philippines Network Inc.)各局で882 DWIZ Manilaを中継しているようです(関連:「DWIZ 882 MANILA AND RPN 9 RADYO RONDA PROVINCIAL RADIO STATIONS」https://www.youtube.com/watch?v=TsDfiWgHml0)。

RPN Radyo Ronda Stations

639 DZRL Batac
1332 DZKI Iriga
1368 DZBS Baguio
1404 DYKB Bacolod
1080 DXKS Surigao
1008 DXXX Zamboanga
1053 DXKD Dipolog
1071 DXKT Davao
639 DXDX General Santos
1377 DXKP Pagadian
621 DZTG Tuguegarao
675 DYKC Cebu
1368 DXKO Cagayan de Oro.

1071.06kHzはDavaoのDXKTと思われます。
昨年の沖縄pediでも、ID未確認でしたが微弱に聞こえてました。
[PR]
by bclguide | 2014-05-19 17:22 | DXペディ | Comments(2)

FDM-S2とAR5000A+3の比較

ここ数日、Esで台湾方面が良好に開けています。本日は台東方面がオープンし、92.5MHzで台東市の大宝桑広播電台(http://www.fm925fm925.com)が強かったので、FDM-S2とAR5000A+3の両方で録音・聞き比べてみました。感度などは、強いEsなのでそれほど差を感じません。

92.5MHz 大宝桑広播電台(FDM-S2 / BW161kHz)


92.5MHz 大宝桑広播電台(AR5000A+3 / BW110kHz)



わが家で78.5MHz FMブルー湘南は、AR5000A+3の110kHzフィルターだと、78.6MHz FM-FUJI(三ツ峠)の強力なサイドが混ざって聞こえます(ALAなので、相対方向の混信がカットできない)が、FDM-S2+HDSDRで60kHzくらいに帯域を絞り込むと、サイドが大幅に低減されて聞きやすくなります。ちなみにAR5000A+3はフィルターをさらに狭い30kHzに切り替えると、内容がほとんど聞き取れなくなります。
帯域フィルターが無段階で可変できる、というのはSDRならではです。

78.5MHz FMブルー湘南(AR5000A+3 / BW110kHz)


78.5MHz FMブルー湘南(FDM-S2 / BW60kHz)

[PR]
by bclguide | 2014-05-16 15:50 | 受信機 | Comments(2)

FDM-S2 with HDSDR

FDM-S2のデフォルトソフトFDM-SW2。機能は豊富なのですが、基本的な部分で使いにくく感じます。

●チューニング操作がしにくい。メインスクリーンのFrequency Displayは周波数の表示のみ。「Advanced Tuning」パネルの「Tune Frequency」「LO Frequency」や、「Lock To CF」などの関係や規則性が分かりにくく戸惑う。
●記録再生時、部分的な選択箇所をリピート再生する機能がない。そこで希望再生箇所を「A」「B」ボタンで切り出して保存しようとするが、この操作をするとフリーズしてしまう。切り出したファイルも再生できない。原因は不明。

(AB間のリピート再生機能はあります。切り出しはまだできない状態です。2014.05.20)

●「記録帯域選択」がボタン1つでは出来ず、段階を踏まないと実行できない。
●「Special double DDC mode」の「CH2」が起動せず、CH2ボタンをクリックするとフリーズする(これは「C:\Users\"Your username"\Documents\ELAD\FDM-SW2」ディレクトリにアクセスし、別のディレクトリにFDM-SW2のすべてのファイルを移動させて、FDM-SW2ソフトウェアをデフォルト状態に復元することによって解決)。ちなみにCH2のほうでは記録・再生はできない。またCH1で中波、CH2でFM、といった聞き方もできない(中波と短波、なら可能)。
●取説が大雑把で分かりにくい。


そこで、FDM-S2で使用可能なSDRソフト「HDSDR」でFDM-S2を動作させてみました。FDM-SW2では最大記録帯域幅が4.92MHzでしたが、HDSDRでは6144kHz幅で記録・再生ができます!FDM-SW2で記録したファイルも、6144kHz幅で再生できています。音質もよく、了解度が高いです。HDSDRの機能はシンプルですが、10カ所設定できるNotchやタイマー録音、タイムスタンプなどDXingと解析に必要な機能はほぼ備わっており、なにより操作しやすく、FDM-S2もいまのところ安定して動作しています。



こちらの録音も、FDM-SW2で記録したものをHDSDRで再生しています。
90.4MHz 泗陽人民広播電台(江蘇省宿遷市泗陽県)"歓迎収聴泗陽人民広播電台調頻九〇点四 Welcome to Siyang People's Radio"
[PR]
by bclguide | 2014-05-12 17:50 | 受信機 | Comments(6)

FDM-S2でEs受信

今年もEスポ受信のシーズンがはじまりました。昨日は断続的に台湾がオープンしていたので、FDM-S2の4.92MH帯域幅で記録してみました。



89.1MHzで台中市の太陽電台(http://www.sunny891.com.tw)が入感していました。昨年も5/7に受信していますので、1年ぶりです。「您現在収聴的是中部地區爵士FM八九点一太陽電台新竹以南FM八八点九最愛正義電台」というIDのあと、すぐに沈んでしまいました。


FDM-S2の同梱ソフトFDM-SW2ですが、使い込んでいると不安定な動作が気になります。記録ファイル再生中に「Advanced Tuning」で周波数を可変したり、解析中にしばらく一時停止してから再生をはじめると、表示された時間や周波数とは別な時間・周波数の音声が出てくることがあります。原因はよく分かりません。また、「Lock To CF」ボタンを押したまま帯域記録し、記録中に受信周波数を可変すると、再生ファイルでも可変操作が再現されてしまうので注意が必要です。
[PR]
by bclguide | 2014-05-09 09:51 | 受信情報 | Comments(0)

FDM-S2受信音

FDM-S2の受信音はカリカリした軽い高音域の音で、了解度はいいと思います。昨日受信したKTWR-DRMの動画をUPします。



FDM-S2で記録ファイルを再生しながら受信周波数を可変させると、(記録帯域幅に関係なく)受信音が遅れて出てくることがあります。周波数可変のスピードに、音声が追いつけないようなかんじです。このようなときは、サウンドカードのバッファサイズを変更すると改善します。「SET」→「Setup」→「Audio」→Soundcard Buffer Size (ms)の数値を小さくします。200くらいにすると、音の遅れはほぼ気にならなくなりました。

このバッファ数値は、大きくするほど「音の遅れは出やすいが、音途切れは出にくい」、小さくするほど「音の遅れは出にくいが、音途切れは出やすい」となるので、使用PCの環境によって適切な数値を入力します。
[PR]
by bclguide | 2014-04-04 17:19 | 受信機 | Comments(0)