かつてのBCL少年も初めての方もぜひ再びロマンの世界へ


by bclguide

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

はじめに
受信機
アンテナ
放送の楽しみかた
受信情報
ノイズ対策
シャック
BCLグッズ・アイテム
受信報告書
QSL・ベリカード
書籍・出版物
電子工作
DXペディ
行事・イベント
BCL talk
BCL用語
リンク集

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

最新のコメント

Akosさん はじめま..
by bclguide at 16:18
初めてまして。 このラ..
by Akos at 08:34
太さん もし国内中波が..
by bclguide at 17:44
確かに、国内のAM局 全..
by 太 at 08:05
いかさん 先日はお疲れ..
by bclguide at 15:18
ペディお疲れ様でした。ホ..
by いか at 12:13
せきやまさん 南房総ペ..
by bclguide at 09:53
みなさん、お疲れさまでし..
by せきやま☆あすか at 09:34
いかさん 以前何度か行..
by bclguide at 18:43
キャンプお疲れ様でした~..
by いか at 17:42
せきやまさん 今回はご一..
by bclguide at 00:06
せきやまさん コメントあ..
by bclguide at 00:00
こんにちは。みなさんお疲..
by せきやま☆あすか at 18:02
こんにちは。英語で受信報..
by せきやま☆あすか at 15:45
いかさん 今回のお店も..
by bclguide at 22:16

プロフィール

最新のトラックバック

venussome.co..
from venussome.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
NET(日本教育テレビ)
from ポンポコ研究所
いまさら AN-1 を・・・
from 落花流水【 愛燦々と! 】
NHK沖縄・石垣ラジオ中継所
from Ham and BCL Sq..
WeatherFAX/N..
from Moroiso Yacht ..
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..

検索

タグ

(242)
(190)
(126)
(99)
(90)
(78)
(63)
(53)
(50)
(45)
(45)
(41)
(15)
(12)
(11)
(7)
(6)
(5)
(5)
(4)

Solar Data/Propagation

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

オヤジ
関東

画像一覧

<   2009年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

熱中時間

NHKでやっている熱中時間をたまに観ます。ちょっと変わった趣味をもつ人を紹介する番組で面白いです。

最近ので琴線に触れたのが、糞虫を収集する人。家畜の糞の中にいる虫で、玉虫色だったりツヤツヤした赤色だったりで結構キレイ。これを採集しに各地の糞虫マニアと連絡を取り合い、はるばる九州の牧場へ遠征するも仕掛けにかからず・・

彩雲や逆さ虹の写真を撮る人もよかったです。わずかな気象の変動を察知して、空のどこかにある光の屈折現象を狙うハンター。この人も、霧の発生率が高く屈折現象が起こりやすい釧路湿原まで遠征しますが、霧が出なくて捉えられず。ディレクターに「せっかく観光地に来たのに空ばかり見てますね」との問いかけに、「観光地は逃げませんが現象は一瞬です」と答えるハンター・・


どちらの人も、DX狙いで遠征ペディする自分に重ね合わせてしまいました。
ほかの人からすればまるで価値のないものに夢中になって、はるばる出掛けて空振りに終わる。そんな希少趣味にも仲間がいて、家族もあきれつつほんのわずかに共感したり・・

やっぱり世の中には変な趣味の人がたくさんいるんだなあ。いろんな変な趣味にあきれながら、楽しいこと、興味を持てることがあれば、厳しい時代でも前向きに生きていくことができるんだなあと、ちょっと心強くなりました。
この番組ではBCLが紹介されてないのかな?(山岳移動のハムの方の回はあったようです)
[PR]
by bclguide | 2009-12-29 00:19 | BCL talk | Comments(4)

ポータブルラジオレコーダー

TalkMasterIIから機種変更した、ICR-RS110M
シャックでの録音はPC直になり、ペディで7030を持って行く機会が減って、ICレコーダーの出番も減りましたが、ラジオ番組のタイマー録音や、旅行に携行しやすい大きさで重宝しています。


〜ICR-RS110MとTalkMasterII-Sの比較〜

*AM感度 ICR-RS110M >TalkMasterII-S
*FM感度 ICR-RS110M ≥ TalkMasterII-S
*メディアスロット ICR-RS110M(8GB) > TalkMasterII-S(1GB)
*最大録音時間 ICR-RS110M(約136時間) > TalkMasterII-S(約64時間)
*最大再生時間(イヤホン使用時) ICR-RS110M(約53時間30分) > TalkMasterII-S(約15時間)
*予約録音件数 ICR-RS110M(5件) < TalkMasterII-S(20件)
*音質 ICR-RS110M(高低音バランスとれてる) > TalkMasterII-S(高音強調)
*バッテリー ICR-RS110M(eneloop単三1本or単三アルカリ1本) > TalkMasterII-S(内蔵型リチウムポリマー電池)
*大きさ(縦×横×厚) ICR-RS110M(約113.5×49.5×18mm) > TalkMasterII-S(約99×56×20mm)
*重さ ICR-RS110M(92g) > TalkMasterII-S(96g)
*操作感 ICR-RS110M > TalkMasterII-S
*価格(価格.com最安値/2009年12月末現在) ICR-RS110M(¥13,900) > TalkMasterII-S(¥19,800)


ICR-RS110Mの感度はTalkMasterIIと同じか若干良い感触。電源スイッチも単独で付いたほか、各スイッチの押し込み感覚も TalkMasterII-Sのように「カチャカチャ」してません。予約などの手間は同じくらい、タイムスタンプ機能はありません(録音年月日はファイル名で表記される)。

単三電池1本で動作するところも心強く、スリムなデザインで手に持ちやすい。Intel iMac (OS10.6)とのデータ交換も問題ないです。
付属のヘッドホンは音が悪いのでMX 760に交換。サウンドEQをUSERにして、R&B風に調節して聞いてます。ウォーキングのヘビーローテーションはISSEI NORO INSPIRITSのMOMENTS
c0077964_10135288.jpg

[PR]
by bclguide | 2009-12-28 12:03 | BCLグッズ・アイテム | Comments(0)

ヘッドホン試聴

ヘッドホンに詳しいOMと、ヘッドホンの聞き比べをしにオーディオショップに行ってきました。ICレコーダーに入れておいたTP受信局のアナウンスを試聴して、高級ヘッドホンでどう聞こえるか試してみます。短時間でざっと聞いて回っただけなので、大まかな印象です。


特にOM絶賛のSennheiser HD 800の音は別格で、受信音のノイズまでが耳に優しくなっていて、目的局、混信局、サイド混信、ノイズ、いずれにもゴージャス感が加わり、全体がまとまっているようでそれぞれの音はちゃんと独立して聞こえる・・楽器数の多いクラシックが合いそうです。

Sennheiser HD 650は、今使っているHD 580にくらべて音の深みが増し、音数も増えて華麗になっている印象です。その分、アナウンスが他の音に埋もれてしまうような感じがありました。

アニメ「けいおん!」でおなじみになったAKG K 701では、高音から低音がいくつもの音に分かれて聞こえる立体感があって、IDもクリアに分離して聞こえました。ちなみにCASIOPEAを聞いたらこれが一番しっくりきました。

Ultrasone edition8はやや高音よりの派手めな音で、アナウンスも取りやすいですがノイズも派手な音になって、長時間の使用はきついかな・・


それにしてもヘッドホンの世界は奥が深い!どんな機種も一長一短と得意分野がありますね。あんまり深入りするとヘッドホンスパイラルに陥りそうで怖いです。
c0077964_20451266.jpg

[PR]
by bclguide | 2009-12-27 20:54 | 行事・イベント | Comments(0)

不明局を推察する

こちらにある受信音ファイル「不明局 1290kHz(Dec.8 2009)」のアナウンスをどう聞き取りますか?

"A member of the Cash..."

わたしはこう取りました。このCM?スローガン?らしきアナウンスの直後にABC Newsテーマが流れています。おそらくIDは、このスローガン?の直前に出ているに違いない。しかし1287kHz HBCラジオのカブリ(時報前の「スジャータ」CM)があって聞こえません。

この短いアナウンスを頼りに、なんとか局名を調べられないだろうか。
まず複数のDXerに音を聞いて頂くと、「"A member of the cast Broadcast"のように聞こえました」と回答を頂きました。
そういえば、同じ日の1260kHzカナダCFRNのIDは"CFRN AM 12-60 Edmonton and Astral Media Radio Station"と出ています。このように所属するメディア企業名がIDといっしょに出ていたとするならば、"Cash (cast) Broadcast"というグループに属する局を探すとヒントが見つかるかもそれない。
さらにファイルを聞き込んでいくと、アナウンスの少し後に"...News Talk..."と辛うじて取れました。さらにニュースが終わった後はCoast to Coast AMに続いています。Coast to Coast AMはこのページでネット局が調べられるので、当日オープンしていたアラスカ、カナダ、西海岸を中心に片っ端から調べてみました。
その結果、1290kHzのニューストーク局で、Coast to Coast AMをネットしていて、"Cash (cast) Broadcast"(あるいはそれに近いニュアンスのグループ名の企業)に属する局で候補に挙がったのが

*モンタナ KGVO GAPWEST Broadcasting
*カリフォルニア KPAY Deer Creek Broadcasting
*オレゴン KUMA Capps Broadcast Group
(このほかWコール局でもいくつかあったが、可能性が限りなく低いので除外)

ストリーミングがあるKGVOを聞いてみましたが、IDの出方が違うしニュースもFOX News Radio。いちばんそれっぽいのはKUMAだが、ストリーミングがなく確認することができない。
そこで以前の自分の記録ファイルをひっぱり出して探ってみると、2008年11月2日17:00にも同じアナウンスが取れているのを確認(肝心な部分がHBCに潰されてるところも同じ・・)。
さらにこの時のログには、

1290 KUMA? OR 1730 p EG "N...Newstalk 12-90…"

とありました。再度聞き直してみると、12-90の後にKUMAとコールが出ているようです。この時はハッキリしないので推定扱いでお蔵入りさせたのですが、あらためてDXer諸兄に意見をあおぐと「そう聞こえる」と返答を頂きました(受信音はこちら)。
とどめに、昨年東北で受信されてきた方にKUMAの受信音を聞かせて頂くと、
"NewsTalk 12-90 KUMA Pendelton. A Members of CAPPS Broadcast" のアナウンスが。
自分の録音にはIDが取れてませんが、同じアナウンス内容からKUMAを受信したものと推察できました。


不明局の調査は、ヒントを頼りに探り出す楽しさがあります。ひとりでやってもスリルがありますが、仲間とやると宝探しみたいでかなり面白いです。調査にご協力頂いた皆さん、本当にどうもありがとうございました。
[PR]
by bclguide | 2009-12-25 00:05 | 放送の楽しみかた | Comments(2)

誤認

こちらにある受信音ファイル「不明局 590kHz(Dec.8 2009)」のアナウンスをどう聞き取りますか?

"KSSK Honolulu, 5-90 AM and 92.3 FM..."

わたしはこう取りました。コール部分がKS・・と聞こえたことから、AM Radio Logを調べてアタリを付けた局がハワイのKSSK。あまり耳にしないコールでしたが、当日はハワイもちらほら聞こえていたし、KSSKのHPを見るとAMと並んでFMの周波数も表記されていたことから、アナウンスされていたFMの周波数もこれのことだろうと。ちょっと不明瞭だけど、そういう部分はフェージングや混信で音が歪んで上手く聞き取れないこともよくあるし、地名もホノルルとも聞こえてる気がする。KSSKであろうと、単独で「確定」しました。

この時点ではそれほどこの局について意識はしてませんでしたが、数名のDXerにログを見せると「590kHzのKSSKが光ってますね! これはなかなか受信困難ではないでしょうか」と褒められました。とたんにKSSKのコールがキラキラと輝きだし、「単独で行った甲斐があったな」「以外と俺ってスルドイかも・・」と有頂天になっていました。

さてそれほどの珍局だし、受信報告書を送ろうとレポート起しのために再度聞き直してみると、IDの直後にニュースのテーマ音楽が弱く聞こえている。これはCNN Radio Newsだ。そういえばKSSKは音楽フォーマットだし、CNNニュースを流してるという情報もない。あれ、もしかしてKSSKではないのか・・あらためて資料を当たってみる。この日はどちらかというとアラスカやカナダが良好に開けていた。と、同周波数にアラスカのKHARがある。こちらも音楽フォーマットで、ニュースもやっているようだがHPを見てもCNN系列かどうかよく分からない。同じくAMとFMでもやっているようで、KSSKとよく似ています。
幸いどちらの局HPにもストリーミングがあったので、正時に合わせて聞いてみました。KSSKは時報後もずっと音楽番組。IDの出方も違ってて、正時より少し前にジングル付きで

"This is KSSK, FM Waipahu and KSSK AM, Honolulu"
"Thanks for listening to 92-3 KSSK and KSSK AM 5-90"

男声アナウンスだし、聞いた感じずいぶん違う。それではKHARは・・

"This is KHAR, Anchorage. 5-90 AM and New 96-7 FM"

受信音と同じ声の女声アナウンス、直後CNN Radio Newsに(ストリーミング音声のIDもこちら)。
KHARだった!



興味深いのは、いったんKSSKと思い込むとKHARとはなかなか聞こえず、ストリーミングでハッキリKHARと聞き取ったらもうKSSKとは二度と聞こえなくなったこと。思い込みで聞こえ方が変わってしまう・・形のないものを追うDXingで誤認は致命的だとあらためて痛感。

ひとりで盛り上がって周りを巻き込み、結局誤解と迷惑をかけてしまった「寂寞の気分」を味わいつつ、さっきまで輝いていたKSSKのレポートを丸めてゴミ箱へ捨てました。

*ストリーミングで確認を取る場合は、受信したときと同じ曜日・時間に聞きます。数種類のIDが時間別に使い分けられていたり、IDの出ない時間帯があったりします。
[PR]
by bclguide | 2009-12-24 12:01 | 放送の楽しみかた | Comments(0)

CFTE

1410kHzといえば、カナダはバンクーバーのCFUN。

生活情報をメインにした編成のトーク局でしたが、今年11月に系列局CKSTと同じスポーツフォーマットになりました。それと同時にコールサインもCFUNからCFTEに変更。TP-DXをはじめて以来、耳慣れていたCFUNのコールだったので寂しさも感じます。

こちらはCFUN時代のQSLレターです。1040のCKSTとCFUN、それぞれ別々に受信報告書を送りましたがこれ一通で両局のQSLとなっています。
c0077964_23431634.jpg


先日の外房単独ペディでも1410kHzは強く受信でき、フォーマットがトークからスポーツ(TEAM1410)に変わったのは分かりましたが、コール部分がよく聞き取れてませんでした。今回DX BBS上でCOLさんからコール変更の情報を頂き、CFTEと確認できました。COLさん、どうもありがとうございました。
HPでは1410はまだCFUNのままです。外房での受信音はこちら。"This is CFTE Vancouver. Team 14-10"と出ています。
[PR]
by bclguide | 2009-12-21 23:49 | 放送の楽しみかた | Comments(0)

コンパス

最近手持ちのコンパス(ハイマウントのジッパータブタイプ)が調子悪く、役に立ちません。オイル内の方位板がスムーズに回転せず、北を指さなくなっています。

ペディではだいたいの方角をあらかじめ調べてから行くのですが、やはりその場で正確に測定できるに越したことはありません。実は先日の外房ペディでも、順調にK9AYアンテナを設営して安心しきっていたら、どうも北米の電波が弱い。南東向けに張っていたのに気付いたのは、15時5分前・・

コンパスもある程度サイズがないと見ずらいので少し大きめのアクセサリータイプを新調しました。SUUNTOのComet。大きさの割に7gと軽量です。

来年暖かくなったら、ちゃんと単ペに連れて行って使おうと思います。
c0077964_1304730.jpg

[PR]
by bclguide | 2009-12-18 01:31 | BCLグッズ・アイテム | Comments(0)

世界最小ランタン

namaさんのブログ世界最小のランタンを作ってみたに感銘を受け、自分も作ってみました。
これは小さい・・
c0077964_12125877.jpg

光量は弱いですが、手元の資料をちょっと照らすくらいなら使えそうです。常夜灯にも良さそう。namaさんはスイッチ付きも製作されたそうです。それにしても電池スナップにLEDを組み込むというアイデアは素晴らしい!namaさんどうもありがとうございました。
c0077964_12131863.jpg


~材料(秋月電子通商にて購入)~
*超高輝度白色LED5mm OSPW5161P 15cd 60° 10個入¥700
*LED光拡散キャップ(5mm)[ 白・国産] 1個¥30
*バッテリースナップ(電池スナップ・006P電池・電池BOX用)プラスチック製 1個¥20
*カーボン抵抗(炭素皮膜抵抗)1/6W 1KΩ(100本入) 1袋¥100(これは家にあった。2個使用)
*アルカリ電池 006P(6F22)9Vゴールデンパワー 1個¥100

一個あたりの実費(電池除く):¥122

製作上の注意:LEDは熱に弱いのでハンダ付けは素早く。バッテリースナップの電池接点部分も熱を加えすぎるとケースが溶けて弛み、接触不良の原因になるので注意。
[PR]
by bclguide | 2009-12-14 12:13 | 電子工作 | Comments(0)

単独ペディ~リベンジ

荷物の重さ、移動方法、開催場所・・3月の単独ペディでの反省点を克服すべく機材のスリム化など検討を重ねてきたので、もう一度単ペに出掛けてみました。場所は前回と同じ千葉県いすみ市日在浦海岸です。
c0077964_9595511.jpg

単独ペディに持っていく道具のなかで、数が多くかさばるものが周辺機器。プリアンプ、バッテリー、安定化電源、コモンモードチョーク、それぞれを繋ぐケーブル類・・バッグから機器を取り出し接続して、聞き終わったら接続を外して機器をパッキングし直す。この一連の作業をもっとスピーディかつ簡単に済ませるため、カメラ機材を収納するバックパックを使ってみました(KataのKT DR-467i)。
c0077964_9524932.jpg

このバッグはメインの収納部と、ノートパソコン、カメラ、三脚、それぞれ専用の収納スペースがあります。カメラ収納部は厚みのある脱着可能な仕切りがあって、精密機器を保護しながら運ぶことができます。
c0077964_9535921.jpg

このカメラ収納部にペディ用周辺機器を収納。各機器は配線済みの状態にしてあるので、現地に着いたら荷室を開けて、アンテナからの同軸をプリアンプに接続、USBケーブルを引き出してPCに接続、これでもう準備完了です。PERSEUSと周辺機器はバッグに入ったままなので、ノートPCを置くスペースだけ確保できればOK。
c0077964_9492450.jpg

バックパックの重量は単体で1.4kg、機材を全て入れた状態で約10kg。両手がフリーになり、行動しやすくなりました。いい天気で暖かい日だったので、テントも持参せず。
c0077964_10352322.jpg

荷物に余裕があったので、道すがら立ち寄った酒蔵でお土産もゲット。
c0077964_9495299.jpg

コンディションはそこそこでしたが15時から北米局が入感し、外房に来てることを実感。
単独ペディの目標だった「リュックひとつで気軽に行ける」が形になってきました。
しかし外房まで各駅停車で往復6時間。特急の本数がもうすこしあれば・・
c0077964_1005448.jpg

[PR]
by bclguide | 2009-12-10 11:53 | DXペディ | Comments(0)

2009忘年会&10大ニュース

先日は忘年会でした。いつものメンバー(一名残念ながら欠席)でばか話、これからのこと、いろんな話で盛り上がった一夜でした。
その席でBCL重大ニュースの話題もありましたので、わたし個人のBCL10大ニュースもここに紹介します。


2009年私のBCL10大ニュース

第一位・・・はじめての外房単独ペディ成功。しばらく疲労でダウン
第二位・・・ラジオマニア2009で記事を執筆。一部読者に「パンチラ記事」と揶揄される
第三位・・・ウィスコンシン州WTDYの受信。
第四位・・・近所にエフエム戸塚開局。堀尾正明アナを間近に見る(眼力凄い)
第五位・・・初のフィリピンFM(Campus Ayos)受信
第六位・・・初の香港FM(香港商業電台)受信
第七位・・・ハムフェア2009参加。JSWC講演会、品川オフ会とFBな一日だった
第八位・・・東京湾海上交通センター見学。逆L直下で東京マーチス爆裂
第九位・・・9月からアクアライン経由で外房ペディがいっそう近くなった(Nakaさんいつも安全運転ありがとうございます)
第十位・・・自宅でオクラホマ州KOKCを受信


第二位のパンチラ記事とは、「ラジオマニア2009の記事はSDR受信機PERSEUSを実際に国内中波DXに使用した内容であるが、最後のページに海外中波DXに少しだけ言及されており、その様子が、あたかもスカートの下からチラッと見える下着のように「その奥には何があるのか?分け入ってみる必要があるのではないか?」と思わせる効果があることからついた名称」とのこと(引用:DX用語集17版)。
[PR]
by bclguide | 2009-12-06 11:51 | 行事・イベント | Comments(2)