かつてのBCL少年も初めての方もぜひ再びロマンの世界へ


by bclguide

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

はじめに
受信機
アンテナ
放送の楽しみかた
受信情報
ノイズ対策
シャック
BCLグッズ・アイテム
受信報告書
QSL・ベリカード
書籍・出版物
電子工作
DXペディ
行事・イベント
BCL talk
BCL用語
リンク集

以前の記事

2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

最新のコメント

せきやまさんもご愛用でし..
by bclguide at 12:43
こんにちは。VESSEL..
by せきやま☆あすか at 09:38
ヨコハマAA815さん ..
by bclguide at 22:39
こんばんは。昨日は遠征お..
by ヨコハマAA815 at 20:34
太さん ALAを2分配..
by bclguide at 09:09
7300ポチリましたか!..
by 太 at 20:04
いかさん 今回も幹事ご..
by bclguide at 07:23
よこはまAA815さん ..
by bclguide at 07:21
忘年会お疲れ様でした。か..
by いか at 22:38
こんばんは。ああ〜、この..
by よこはまAA815 at 21:13
せきやまさん 先日はお..
by bclguide at 17:46
こんにちは。来年は「PR..
by せきやま☆あすか at 16:51
せきやまさん そうでし..
by bclguide at 10:39
2016年7月でブログ開..
by せきやま☆あすか at 09:25
kanaiさん ご無沙..
by bclguide at 10:26

プロフィール

最新のトラックバック

venussome.co..
from venussome.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
NET(日本教育テレビ)
from ポンポコ研究所
いまさら AN-1 を・・・
from 落花流水【 愛燦々と! 】
NHK沖縄・石垣ラジオ中継所
from Ham and BCL Sq..
WeatherFAX/N..
from Moroiso Yacht ..
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..

検索

タグ

(239)
(188)
(124)
(99)
(90)
(78)
(61)
(53)
(50)
(45)
(43)
(41)
(14)
(12)
(11)
(7)
(6)
(5)
(5)
(4)

Solar Data/Propagation

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

オヤジ
関東

画像一覧

<   2009年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

BCLの憧れ、夢、目標

三才ブックスの「ラジオマニア2009」が発行されました。今回、「PERSEUSを使った国内中波DX」という内容で寄稿しています。「マニアックすぎず、入門的な内容を」という編集部の要望だったので、当ブログの初心に還って「BCLの初級から、中級への架け渡し」を命題に書きました。

記事の理想は、読んでるうちにDXingへ興味が湧いてきて、「TP聞いてみようかな」「ちょっとペディ行ってみようかな」「K9AY持ち歩こうかな」(←?)と、次のステップに踏み出したくなる、まだ見ぬ世界にワクワクしてくるような内容でした。でも理想は遠かった・・
記事を書きながら、「BCLにとって胸が躍るような内容ってどんなことだろう」と考えていました。あの頃BCLに抱いていた憧れとか、夢、目標。一度挫折して、こうして中年になって復活して、まだその時の憧れ、夢、目標は続いているのだろうか・・

学生時代、BCLの「夢」というか「目標」は主に日本BCL連盟発行「月刊短波」にありました。マニアックな雑誌で、特に毎月のDX情報は、国内中波とか日本語放送メインだった自分にとっては雲の上の世界でした。同年代か少し上くらいのBCLが、連日連夜珍局をガンガン受信し、いろんな言語を理解し、スケジュールや周波数変更を把握していることに驚き、自分の「薄さ」に打ちひしがれました。でも、「いつか自分も聞いてみたい」「いつか自分も理解できるようになりたい」とも、ほんの少し思っていました。ほんの少ししか思っていなかったから、長続きしなかったですけど・・

「月刊短波」の休刊で「すごい目標」が見えなくなって、やがて「うまく聞こえない、よく分からない趣味」から遠ざかってしまったわけですが、あのとき、身近に目標になるBCLの仲間や先輩がいたら、ずっと現役で続けていたかもしれません。いや・・続けていたかどうかは分かりません。人生山あり谷あり。特定の「趣味」に人生のどのくらいのエネルギーを費やすかは、人それぞれ。自分のことで考えれば、BCLは中学の頃は早すぎた出会いで、やがて歳を経て環境や嗜好が整い、ようやくBCLを引き寄せたのかもしれない。
逆にリタイアせず現役のままのBCLは、独自の夢や目標をずっと持ち続けているんだと思います。子供の頃からの趣味が今も続いているなんて、それ自体が夢のある話です。
復活組の夢や目標は、はたして何処にあるでしょうか。


今回の原稿は、そんな「BCLの夢、目標」とか「自分の夢、目標」とか、「遊びに目標なんかいるのか」とか・・いろいろ考える機会になりました。
[PR]
by bclguide | 2009-07-29 00:46 | BCL talk | Comments(12)

2CH

1931年から放送を続けているオーストラリア・シドニーの民間ラジオ放送局2CH。1170kHz 5kW、番組はイージーリスニングとニュースで、2GBとともに親会社はMacquarie Radio Network。4月の外房ペディではじめて受信しました。

外房〜シドニー間の距離は、直線で7780km。北米より近く、伝搬も有利なはずだが、近年の9kセパ混信増加のせいなのかTPDXより局数が稼げない。そんななか久しぶりの受信と返信で感極まった。頭の中ではネオが残像を残しながらイナバウアーしている(シドニーは映画「マトリックス」のロケ地)。


返信用に送った1$紙幣が返却されていて、レターには「I think in the current world financial crisis that you might need to keep it」と書かれてました。
ギャグなのかそれともマジなのか。

c0077964_19797.jpgc0077964_192171.jpg

[PR]
by bclguide | 2009-07-26 01:16 | QSL・ベリカード | Comments(2)

皆既日食伝搬

国内では46年ぶりだった22日の皆既日食。横浜はあいにくの小雨模様で、太陽の姿は見えませんでした。眼で見ることができない皆既日食を、なんとか実感できないだろうか・・

皆既日食で太陽光が遮られるとすれば、太陽の影響で変化する電離層にも、何らかの影響があるかもしれない。東京で食が最大になる11時12分前後の中波帯をPERSEUSで記録してみました。

聞いてみると、国内局は北は北海道、南は福岡など、普段日中は聞こえないか微弱な局の信号が強くなっていました。例として1260kHz 東北放送(横浜〜仙台間は330km)の受信音をこちらに上げてあります。音声ファイルの最初が22日11:12の音、次が比較として翌23日11:12の音です(どちらの受信時も、ALAの指向性は北東−南西固定)。近隣県並みの強さになっています。30秒〜1分間隔の緩やかなフェージングがあり、通常の数分おきのQSBと違っています。まるで「やや夕方」のような受信状態で、受信できた範囲の地域が「やや夕方」のような日照になっていたのかもしれません。電波は自然現象なんだと、あらためて実感させられました。


日食当日の受信ログです。

2009.7.22
JST Freq Stn S Remark

1058 1449 西日本放送 p CM(NTT DOCOMO PRESENTS MONSTER baSH 2009)
1058 1494 山陽放送 f 女性トーク。1102山陽新聞ニュース
1100 1269 徳島放送 四国放送 p 徳島新聞ニュース。
1100 1143 KBS京都 vp 「KBS京都交通情報・・」
1100 1044 不明台湾局 p 音楽に続き台湾語トーク(「大家好(tai ke ho:タッケホー)!」という単語が聞き取れた)。
1103 1566 (HLAZ) f 韓国語男性トーク。
1104 1215 (KBS滋賀) p //1143
1105 1314 ラジオ大阪 f 「続いてラジオ大阪交通情報です」
1106 1179 MBSラジオ f 「上泉雄一のええなぁ!毎日放送ラジオがお送りしています」
1106 1278 (RKBラジオ) p 男女のトーク。
1106 657 (平壌放送) vp 女性トーク。
1107 1350 中国放送 p テーマ「アウトドア」でトーク。1113CM「天然かけ醤油の詰め合わせ♪川中醤油」
1107 1575 (AFN) p 英語トーク、洋楽。
1112 1008 ABCラジオ p 「柿の葉すし本舗たなかがお送りしたABC朝日ニュースでした」
1112 1260 東北放送 g 1059「♪イチオシラジオTBC」
1112 1440 (STVラジオ) vp トーク。
1112 747 NHK札幌第二放送 vp フランス語講座
1114 918 山形放送 f 1059「ルールを守って安全運転、山形放送です」
1116 936 (秋田放送) vp テレホン人生相談テーマ曲。
1123 630 (KUAM) vp音楽。

*こちらで地球に映る月の影の動画がみられます→宇宙から見る月の影 -H21/7/22日食時の「ひまわり」画像
[PR]
by bclguide | 2009-07-24 00:28 | 放送の楽しみかた | Comments(4)

Campus Ayos

フィリピンのマルチメディア複合企業GMAのラジオ部門RGMA(Radio Global Media Arts) NetworkのCampus Radioに属している民間ラジオ放送局で、ルソン島北部の街ツゲガラオにあり、コールサインはDWWQ、周波数89.3MHz、出力10kW。局のスローガン「Campus Ayos」のAyosはタガログ語でGreat! とかCool!の意味合いを持つ。先日、幸運にもEスポで数分間浮き上がってきた同局を聞くことができた。

フィリピンDXは、いつも微妙に感じてしまう。台湾のすぐ先にある、比較的遠くない場所なのに、中波は混信でめったにオープンしない。FMもEスポでめったに聞こえてこない。返信もこれまためったに来ない・・
そんなおり、Eスポを聞きはじめて3年めにしてついに受信できたフィリピンFM局です。

局長のVan氏から暖かいレターを頂き、フィリピン人の陽気なメンタリティを感じました。
受信やレポートに関しては、馬場さんから様々なアドバイスを頂きました。どうもありがとうございました。
受信音はこちら
局から送られてきた番組同録CDから切り出した、クリアなジングルも置いてあります。
c0077964_135388.jpg

[PR]
by bclguide | 2009-07-23 01:14 | 放送の楽しみかた | Comments(4)

ラジオマニア2009

7月28日発売とのことです。
c0077964_2239583.jpg

[PR]
by bclguide | 2009-07-21 22:39 | 書籍・出版物 | Comments(6)

ICF-EX5MK2

SONY ICF-EX5MK2。1985年10月以来、ほぼ当時のままの設計・外観で発売され続けているラジオです。家電製品でこれほど息の長いものを他に知りません。ソフトウェア受信機も登場する現在、なぜ四半世紀前のラジオが超ロングセラーなのか、すごく興味があります。

このラジオは、内蔵フェライトバーアンテナの大きさからファンの間で「最強の中波ラジオ」と呼ばれています。たしかに中国製のDE1103と聞き比べても、日中にラジオ関西を単体で受信してみるとICF-EX5MK2のほうがよく聞こえます。高感度もさることながら、「MW(中波)放送局名表示板」にも大きな魅力があります。本体前面半分の面積を占める表示板には、北海道から沖縄までの各地域で受信可能なAMラジオ局名がずらりと並んでいて、インパクト大です。「このラジオなら、ダイヤルを合わせればこの局も聞こえるかもしれない」と期待がふくらみます。

ICF-EX5MK2はBCLラジオというより、国内の中波放送、それも「ある程度遠距離の局を含めた国内中波」を重点的に聞くユーザーのためのラジオです。普通のラジオとBCLラジオの中間のような、不思議なラジオです。「遠くの局を聞きたいから感度が欲しいけど、BCLラジオのような多機能で高価なものは必要ない」、そんなBCLよりも圧倒的多数の中波リスナーが、このラジオを愛し続けているんでしょう。


このラジオは、いまでも国内工場で製造されている数少ないMADE IN JAPANのラジオだと聞いたことがあります。自分がBCLから離れて、20年を経てまた戻ってくるまでの間も、そしてこれからも、ずっと現役でファンに夢を与え続けているラジオ。すごいなあ・・なんだかこのラジオから勇気をすこし分けてもらえたような気がします。
c0077964_10302214.jpg

[PR]
by bclguide | 2009-07-17 17:35 | 受信機 | Comments(2)

誘導結合用カップラー

どうも春から調子が上がらない。厄年のせいもあるのかなあ。気力、体力、集中力、自分ではどうにもならないものを感じます。

趣味も煮詰まったら、まずは初心にかえろう!
ポータブルラジオで中波を聞くための誘導結合用カップラーを作ってみました。これはアンテナ端子の無いAMラジオと外部アンテナを接続するためのもので、ラジオの内蔵フェライトバーアンテナ部分に近づけると、感度が上がって聞きやすくなります。
c0077964_14365699.jpg

ATT(attenuator:減衰器)付きMコネ-モノジャック変換器bar-antenna.comバー・アンテナ製作キット「結合用コイル部分」を合体させたもので、強入力の場合アッテネーターで感度を調節しながら受信できます。カップラーのフェライトバーは、バスボンドでぐらつかないように固定。本体裏面にはゴム足も付け、ラジオの上に乗せても傷つかないようにしてあります。
c0077964_14372616.jpg



小型ラジオで昼間、ラジオ関西が強力に聞こえました(アンテナはALA1530)。以前、SONY AN-1付属のANC-2経由でICF-SW7600GRやDE1103でもTP局受信ができました。秋にはこの自作カップラーでDXをしてみようかな・・
c0077964_14375670.jpg

[PR]
by bclguide | 2009-07-12 14:48 | 電子工作 | Comments(0)