かつてのBCL少年も初めての方もぜひ再びロマンの世界へ


by bclguide

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

はじめに
受信機
アンテナ
放送の楽しみかた
受信情報
ノイズ対策
シャック
BCLグッズ・アイテム
受信報告書
QSL・ベリカード
書籍・出版物
電子工作
DXペディ
行事・イベント
BCL talk
BCL用語
リンク集

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

最新のコメント

Akosさん はじめま..
by bclguide at 16:18
初めてまして。 このラ..
by Akos at 08:34
太さん もし国内中波が..
by bclguide at 17:44
確かに、国内のAM局 全..
by 太 at 08:05
いかさん 先日はお疲れ..
by bclguide at 15:18
ペディお疲れ様でした。ホ..
by いか at 12:13
せきやまさん 南房総ペ..
by bclguide at 09:53
みなさん、お疲れさまでし..
by せきやま☆あすか at 09:34
いかさん 以前何度か行..
by bclguide at 18:43
キャンプお疲れ様でした~..
by いか at 17:42
せきやまさん 今回はご一..
by bclguide at 00:06
せきやまさん コメントあ..
by bclguide at 00:00
こんにちは。みなさんお疲..
by せきやま☆あすか at 18:02
こんにちは。英語で受信報..
by せきやま☆あすか at 15:45
いかさん 今回のお店も..
by bclguide at 22:16

プロフィール

最新のトラックバック

venussome.co..
from venussome.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
NET(日本教育テレビ)
from ポンポコ研究所
いまさら AN-1 を・・・
from 落花流水【 愛燦々と! 】
NHK沖縄・石垣ラジオ中継所
from Ham and BCL Sq..
WeatherFAX/N..
from Moroiso Yacht ..
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..

検索

タグ

(242)
(190)
(126)
(99)
(90)
(78)
(63)
(53)
(50)
(45)
(44)
(41)
(15)
(12)
(11)
(7)
(6)
(5)
(5)
(4)

Solar Data/Propagation

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

オヤジ
関東

画像一覧

<   2009年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

単独ペディスリム化

荷物の重さが辛かった単独DXペディ。その反省を生かして、もっと気軽に出掛けられるように荷物を減らすダイエットをしました。ペディに最低限必要なものは減らすわけにはいかないし、軽くしても同じ効果を出せるように留意しました。以下にその成果を列記します。写真はそれぞれ、左が改善前、右が改善後です。


*ポール巻の軽量化
前回の記事のように、小型軽量なポールに変えることでかなりコンパクトになり、携帯性が非常に向上しました。
c0077964_12223774.jpg

*N9AYエレメント固定用ペグの軽量化
プラスチック製から、ジュラルミン製(1本13g)に替えました。より軽く、小さくなり強度も向上。
c0077964_12242073.jpg

*N9AYエレメント固定用ロープ・カラビナの軽量化
ロープは直径3mmの細いものに(自在付き)。カラビナも100円ショップ製をやめて、携帯性・信頼性をUP。
c0077964_12232831.jpg

*ペグハンマーの軽量化
テントのペグ打ちはもちろん、K9AY設置にも使うハンマー。100円ショップのゴムハンマーから、軽いプラスチック(140g)に変更。もちろん、ある程度重いハンマーの方がしっかり打ち込みやすいです。
c0077964_1223118.jpg

*アース棒の軽量化
重めの丸棒型から、軽いW型銅メッキにダウングレード。本数もK9AY用のを2本から、1本に減らしてみる。ただ、Nakaさん曰く「メッキのはすぐ錆びるよ」。
c0077964_12244524.jpg

*同軸ケーブルの軽量化
秋月電子で売っているBNC端子付きの同軸(RG-58/U)をやめ、より細い1.5D-QEVを使ったものに。BNC端子のハンダ付けは、いままで上手くできなかったのでこの期に練習。軽量のケーブルが自作できました(写真はどちらも10mのもの)。
c0077964_12251133.jpg

*PERSEUS・プリアンプ用バッテリーの軽量化
AR7030やPERSEUSに使用しているバッテリーユニットは結構重いしかさばるので、小型化しました。単三6本用、10本用電池ボックスを使います。電池本数はPERSEUS用6本×2=12本。プリアンプ用10本。プリアンプ用は元の半分の本数です。
c0077964_12255825.jpg

PERSEUS用バッテリーの2つの電池ボックスは、並列に繋げて出力するアダプタ(プラスチックケースにDCジャック2個と+−の陸軍ターミナルを取り付け、配線したもの)に接続、そこから5V電源に持って行きます。こんな簡易的なものでも、PERSEUS用は1600kHz帯域記録で連続4時間25分、プリアンプ用は連続12時間以上、それぞれ稼働します。一次伝搬狙いなら余裕で対応できます(写真の収納ポーチは100円ショップ製品)。
c0077964_12265486.jpg

*ヘッドランプの軽量化
ペディ師匠の愛用品に一目惚れし、PETZLのZIPKA PLUSを購入(電池込みで65g)。非常にコンパクト。軽さ・明るさ・電池の持ち、すべてが高性能です。
c0077964_12275263.jpg

*コンパスの軽量化
指向性重視のアンテナ設置には必須アイテム。金属製のゴツいものをしまい、キーホルダータイプ(9g)を持っていきます。カラビナでバックパックのジッパータブに取り付けられる小ささ。
c0077964_1228164.jpg

*周波数リストのデータ化・ログブックをメモ用紙に
何かとかさばる紙ものも、家に置いていきます。周波数リストなどの情報はデータのままPCに。ログもメモ帳に書き留め、帰宅後に書き起こすようにします。「PCのテキストファイルに入力すれば、筆記具はいらないかも」とは、ペディ師匠の言。
c0077964_12284379.jpg

*余計なものは持って行かない
ポータブルラジオ、予備の電池、予備のケーブル、デジカメなどなど・・いろいろ持っていきたくなる欲求を払いのけます。イザというときにリスクも伴いますが、身軽になることが最優先。
c0077964_12293259.jpg

*コンテナBOXの軽量化
荷物を減らしたので、収納するバックルコンテナもひとまわり小さくなりました。ボックスそのものの重さも軽減できてFBです。
c0077964_13192155.jpg

*テントそのものを省略
季節によって暖かくなってくれば、短時間ならテントが無くても屋外で過ごせます。冬期でなければフライやよけいなペグなどを置いて行くことで、半分くらいの重さになります。


これがダイエットの結果・・K9AY+PERSEUSの本格的DX単独ペディ用具が、バックパック(容量30L)ひとつに納まりました。キャリーカートやコンテナBOX、釣竿ロッドケースをなくせたことで、両腕がフリーになり非常に楽です。
c0077964_12302214.jpg

テントを持っていく場合は、バックル付きバンドでバックパックにこのように括り付け。
c0077964_12304421.jpg



ペディ行きたいなあ・・
[PR]
by bclguide | 2009-05-30 16:01 | DXペディ | Comments(5)

ポール巻コンパクト化

「ポール巻」とは、K9AYのマストにあらかじめエレメントなどを取り付けたもの(NakaさんのMY BCL LIFE2006 「DX用語集」参照)で、設置・撤収を容易にしています。百戦錬磨のペディ愛好家が生み出したアンテナシステム、わたしのK9AYもポール巻仕様です。

これまで使っていたポール巻のマストは、K9AYアンテナの製作(使い方編)のものと同じ「αKING Cyborg 磯玉網540」。収納時114cmで、伸ばすと540cm。これの先端に、アンテナ・エレメントの頂点部分を結束バンド+カラビナで取り付けます。磯玉網は長さ・強度とも十分で申し分ないですが、単独ペディで持ち歩くには長く重たいです。アンテナの大きさ自体は変えずに、もっとコンパクトに携帯できないだろうか・・
そんなとき、以前ペディ師匠より「小型でマストに適したポールがあるよ」と買い置きしていただいたものがあったのを思い出し、さっそく小型ポールを使ってポール巻を改造してみました。

ハム用グラスファイバーポール W-GR-540H Mini
これも磯玉網と同じく伸ばすと540cmですが、収納時はなんと57cm。磯玉網の半分近くの長さに納まります。重さ390g。
(写真は上から、アンテナエレメント、W-GR-540H Mini、磯玉網540)
c0077964_11522049.jpg

改造にあたって、コンパクトに携帯するためエレメント部は脱着式にしました。エレメント頂点部は、釣り竿に使うラインガイド(竿の釣り糸を通す金具「フリーガイドTMFG 5.5-6.0」。糸を通す部分の内径が5.5mmで、竿を通す部分の内径が6.0mm。上州屋で¥262)を使って着脱します。
c0077964_1153452.jpg

W-GR-540H Miniの最先端部は直径0.9mmと細く強度に不安があるので、先端から2継分は使わずに3継目の先端部にラインガイドを差し込みます。ほぼ先端で固定されました。この状態で使用時、マスト長は実質約450cmです(注:わたしがフリーガイドを買った店では、型番が間違って記載されていました。購入時は実際にその場でポールに差し込んでみて、選ぶのが確実です)。
c0077964_11543226.jpg

給電/終端抵抗部は、チューブロープ(ホームセンターで売っている。タイヤチューブを細く切ったもので、輸送荷物の固定などに用いる)でポールに縛って固定します。こうしてポールとエレメントを合体させ、ポール巻改の完成です。
c0077964_11545641.jpg

地面へのポール固定方法ですが、JF6LIUさんのHPに釣竿アンテナの固定方法というFBな記事があり、こちらを真似てみました(OM、FBな情報をどうもありがとうございました)。100円ショップの杖がなかなか売ってなく、大きな店舗でスチール製ステッキ(長さ80cm、直径16mm、200円)をようやくゲット。
c0077964_11555549.jpg

これを地面に打ち込み、釣り具店で売っているロッドベルトでポールを括り付けます。
c0077964_1159624.jpg

ロッドベルトは釣竿を束ねて運ぶためのもので、伸縮性があり巻き付ける面にゴムが張ってあります。少し引っ張りながらポールとステッキを巻いて、ベルト先端のベルクロで留めます。かなりしっかりと固定され、弛みもありません。
c0077964_11565132.jpg

ポール巻改設置状況。ポールの先端は細いので、しなりやすく左右のバランスを取りながら三角形に張ります。
c0077964_1157193.jpg

c0077964_13422252.jpg

ポールとステッキは、バックパックのデイジーチェーンにロッドバンドで括り付けて携帯します(ステッキはそのまま持っても可)。もちろん、手すりなどポールを固定できるものがある場所で聞くなら、ステッキは不要です。エレメント部はバックパックなどに入れて運搬します。


K9AYの携帯性がかなりよくなって、単ペの負担が減りそうです。
[PR]
by bclguide | 2009-05-29 13:27 | アンテナ | Comments(0)

エフエム戸塚番組紹介

そろそろ開局から1ヶ月を迎える神奈川県横浜市戸塚区のコミュニティ放送局エフエム戸塚

地元のラジオ局ということでよく聞いていますが、番組やパーソナリティに関した情報が局のHPにも少ないです。局を応援する意味も込めて、主な自局制作番組と各パーソナリティーを紹介してみます。各リンク先は、パーソナリティなどの公式サイト・ブログです。
c0077964_14461690.jpg


* 月曜日〜金曜日
おはよう!咲くらじお
朝の情報生番組。パーソナリティーは、岩瀬ゆう子(現在は代打でアナウンサー事務所オフィスKR所属の山根 聖美)、朗読家の吉川雅子がローテーションをつとめる。歯切れよいトークと音楽で、慌ただしい朝聞くのにぴったり。

フリエアンドスポーツ!
スポーツ系フリーアナウンサー西達彦と、佐藤大介による横浜FC応援番組。チームに話題が及ぶと、成績低迷からかトークに辛口感が漂う。がんばれ横浜FC!「フリエ」とは、かつての横浜フリューゲルスから引き継がれる横浜FCの愛称。

totsuka heartful kitchen
午後の情報生番組。ケーブルTV局JCN鎌倉にも所属する浅川真美相浦やよい、菅沼晃子、オフィスKR所属の小森すみ恵大崎まみが日替わりで担当。局舎1階東急ストアのお買い得品情報、区内小学校の給食の献立紹介など、主婦感覚あふれる内容。機材操作も全部こなすワンマンDJスタイルなので、曲紹介後CDプレーヤーの操作音がカチャカチャ聞こえてたり・・のんびりしたプログラム。

* 月曜日
戸塚・グルービー・ソース・ラジオ
ロックシンガー尾藤崇と落語家入船亭扇里の不思議な取り合わせ。話題を深く掘り下げることを好む尾藤と、噺家なのに口数少なくローテンションな扇里。このアンバランスさが、今後番組の魅力となるか。番組ポッドキャストはこちら

戸塚区ステキ発見!原宿交差点
1号線の渋滞で有名な戸塚区原宿で、音楽教室を開いている大崎まみが番組進行。主に原宿で活躍する様々な人々を、同じ市民の目線で紹介していく。

* 火曜日
happianist 野口茜のMake A Wish!
ピアニストで作曲家、TVアニメ「バッカーノ!」のオープニングを担当した野口茜のトーク番組。おっとりとした語り口だが、紡ぎだす楽曲は意外と重厚で、ギャップが楽しい。番組内ではピアノの即興生演奏も聴ける。

A Native TSUKAKKO
メンズファッションブランド 「SKY OCEAN」のオーナー阪本紘彰が、戸塚で活躍する様々な人物にインタビューする。エフエム戸塚DJ中、もっとも素朴な印象を持つ阪本。今後益々、「SKY OCEAN」のようなクールなトークになるように期待。

* 水曜日
しゅく造めのはっけよい戸塚へ
TV番組「電波少年」で無人島生活やスワンボート旅行をしていた元「Rまにあ」のしゅく造めがパーソナリティ。お笑い芸人らしいバラエティ感が漂う。やる気があるのかないのか分からないトークと、「ジブリ特集」といった独特の選曲が持ち味。

とつかスタイル
「戸塚の癒し」をテーマに、パーソナリティー小林美帆がおくるリラクゼーション番組。地元に絡んだ内容の、洗練されたスクリプトと選曲は、FM放送の真骨頂。

* 木曜日
ピエロの笑顔
CMソング「♪あなたのそばで飲みたいの ああ今夜も 酒は黄桜…」でおなじみ、福岡が拠点の歌手加納歌佳がDJ。博多弁が飛び交う人情味ある番組。

MOVE ON UP!TOTSUKA
ピアノ弾き語りアーティスト川上タカユキとロックバンドボーカリスト島田未来。若手2人のMCがおくる、戸塚のクールなひととき。

* 金曜日
B'
局のジングルを手がける2人組のバンドBluestoneが担当。「B'」はビーダッシュと読む。エフエム戸塚でもっともハイテンションかつにぎやかな一時間。

Delight
TV「ケータイ捜査官7」やミムラ主演の映画「落語娘」などに出演の俳優佐藤大介がパーソナリティ。知ってるようで知らない「役者」という仕事のことが分かるかも・・

* 土曜日
サタデーラボラトリー
“コンテンツプロデューサー”を標榜するあぜみ企郎が送る昼の情報生番組。ウィークエンドのお昼になじみそうなインドア・アウトドアエンターテイメント情報と、音楽満載。年代が近いせいか、選曲が耳になじむ。

City Ways
元エフエム岩手アナウンサー古賀徹、現役女子大生飯島千尋による午後の情報生番組。トークも選曲もコーナーも街頭インタビューも、土曜の午後らしくとにかく軽快。

戸塚西口シネマ座
架空の映画館戸塚西口シネマ座、支配人は恩田裕之。古今東西の映画音楽が楽しめるプログラム。ちなみに戸塚には、かつてMOVIX横浜ドリームランドというドライブイン・シアターがあった。

* 日曜日
ラジオの絆
親業インストラクターや、隣の保土ヶ谷区でワークショップなどで活動する相浦やよいの番組。いろいろな「絆」について、ゲストや街頭レポートで話題を展開していく。親子の絆の話も多く、育児まっさかりのわたしにも興味深い。


戸塚にゆかりあるパーソナリティーのトークと、耳慣れた定番の洋・邦楽。情報番組以外で個人的に聞きやすいのは、「happianist 野口茜のMake A Wish!」「しゅく造めのはっけよい戸塚へ」「とつかスタイル」。番組の雰囲気とスタイル、パーソナリティーのスキルがバランス取れてます。
11局もひしめく県内CFMの中では、まだ新生児。継続は力なり!これからも頑張れ、エフエム戸塚!

c0077964_14464631.jpg

[PR]
by bclguide | 2009-05-21 14:52 | 放送の楽しみかた | Comments(4)

BCL五月病

毎年この時期、このブログの書き込みが減ります。GWに関係なく仕事なので連休ボケにはなりませんが、年間で一番忙しい時期が12月〜4月なので、花粉症の症状が治まる5月になるといつもヘロヘロになります。

仕事も、子育ても、趣味も、気力や体力がしぼんでるせいか精彩を欠くこの頃・・昨日もEスポでロシアがかなり良く聞こえ、いっぱい録音したのですが、ボーッとしてて録音ファイルを全部消してしまいました。Eスポは仕事しながらPCに長時間録音しっぱなしにしてるので、記録ファイルが重たくなってフリーズしやすくなるのです。今月はこのトラブルで何度も録音データがフイに・・こまめに保存するという基本を、ついつい怠ってました。


辛い時期は、亀の歩みでもじっと耐えるしかないです。サナギマンは待つ。イナズマンに成長する時が来るのを、ひたすら待ち続けるのだ・・
c0077964_11192926.jpg

子供と散歩に行った100円ショップで買った新アイテム。「ゼーバー」になるか?
[PR]
by bclguide | 2009-05-20 11:41 | BCL talk | Comments(0)

BNC同軸ケーブル

連休中も仕事が長引いて辛いです。「世間並みに遊びに行きたい」という家族のプレッシャーと板挟み。疲弊しつつ夜中に仕事を終わらせて、寝る前のほんのひととき、気分転換にBNCコネクタのハンダ付けをやってみました(どんな気分転換だ・・)。

同軸ケーブルへのM型コネクタのハンダ付けに比べて、BNCコネクタのはパーツも多くて作り方がややこしい。少し前にもやってみましたが上手くいかず、これまでは秋月などで売っている市販品を使ってました。Mコネ付きの5D-2Vや3D-2Vから、BNC付きのRG-58/Uに替えたときには「なんてコンパクトで使いやすいケーブルだろう。シャックもスッキリするし、移動時も軽い!」と思ってましたが、先日の単ペ(単独ペディ)ではそれすらも、重くかさばるのです。

アンテナからテントまでの長い同軸も軽くしたい。良いダイエット方法がないか悩んでたところ、ペディ師匠からの「細い同軸でも十分実用になるでしょう」との助言が後押しに。細めの同軸(1.5D-QEV)を使い、BNCコネクタ付きケーブルを製作します。同軸ケーブルの加工方法(1)ほかを参考に、コネクタ現物を実測し慎重に被覆カット、ハンダ付け・・そしてどうにか完成。


実際にリグに繋いでみると、通常通り音が出ます。たかが同軸でも、自分でハンダ付けした一品は愛着も深いです(写真は左が秋月のRG-58/U、右が今回作った1.5D-QEV。どちらも10m)。

c0077964_23122562.jpg

[PR]
by bclguide | 2009-05-03 23:22 | 電子工作 | Comments(2)