かつてのBCL少年も初めての方もぜひ再びロマンの世界へ


by bclguide

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

カテゴリ

はじめに
受信機
アンテナ
放送の楽しみかた
受信情報
ノイズ対策
シャック
BCLグッズ・アイテム
受信報告書
QSL・ベリカード
書籍・出版物
電子工作
DXペディ
行事・イベント
BCL talk
BCL用語
リンク集

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

最新のコメント

Akosさん はじめま..
by bclguide at 16:18
初めてまして。 このラ..
by Akos at 08:34
太さん もし国内中波が..
by bclguide at 17:44
確かに、国内のAM局 全..
by 太 at 08:05
いかさん 先日はお疲れ..
by bclguide at 15:18
ペディお疲れ様でした。ホ..
by いか at 12:13
せきやまさん 南房総ペ..
by bclguide at 09:53
みなさん、お疲れさまでし..
by せきやま☆あすか at 09:34
いかさん 以前何度か行..
by bclguide at 18:43
キャンプお疲れ様でした~..
by いか at 17:42
せきやまさん 今回はご一..
by bclguide at 00:06
せきやまさん コメントあ..
by bclguide at 00:00
こんにちは。みなさんお疲..
by せきやま☆あすか at 18:02
こんにちは。英語で受信報..
by せきやま☆あすか at 15:45
いかさん 今回のお店も..
by bclguide at 22:16

プロフィール

最新のトラックバック

venussome.co..
from venussome.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
NET(日本教育テレビ)
from ポンポコ研究所
いまさら AN-1 を・・・
from 落花流水【 愛燦々と! 】
NHK沖縄・石垣ラジオ中継所
from Ham and BCL Sq..
WeatherFAX/N..
from Moroiso Yacht ..
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..

検索

タグ

(242)
(190)
(126)
(99)
(90)
(78)
(63)
(53)
(50)
(45)
(44)
(41)
(15)
(12)
(11)
(7)
(6)
(5)
(5)
(4)

Solar Data/Propagation

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

オヤジ
関東

画像一覧

<   2008年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

セクシーオールナイト

はじめて短波ラジオからその放送が聞こえてきた時の衝撃を
忘れることができない。

ラジオたんぱ(現在のラジオNIKKEI)で毎週土曜深夜1時から
2時間、テレホンセックスやポルノ映画の音声が延々流れるという
今ではとても信じられないような番組があった。


「サウンドレイプ・耳から直撃」
「ロマンポルノ・テレホンインタビュー」
「ミスターXの快感テレホン」
「海外特選ポルノ小説」
「ラジオドラマ「宏美と良美」パート1」
「キスマーク付きサイン色紙プレゼント」・・

いかがわしいCM
「あなたのクルマにクラリオン短波カーラジオ」
「表と裏がハッキリわかるニューゼリアコート」
「ビジュアル映画マガジン・アクトレス」
「宇宙企画の女子高生女子大生素人生撮りシリーズ」
「ホテルクイーンエリザベス石庭、原木中山インター前オープン」
「本物盗み撮りビデオ・そしてあなたに迫る本当の
(チョロチョロ)」・・

TVもVTRも持ってなかった中坊には、
無料で毎週聞けるとあって、まさに万々歳な放送だった。
ヘッドホンで聞き、同時に録音。
アノ声だけ抜き出し編集したカセットテープを、学友に貸し出し。
BCLのために購入したICF-6500は、いつしかKYOIとセクシー
オールナイト専用ラジオになっていた。

驚いたのは、先日何気なく開いた中学校卒業アルバム寄せ書きの
自分の欄に「セクシーオールナイト!」の文字。
そんなにはまっていたのか・・
(左:問題の寄せ書き 右:部分拡大)

c0077964_16395033.jpgc0077964_16341553.jpg

この番組の情報は少ない。日経ラジオ社発行の開局50周年記念書籍
「ラジオがくれた贈り物」の社史にも、1982年の10月1日の欄に
”「セクシーオールナイト」放送開始、話題沸騰”とだけ。
当時BCLラジオで聞いていたリスナーは大勢いたと思われるが、
あまり語られることもなかった。


この番組を聞いて受信報告書を書いたBCLは、いたのだろうか。
そして、海外にも愛聴者はいたのだろうか・・
[PR]
by bclguide | 2008-02-28 17:18 | 放送の楽しみかた | Comments(19)

DXのカントリー

Cotton Tree Newsという放送局がある。
先日の茅ヶ崎ペディで、この局が属するカントリーについて
話題になった。


スイスのジャーナリスト組織Foundation Hirondelleが運営。
1961年にイギリスから独立、以来内戦の耐えなかった西アフリカの
シエラレオネに向けて、ニュースと教育の番組をFM・短波で放送中。
短波の送信所は大西洋アセンション島 で、英語と現地語の放送が
16:30-17:00に9525kHz。日本でも夕方、良く聞こえてます。
(なおこの放送局は、WRTHではClandestine and other target
broadcastsに分類されている)

この局からQSL返信があったのだが、
疑問に思ったのがこの局のDXカントリー。
(左:Sierra Leoneに送付、同国より返信。右:Switzerlandに送付、
同国より返信)

c0077964_16132242.jpgc0077964_15535624.jpg

BCL連盟発行のMY WAVE 2005年7月号投書欄に
「Radio UNMEE(NYの国連本部が運営・エリトリアとエチオピア
向けで両国に放送本部があり・送信地はUAE)のQSLを、同誌
「放送局返信到着情報」のどの地域欄に投稿すればいいか分からない」
という質問があり、編集部は「基本的には(放送)本部のある都市を
基点とするのが妥当」という回答。
この場合エリトリア・エチオピアのどちらか?

一方、茅ヶ崎ペディでは「送信所のある国では?」という意見が。
アマチュア無線のカントリーはTXのある場所が基本とのこと。
QSLにTXの記載があれば、送信国がカントリーということに
なるのだろか。


シエラレオネの放送で受信可能な局は無く、返信の得られる局は
Cotton Tree Newsしかないのだが、送信地はアセンション、運営は
スイス、QSLにTXの記載無し。WRTHではターゲット国の記載。
頭がこんがらがってきた。
BCLのカントリー定義ははたして・・
[PR]
by bclguide | 2008-02-26 16:31 | QSL・ベリカード | Comments(8)

ひのやました

門司海上保安部が、関門海峡航行船舶へ潮流状況を放送する局で、
施設名称は火ノ山下潮流信号所

送信所は福岡県北九州市大字門司字奥山に、
放送所は、下関市みもすそ川町、”火の山”の麓にある。
関門海峡、とりわけ早鞆瀬戸(はやともせと)付近は幅約650mと
難所として知られ、古くは源平壇ノ浦の合戦で有名。

1625.5(1624USB)kHz、3分おきに繰り返し放送。
放送内容は「ただいまは 東への流れで 3ノット 流速は 今後
速くなります おわり。・・」とまさに業務局といった趣き。
出力が2Wと低く、横浜市内の自宅での受信は困難。
ノイズの少ないロケーションへ出掛けると、なんとか受信できます。
遠い所だと、なんと札幌市から受信報告があったそうです。
交通課にレポートすると、QSLが発行されます。


「ひのやました」・・古代は狼煙(のろし)、現代はAM放送に
電光掲示板、さらにテレホンサービスやインターネットでも
情報発信される時代。
それでも日に4度も方向を変える急潮は、変わらず今も海峡を流れる。
c0077964_20141198.jpg

[PR]
by bclguide | 2008-02-25 20:19 | QSL・ベリカード | Comments(8)

アナログ趣味の合理化

TBSラジオJUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力1/15のオープニングトークは、
「特にアナログな趣味の世界において顕著だが、便利や合理的を
追求していくと、時に本末転倒なことになる」という話題。

「自転車が趣味だが、楽に走れる技術を凝らした最新自転車を
購入したら、すでにバイクの価格を超えていた」
「釣りをはじめたが、初心者用に仕掛けの深さやしゃくり、当たり
の感知、巻き上げ、とフルオートの電動リールがあって驚いた。
これで釣りをやって楽しいのだろうか」
「釣ったアジを開きにして食べたい。添える大根おろしが
面倒に感じ、楽におろせる自動大根おろし器を買ったが、
何か大事なものを失うような気がした」・・etc


何気なく聞いてるうち、BCLに重ね合わせていた。

DX、特に中波DXの魅力は、激しい混信とフェージングの浮き沈みの
中から、いかに目的の局を拾い上げるかのスリル、
ここに醍醐味がある(と思う)。

ペディで幸運にもグッドコンディションのとき
1~2台の限られた受信機で
いくつかのオープンチャンネルのなかから
フェージング・混信のタイミングを読み
ここだ!というチャンネルを選択
正時を待ち
IDが浮き上がってきたときのあの興奮!!

逆にヤマが外れてIDが取れなかったときの失望感・・
一喜一憂の盛り上がりがDXハンティングの面白さで、
次回への期待・活力に繋がるものと思う。

伊集院光は、「単に楽に移動がしたければバイクにすればいい」
「単に楽にアジの開きが食べたければ、大戸屋へ行けばいい」と
言っていたが、ラジオもそんなところがある。
単に楽にいい音で聞きたければストリーミング放送を聞けばいい
ところを、手間ひまかけて受信するという手続きを楽しむ
ところに、この趣味の味わい深さがあるのでしょう。
まさにシエスタさんおっしゃるところの
"「手段が目的」になったものが「趣味」"。


受信機も「いかに楽に聞くか」の技術は年々進化している。
周波数直読、同期検波、オートノッチ、DSP、DRM・・
そしてSDRの登場。

正時直前のこの一瞬、一回きりのチャンス。
この周波数に懸けてみる・・!
といったDXingの楽しさも、やがて変わっていくのだろうか。
c0077964_11445286.jpg

[PR]
by bclguide | 2008-02-24 12:05 | BCL talk | Comments(6)

DXペディション一部始終

「うちはノイズがひどい」「貧弱なアンテナでDXが聞こえない」
「家族に気を使わず堂々とラジオ聞きたい」「一人で聞いてても
つまらない」・・
そんな悩みは、ペディションに出掛けることで吹き飛んでしまう。


風光明媚な郊外、FBなロケーション、仲間と深夜にわたる語らい・・
非日常を満喫できる、そんなペディションはどのように行われて
いるのでしょうか。
とある日のペディ風景を追ってみました。


○月×日
11:00 待ちわびたペディの日。寒さはまだ厳しいが、連休中は
    天気も良く、日中は少し暖かそうだ。
    バスの時間まで、おもむろに荷造りをする。
    今回はRX2台体制&宿泊なので、必然的に重装備になる。
    ケーブル類や録音機材、WRTHなどのグッズをひとつの
    バックパックにまとめる。寝具がないので寝袋も用意した。

c0077964_14463276.jpgc0077964_14464370.jpg

14:30 バス・電車を乗り継ぎ、待ち合わせの茅ヶ崎駅に到着。
    Nakaさんの車に乗せていただき、小春日和のルート134を
    一路ペディ会場へ。

15:00 途中コンビニで買い出しののち、ほどなく会場の
    柳島青少年キャンプ場に到着。
    ペディの悩みどころは、場所の確保とアンテナのチョイスだ。
    ローノイズで好ロケ地ほど、遠距離で交通の便が悪い。
    茅ヶ崎のロケはそこそこだが、駅から近いので
    都心からもアクセスしやすい。
    トイレ・シャワーと設備も整い、コンビニや居酒屋も近い。
    キャビン利用者は、ほか一組だけのようだ。
    かすかな潮風と木立の香りが、仕事疲れの体に心地いい。
    チェックインを済ませ、ログキャビンに荷物を運び込む。
    駐車場のすぐ脇の棟なので、楽々搬入。

c0077964_14414539.jpgc0077964_14415956.jpg

15:20 アンテナ設営。きょうはK9AYを2基上げる。
    K9AYシステムはコンパクトで設置も容易
    ビバレージよりゲインは低めだが、鋭い指向性も切り替え
    可能。長波〜短波帯までカバーとポテンシャルは高い。
    Nakaさんの愛車には、K9AYセットが常時搭載されてて、
    いつどこでもペディ可能らしい。
    マストを上げ、エレメントを固定し、アース棒を打ち込む。
    同軸はキャビンの上の窓から引き込んで完了。
    2人であっという間に済ませることができた。

c0077964_14425010.jpgc0077964_144324.jpg

15:50 キャビン内にシャック設置。
    部屋の中央部に分配器・アンプ・電源を配線。
    各自好みの場所に陣取って、移動シャックを組み上げる。
    折りたたみ椅子をRXのテーブル替わりにしたり、手元を照らす
    ライト、携帯座布団など、居心地良く聞ける環境を心がける。
    気付けばフェードイン&正時の時間ぎりぎり。
    はやる気持ちを抑えきれず、ケーブル接続ももどかしい。

c0077964_14432087.jpgc0077964_14435129.jpg

16:30 いよいよワッチ開始。
    自宅に比べてノイズレベルが低いので、Sメータの振れが
    いつもより小さい。なにか新鮮な気分。
    南米の入感状況はいまひとつか。TPも聞こえてこない。
    すこしがっかりするが、ペディはまだ始まったばかりだ。
    強い局を聞き流しながら、珍局のチャンネルを
    じっくりサーチする。

16:50 Miyaさんが遅れて到着。これでメンバーは揃った。
    さてワッチにも熱がこもるが、ブラジル常連局の信号も弱い。
    LADXを草々に諦め、MiyaさんのHF-Acars受信を見学。
    こういう情報交換や刺激を得ることも、ペディの醍醐味。
    いろいろな受信のかたちがあって、興味津々な面々。

c0077964_17134655.jpgc0077964_14482098.jpg

18:00 1次伝搬も空振り。聞くところがなくなって、
    「やる気無し夫」になったNakaさん。
    携帯で各地のDXerと連絡を取り合い、エールと情報の交換。
    この日は気仙沼でもペディが開かれ、めざましいDXの報告に
    一同驚くやら羨ましいやら・・

c0077964_14485431.jpg

19:00 PNG各局が入感し始める。今日はかなり良好な様子。
    自宅ではノイズに負け気味のローバンドだが、ここ
    茅ヶ崎ならクリアに聞こえる。
    MDレコーダをまわしながら、南国の音楽で一息。
    そろそろお腹がすいてきたな。

22:00 時折ワッチするも、TP2次伝搬、PHL中波も弱いまま。
    いつしか皆ヘッドホンを外し、ミーティング状態に。
    噂話に花を咲かせたり、愛機を試聴させていただいたり。

c0077964_1449465.jpgc0077964_14495832.jpg

    気分転換に外に出れば、防風林のむこうに澄んだ星空が。
    ペディに適した郊外は、星野散策もうってつけの場所が多い。
    持参したのはオペラグラスWideBino28
    視界いっぱいにオリオン座が見え、とてもきれいだった。

23:00 深夜過ぎの月曜早朝中波にそなえてぼちぼちと仮眠。
    WRTHを寝袋の下に敷き、枕代わりにした。

02:00 K9AYの指向性を切り替え、北西・南西方向に。
    ふと1624(USB)kHzに合わせると、弱く女性のアナウンスが。
    念願だった火ノ山下潮流信号所の受信に成功!
    真夜中に思わず声を上げてしまう。

03:00 時折もぞもぞと起き上がり、バンドをサーチする。
    AUSもEuro中波もいまひとつだ。南のソロモン中波も
    先月より弱い。
    キャビンの明かりを落とし、聞きたい時間帯に合わせて
    寝たり起きたり・・

c0077964_145035100.jpg


06:00 その後も中波は振るわず。仮眠を断続的に取りつつ、
    アフリカを狙う。アンゴラが良いようだ。
    外はもう明るくなっていた。

07:30 受信を切り上げ、キャビン内、アンテナと撤収作業開始。
    受信結果が良くても悪くても、いつもこの時間は
    アンニュイなムードに。
    いくつになっても、遊んだ後の片づけは一抹の寂しさを伴う。

c0077964_1451756.jpgc0077964_14511933.jpg

08:30 キャンプ場を後にして、近くのファミレスにて朝食&反省会。
    湘南ビーチは朝日にきらめいてる。心地よい眠気をコーヒーで
    紛らわせ、話題は自然と次回のペディ構想に。
    Miyaさんとはここでお別れとなった。

c0077964_14515121.jpgc0077964_1452392.jpg

09:30 茅ヶ崎駅前までNakaさんに送ってもらう。
    名残惜しいが、「またお会いしましょう!」
    さあ、帰って録音起こしとレポート作成だ。
    徹夜明けの肩に、荷物の重さがこたえる。
    キャリーを使うと楽に運べるかもしれないな。
    

    次のペディでは、どんな局が聞けるだろう。
    どんな出会いがあるだろう。
[PR]
by bclguide | 2008-02-23 15:01 | DXペディ | Comments(4)

ハイウェイラジオ横浜横須賀道路六ッ川

NEXCO東日本が、横浜横須賀道路六ッ川料金所~日野IC間
走行車両へ交通情報を放送する局で、識別信号は
「ひがしにほんこうそくろそくむつかわだい1・だい2」。

横横道路は三浦半島方面のゲリペにはおなじみの高速道路。
放送施設は、さいたま市岩槻にある岩槻道路管制センターにあり、
集積したデータをもとに音声は自動生成され、各送信所に配信。
送信アンテナにはらせん漏洩同軸ケーブルなどが使われている。
(こちらは路側ラジオ設置状況の実際

1620kHz、5分単位の更新で24時間放送。
放送内容は「新保土ヶ谷インターを頭に、狩場ジャンクションまで1キロ
ほど渋滞しています。この渋滞を抜けるのに5分ほどかかります。・・」
とまさに業務局といった趣き。
出力が10Wと低く、送信アンテナの形状などから自宅での受信は困難。
ロケーションの良い所だと数百キロ離れた局が受信できることもある。
レポートすると、QSLが発行されます。


「ハイウェイラジオ横浜横須賀道路六ッ川」・・
BCL復活してもうすぐ5年。
R. Korea Int.から再開したQSL集め、ずいぶん遠くまで来ました。
c0077964_1449351.jpg

[PR]
by bclguide | 2008-02-21 14:50 | QSL・ベリカード | Comments(4)

ペーパーナイフ

首を長くして待ちわびた局からの返信。
開封にはどんな道具をつかいますか?


以前はハサミやカッターを使ってましたが、封筒のりしろ
ぎりぎりまで収まった大きいカードやレターの場合、
封筒と一緒に切ってしまったり・・注意が必要。
嬉しくて気が急いてるときや、めんどいときなどは
もう手で開封。
ずたぼろに切れた封筒を後で見ると、「なんて返信にいたわりが
足りなかったんだろう・・」と悲しい気分に。

このごろはペーパーナイフを使います。
これは入手しやすいPLUSのステンレスペーパーナイフS型
c0077964_16291363.jpg

切れ味は今ひとつな気もしますが、やや重みがあり持ちやすいです。
これの前に愛用してた樹脂製ペーパーナイフ(たしかハンズで
購入)は、軽くて扱いやすかったですが、1年ほどでぼきっと折れて
しまいました。


ペーパーナイフはなかなか奥が深いようで、舶来品やハンドメイド、
自作品に、なんと「紙」でできたものもあったりする。
ペーパーナイフそれ自体で、ひとつの趣味世界が広がっている。
まさに「趣味が趣味を呼ぶ」。

*ペーパーナイフでも、封筒の中身を傷つける可能性はあるので
開封時はどのみち要注意。
[PR]
by bclguide | 2008-02-19 16:35 | BCLグッズ・アイテム | Comments(2)

沼津市駐車場情報案内

静岡県沼津市役所が、沼津駅周辺の交通車両へ駐車場混雑情報を
放送する局で、施設名称は沼津市駐車場案内システム

放送管理は、沼津市役所都市計画部計画課があたる。2001年3月1日から運用開始。
沼津は和文通話表「沼津のヌ」で有名。

1629kHz、08:00~22:00の間放送。
放送内容は「サンサンパーキングは沼津駅の東側、NTTビルの北側に
あります。マイロード駐車場は沼津駅前さんさん通り沿いにあります
・・」とまさに業務局といった趣き。
出力が3Wと低く、直線距離約80kmの横浜市内の自宅でも
あまり受信できません。
都市計画部計画課にレポートすると、PFCで確認証が発行されます。
(下画像:製作したPFC)

c0077964_1253740.jpg


「沼津市駐車場情報案内」・・こんなに近距離局なのに
フェージングで時折浮き上がって聞こえてくる、電波の妙。
c0077964_126339.jpg

[PR]
by bclguide | 2008-02-05 17:05 | QSL・ベリカード | Comments(4)