かつてのBCL少年も初めての方もぜひ再びロマンの世界へ


by bclguide

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

はじめに
受信機
アンテナ
放送の楽しみかた
受信情報
ノイズ対策
シャック
BCLグッズ・アイテム
受信報告書
QSL・ベリカード
書籍・出版物
電子工作
DXペディ
行事・イベント
BCL talk
BCL用語
リンク集

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

最新のコメント

satobclさん は..
by bclguide at 14:14
すいません。URL間違え..
by satobcl at 12:23
はじめまして。50代のB..
by satobcl at 12:20
せきやまさん 私はコン..
by bclguide at 22:41
記録ファイルはぼくも全部..
by せきやま☆あすか at 20:40
太さん さっきファイル..
by bclguide at 20:22
せきやまさん もともと..
by bclguide at 20:18
ファイルを消去することは..
by 太 at 19:58
お疲れさまでした。TDX..
by せきやま☆あすか at 18:40
Area51さん Ni..
by bclguide at 07:17
Nickさん、frien..
by Area51 at 00:17
Bさん 天気は残念でし..
by bclguide at 22:05
Shinさん 久しぶり..
by B at 15:20
いかさん Nickさん..
by bclguide at 21:58
Shinさん、土曜日はお..
by いか at 21:15

プロフィール

最新のトラックバック

venussome.co..
from venussome.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
NET(日本教育テレビ)
from ポンポコ研究所
いまさら AN-1 を・・・
from 落花流水【 愛燦々と! 】
NHK沖縄・石垣ラジオ中継所
from Ham and BCL Sq..
WeatherFAX/N..
from Moroiso Yacht ..
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..

検索

タグ

(245)
(191)
(130)
(101)
(92)
(78)
(63)
(58)
(54)
(46)
(45)
(41)
(15)
(12)
(12)
(7)
(6)
(5)
(5)
(5)

Solar Data/Propagation

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

オヤジ
関東

画像一覧

<   2008年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

いろんなPFC

QSLを発行していない局、受信確認を得られなかった局へは
PFCを同封したレポートが有効です。


PFCは、はがきサイズのカードやレター(便せん)にデータや
局HPの画像素材などを自ら印刷して作ります。
カードかレター、どちらにするかは好み次第。

カードタイプだと、プリンタ用のはがきサイズ用紙を
つかって印刷します。
データ面が表で、そこにサインや局印を入れてもらうときには
インクジェットプリンタ用はがきサイズ用紙マット紙厚手50枚
表面は写真やイラストで、裏面にサインや局印を入れてもらう
ときにはフォト用紙光沢premiumなどを使います。
国内局向けに、郵便番号枠が欲しい場合は別仕様の用紙を
チョイスするといいでしょう。


○DYHP
はじめて作ったPFC。
自分で作ったカードが届いたときは、興奮と既視感とで複雑な
気持ちになった。
データ欄がタイプ打ちしてあって感動。
最近作るPFCは、データ欄もこちらで記入済みにしてある。
c0077964_1752245.jpg

○KYOU
TP局も返信率が悪く、有効な場合がある。
ちなみに日原さんのPFCは、もはやオフィシャルレターと言われても
素人目には分からない出来映え。
c0077964_1753538.jpg

○臨沂交通音楽頻道
中国語のPFC。作成においては、赤林OMのQSL Gallery を参考にさせていただきました。
OMにはこの場を借りて感謝申し上げます。
かつての中国ローカル局は、全局このような同フォーマットのQSLを
発行していた、と聞きます。
c0077964_17542389.jpg

○台東之声広播電台
上記と同じく赤林Ver.をもとに作成した、台湾向け
繁体字バージョン。
立派な局印と、コメントも書き込まれ嬉しい1枚。
c0077964_17545479.jpg

○基督教春川放送
ハングルでつくったPFC。
なぜかサイン欄には「korea」とだけ書かれていて、
パッと見どこの局だかよく分からない・・
c0077964_1823892.jpg

○NHK長崎第一放送
局HPにある素材を使用して、オフィシャル感を重視。
データ面もそれらしく作成してみた。

c0077964_2020297.jpgc0077964_17573100.jpg

○NHK前橋FM放送
局印がゴースト像のよう。
ななみちゃんが乗っているのは、繭玉だろうか。
糸こんにゃくだろうか。

c0077964_17582979.jpgc0077964_17584428.jpg

○NHK長野第一放送
こちらはレター仕様。
画像素材が少ないときは、レタータイプになることが多い。
c0077964_17575750.jpg

○NHK東京第一放送
サイン・局印なしで返送されてきた。
「ベリカードの発行なし。そのままお返しします」と悲しい手紙が。
c0077964_17592076.jpg

○えちぜん
灯台局にもPFCを送ってみた。
過去に発行していたQSLにイメージを近づけてある。

c0077964_17594713.jpgc0077964_17595956.jpg

ほか、
信越放送
Radio Kuwait
静岡放送
KKOL・KTFH etc・・


PFCも愛着を持って作ってみると結構楽しくなって、
PFCを作ることそのものが面白くなる、と、
いつのまにか「手段が目的」に・・
[PR]
by bclguide | 2008-01-18 20:33 | QSL・ベリカード | Comments(22)

ワイヤレスコールチャイム

我が家と隣家の猫はいつも抗争が絶えず、
時折大げんかをして、双方かみ傷が膿んで大変なことになる。


どちらの家の猫も、元ノラで近所に散歩に出かけるのが日常。
最近は我が家の猫が一方的に戦をしかけ、隣家の猫に深手を負わせる
ことが多くなり、大変ひんしゅくを買ってしまっている。

これを阻止すべく、「ネコ散歩おしらせチャイム」を
しつらえることにした。
オーム電機ワイヤレスコールチャイムCHI-S500が、
あつらえ向きのようで早速導入。

玄関の呼び鈴などに使うコールチャイムのワイヤレスタイプのもので、
しかもこれには16の送信機からの呼出しが表示される。
ファミレスなどのよくある、業務用コードレスチャイムの
簡易版のようなものだ。
別売りの増設用送信機セットも使い、お互いの家の猫が
今どうしているか知らせることができるように
セッティングしてみる。
c0077964_17305676.jpg

たとえば、我が家の猫(キヨシ)が「散歩したい」と言ってきたら、
我が家の送信機「キヨシ散歩」を押す。
すると隣家に置いてある受信機のLED「キヨシ散歩」が点滅
&チャイムが鳴る。
そのとき隣家の猫(タマミ)が出払ってる場合は、隣家で送信機
「タマミ散歩」を押す。すると我が家の受信機のLED「タマミ散歩」
が点滅&チャイムが鳴る。
これで、タマミが散歩してることが分かり、キヨシの散歩を待たせて
タマミとのけんかを防ぐことができる。
タマミが帰宅したら、すかさず隣家は「タマミ帰宅」を押す。
我が家はタマミの帰宅を知り、キヨシを外に出すことができる
というわけだ。

いままでは窓を開けて呼びかけたり、電話して確認をとっていたが
これからはそれが簡易にできそう。

ちなみに送信周波数は315MHz帯が使われ、ためしに受信して
みたところ送信機を押してるあいだ、強くキャリアがとれた。


争いのない世界が、また一歩近づいた。
[PR]
by bclguide | 2008-01-17 17:39 | BCLグッズ・アイテム | Comments(0)

新たなDXingのかたち

新春の茅ヶ崎DX Pediに参加しました。
おなじみのメンバー各位と久しぶりに談笑。
外は極寒、中はあったかい一晩を過ごせました。

久しぶりのPediでもあり、たくさん聞きたかったのと、
あらゆるCondxに対応できるよう広範囲な受信希望リストを作成。
国内は「火の山下」をはじめとする潮流情報局から、LA、TP、
PNG、早朝AF&LA。これならハズレはないだろうと挑むも、
伝搬不調でことごとく受信できず。
予想外のPHL、AUSは録音機器の不調でIDを録り逃しと、
アジャパーな結果・・
c0077964_1718582.jpg


今回のPediの楽しみは、昨年GW Pedi以来の皆さんに会える
ことと、持参された新型マシンの実践レビュー。
昨年あたりから各方面で話題の新世代受信システム、SDR
(Software Defined Radio receiver)の注目機種
SDR-IQPERSEUSを同時に拝見することができた。

SDRは、パソコンを操作して受信するラジオのこと。
「PCでラジオ放送を受信する」ということに違和感あるものの、
デジタル科学の進歩も見てみたい・・期待は高まります。

どちらも本体は小さな小箱。パソコンを接続して使う。
モニタ画面には受信周波数や信号の波形が表示され、音を聞きながら
音を目でも見れる。モニタ付きラジオ機器に慣れてないので、
不思議な感覚。

ふつう、ラジオは受信できる周波数はひとつ(VFOが2つ搭載されて
いれば2つ)だが、SDR-IQは幅150kHz、PERSEUSはなんと400kHz
分をまるまる受信できる。
しかも一度PCに記録してしまえば、録った受信帯域内の局なら
後からSSBモードに切り替えたり、フィルターを狭めたりと受信操作も
自由自在だ。つまり「後から何度でも受信のやり直しができる」。
Nakaさんが「まさにラジオのタイムマシンやぁ〜」とおっしゃって
ましたが、ほんとにそう感じました。

音はどちらも聞きやすく、「パソコンで処理して聞いている」という
イメージをあまり感じません。
c0077964_17165910.jpg

SDR-IQのソフトウェアは信号分析用、といった雰囲気。
PERSEUSのソフトウェアは通信型受信機のPCコントロールソフト
ライクで、こちらは扱いやすそう。

操作するパソコンのスペックで、これらの性能は大幅に左右される。
受信機としての基本性能や受信音の記録容量、受信帯域記録幅は、
PC・ソフトの性能やその接続方法とともに、まだ発展途上とのこと。

小型の本体とノートPDとの組み合わせは、
通信型機を何台もかついで遠征するよりスマートな印象。
アナログ機からデジタル機へのカンブリア紀のような
不思議な存在感のラジオでした。
c0077964_17174133.jpg

[PR]
by bclguide | 2008-01-15 17:28 | DXペディ | Comments(6)

千葉ハーバーレーダー

千葉海上保安部が、千葉港航行船舶へ海上交通情報を
放送する局で、施設名称は千葉船舶通航信号所

放送施設は、千葉海上保安部港内交通管制室
(千葉港湾合同庁舎4F)にある。
ハーバーレーダーとは、高性能レーダーと通信装置で港湾の船舶通航
状況の把握と航行援助目的の情報提供をする、港のレーダー局。

1665(1663.5USB)kHz、05:00~18:00の毎奇数時52分30秒から
7分30秒間放送。
放送内容は「千葉航路及び市原航路の管制の状況
及び予告・・」とまさに業務局といった趣き。
出力が5Wと低く、横浜市内の自宅でもあまり強く受信できません。
港内交通管制室にレポートすると、QSLが発行されます。
カードは局舎と美少女オペレータの黄金律。一昔前の
アマチュア無線QSLの定番です。

「千葉ハーバーレーダー」・・関係ないですが「ありあけのハーバー」
を思い出し、無性に食べたくなりました。
c0077964_1622753.jpg

[PR]
by bclguide | 2008-01-09 16:24 | QSL・ベリカード | Comments(0)

おおはま

今治海上保安部が、来島海峡航行船舶へ潮流状況を放送する局で、
施設名称は大浜潮流信号所

送信施設は、来島大角鼻潮流信号所にある。
来島海峡は瀬戸内海の難所として知られ、古くは南北朝時代の
能島・来島村上水軍で有名。

1665(1663.5USB)kHz、数分おきに繰り返し放送。
放送内容は「中水道、ただいまは南流で4ノット、30分後には南流で
4ノット、1時間後は南流で3ノット・・」とまさに業務局といった趣き。
出力が5Wと低いものの、横浜市内の自宅でも強く受信できます。
東京13号地より遥か遠距離でも、E層伝搬でローカル局以上に
よく聞こえる現象、FMのEスポ伝搬のよう。
交通課にレポートすると、QSLが発行されます。


「おおはま」・・こちらも、局名ぽくないですね。
でも強く感じる潮の香り。
c0077964_16344873.jpg

[PR]
by bclguide | 2008-01-08 18:23 | QSL・ベリカード | Comments(2)

東京13号地

東京海上保安部が、京浜港東京区航行船舶へ海上交通情報を
放送する局で、施設名称は東京十三号地船舶通航信号所

放送施設は、宇宙鉄人キョーダインのOPで有名な船の科学館3Fにある。
東京13号地とは、13号埋立地のこと。お台場周辺をさし、
有名な「夢の島」は14号埋立地にあたります。

1665(1663.5USB)kHz、05:00〜18:00の毎奇数時45分から
7分30秒間放送。
放送内容は「東京東航路及び東京西航路における管制の状況
及び予告・・」とまさに業務局といった趣き。
出力が5Wと低く、横浜市内の自宅でもあまり強く受信できません。
交通課にレポートすると、QSLが発行されます。


「東京13号地」・・局名がかっこいいです。
「鉄人28号」+「網走番外地」のようです。
c0077964_1749596.jpg

[PR]
by bclguide | 2008-01-07 17:51 | QSL・ベリカード | Comments(0)

本年もよろしくお願いします

ご挨拶が遅れましたが、昨年も拙blog「BCL再入門」に
多くのコメント頂き、どうもありがとうございました。
今年も"BCL再入門"ノーハウを、自分の経験に基づいた内容で
できるかぎり綴っていこうと思います。


初雪ならぬ、初QSLが降ってきました。
2008年が、皆さんにとって良き1年でありますように。
c0077964_1526846.jpg

[PR]
by bclguide | 2008-01-05 15:29 | BCL talk | Comments(18)