かつてのBCL少年も初めての方もぜひ再びロマンの世界へ


by bclguide

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

はじめに
受信機
アンテナ
放送の楽しみかた
受信情報
ノイズ対策
シャック
BCLグッズ・アイテム
受信報告書
QSL・ベリカード
書籍・出版物
電子工作
DXペディ
行事・イベント
BCL talk
BCL用語
リンク集

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

最新のコメント

せきやまさん 私はコン..
by bclguide at 22:41
記録ファイルはぼくも全部..
by せきやま☆あすか at 20:40
太さん さっきファイル..
by bclguide at 20:22
せきやまさん もともと..
by bclguide at 20:18
ファイルを消去することは..
by 太 at 19:58
お疲れさまでした。TDX..
by せきやま☆あすか at 18:40
Area51さん Ni..
by bclguide at 07:17
Nickさん、frien..
by Area51 at 00:17
Bさん 天気は残念でし..
by bclguide at 22:05
Shinさん 久しぶり..
by B at 15:20
いかさん Nickさん..
by bclguide at 21:58
Shinさん、土曜日はお..
by いか at 21:15
Jackさん ご帰国出..
by bclguide at 12:34
Shin さん タイミ..
by Jack @ 出張一時帰国中 at 09:19
ヨコハマAA815さん ..
by bclguide at 08:43

プロフィール

最新のトラックバック

venussome.co..
from venussome.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
NET(日本教育テレビ)
from ポンポコ研究所
いまさら AN-1 を・・・
from 落花流水【 愛燦々と! 】
NHK沖縄・石垣ラジオ中継所
from Ham and BCL Sq..
WeatherFAX/N..
from Moroiso Yacht ..
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..

検索

タグ

(245)
(190)
(130)
(101)
(91)
(78)
(63)
(58)
(53)
(45)
(45)
(41)
(15)
(12)
(12)
(7)
(6)
(5)
(5)
(4)

Solar Data/Propagation

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

オヤジ
関東

画像一覧

<   2007年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Radyo Pilipinas

こちらからも嬉しい返信あり。
返信情報は時おり聞きますが、私自身にとっては
なかなか縁がない局だったので、とても感慨深いです。
c0077964_1534152.jpg

お昼前の、中東出稼ぎ労働者向け英語放送がいつも強力に入感、
短波放送で聴きどころがあまりないこの時間帯の定番局。

返信によるB07スケジュール
*English Service 0200-0330 UTC
17770, 15285, 12025 kHz
*Filipino Service 1730-1930 UTC
15190, 11890, 11730 kHz


ほかにも「私的縁遠い返信局」結構あります。
Radio Thailand
Voice of Malaysia
Radio Singapore International
Bangladesh Betar
Radio Jordan
Broadcasting Service of the Kingdom of Saudi Arabia
Voice of Africa
Radiodiffusion-Télévision Marocaine
Radio Nigeria
Africa No.1
Radio Austria International
Radio Habana Cuba
Radio Rebelde
フィリピン中波局
北米中波局
南米短波局・・
[PR]
by bclguide | 2007-10-30 15:38 | QSL・ベリカード | Comments(6)

Radio Kuwait

中東の国際局Radio Kuwaitは、私にとってBCLに再び目を向ける
機会を与えてくれた、印象深い局。
よく聞こえ、返信もパンフレットや豪華なカレンダー、絵はがきと
好意的ながら、QSLだけはリクエストに答えてもらえません。

先頃きれいな絵はがきを送ってくれたので、これを使ってPFCを
作成してみました。
最初は絵はがきをそのまま使おうと考えましたが、没になったら
もったいないと思い、スキャンしてPFC用に別途プリントアウト。
表面は絵はがきそのまま、裏面はデータ欄を追加。 

c0077964_1284935.jpg
c0077964_1685373.jpg


僅かな期待を胸に送ってみると、3ヶ月経ってレターが届きました。
R. Kuwaitから印刷物以外の、文書の返信は初めてです。
c0077964_12251742.jpg

PFCは戻ってきませんでした。
手間をかけてつくると、ちょっと残念な気持ち・・
でもようやく思い出の局とコミュニケーションできた気がします。
[PR]
by bclguide | 2007-10-29 12:30 | QSL・ベリカード | Comments(2)

BCLフローチャート

BCL復活後、待望の通信型受信機とアンテナを手に入れ、サイトや
BBSで話題の局をなんとか聞ける環境が整って、さてそこから先・・
ネットの情報に頼らず自分なりに放送を受信しようとして、いつ・
どこを聞けばいいのか迷った経験はないですか。
そんなとき、こちらのフローチャートを参考にお試しあれ。

*チャート内容はあくまで目安(というかいい加減)です。


[あなたにぴったり★DXingジャンル選びフローチャート]

Q1. 私は「BCL」というより「DXer」指向だ
 Yes→Q2へ  No→Q4へ
Q2. 近隣諸国は、いわば雑魚。
 Yes→Q5へ  No→Q3へ
Q3. 夜勤なので、夜はラジオ聞けない・・
 Yes→A8へ  No→Q4へ
Q4. 番組は楽しむもの。ノイズ・混信まみれは勘弁
 Yes→Q6へ  No→Q5へ
Q5. 夜更かしより、早起きの方が得意
 Yes→A6へ  No→Q10へ
Q6. 英語からきし駄目。Special Englishもほとんど分からない
 Yes→Q7へ  No→A3へ
Q7. 出張は嫌いではないほう
 Yes→A9へ  No→Q8へ
Q8. 実はアニラジリスナー
 Yes→A1へ  No→Q9へ
Q9. 分からない言葉の放送聞いて、楽しい?
 Yes→A4へ  No→A2へ
Q10. ノイズも多く、アンテナ設置場所も取れない。
 でも踏ん張って聞いている
 Yes→A5へ  No→Q11へ
Q11. ラテンの国はやっぱり憧れ。遠出してでも聞く
 Yes→A7へ  No→Q12へ
Q12. ありきたりの局じゃ物足りない。もはや「放送」かどうか
 にもこだわらない
 Yes→A10へ  No→A11へ


A1. 国内AM局
 特別な設備がなくても手軽に聞ける。高音質で地方局アニラジも
 受信可能。地域や中継局によっては十分DXingも味わえる。
A2. 海外日本語放送
 日本語なので親近感があり、聞きやすい。番組でお便りが紹介され
 たり、局とのコミュニケーションも大いに期待できる。
A3. 国際放送局
 ワールドワイドな情報を入手。英語放送が多く、信号も強い
 のでヒアリングに最適。
A4. 近隣諸国局
 長波〜短波と強い信号なので受信しやすい。地元の最新ヒットソング
 を先取り。
A5. 東南アジアDX
 南洋のムードを満喫。送信・返信が不定期なことが多く、
 調べるDX向き。
A6. アフリカDX
 早朝の楽しみ。ほぼ通年受信でき、独特の音楽も堪能できる。
A7. LA・TPDX
 難度・異国情緒満点。存分にDXingできるジャンル。自宅を離れ
 海岸などの郊外で珍局受信する興奮に、虜となること請け合い。
A8. EスポDX
 近隣国中心になるが、TPに匹敵するエキサイティングなジャンル。
 日中受信できる時間が取れるかどうかもキモ。
A9. C-FM受信
 移動・旅行と受信が同時に楽しめる。旅の思い出にQSLコレクション
 も魅力。
A10. ユーティリティDX
 ボルメット、NDB、路側、灯台、漁業無線、NAVTEX・・
 ディープで底無しの世界。
A11. 長波・中波DX
 ヨーロッパ、中東、アフリカ・・設備と受信感覚を磨き、
 遠距離受信の限界に挑める。
c0077964_13302371.jpg

[PR]
by bclguide | 2007-10-25 13:33 | 放送の楽しみかた | Comments(16)

BCLラジオの新聞広告

今朝の新聞を何気なく眺めてると、通販の広告のなかにBCLラジオを
見つけました。
ER4-330SAのようです。
c0077964_17124268.jpg

「高級BCLラジオ」「超高感度ラジオ」「海外放送をクリア受信!」
「提げて良し!持って良し!ファスナーベルト付き」
「遠い国から飛んでくる音楽や情報を簡単に、誰よりも早くキャッチ!
充実したラジオライフが満喫できます!」などなど・・
景気良いうたい文句が踊ってますね。

かつての夢を抱いて、このラジオを購入するBCL復活組も
おられるのでしょうか。
いまはネットで豊富に情報が得られるので、多様なレビューを参考に
熟考していい1台を選ぶことをができます。

復活第一号機にどれを選ぶかで、その後のBCLへの印象は
ガラッと変わるので、
「なんだ、やっぱりあの頃と同じで聞こえない。つまらない・・」
で終わってしまわないよう、FBな受信機を手に入れて下さい。
[PR]
by bclguide | 2007-10-22 17:14 | 書籍・出版物 | Comments(4)

KBS京都 滋賀放送局

KBS京都滋賀放送局は、支局ながらローカル番組を持ち、
独自のベリカードを発行するユニークな局です。

なかでも目を引くのが国内局にはめずらしく、ひんぱんに
デザイン更新されるQSLカード。
滋賀県の名跡や四季をバックにしたラジオカーの写真と
局コールサインを大きくあしらったシンプルなデザイン。
アマチュア無線のQSLを思わせる、業務的でストイックな図案が
カッコいい一枚です。
(彦根城築城400年祭をバックにした最新QSL。裏面のデータ欄が
無くなっている)
c0077964_10565314.jpg

通常はKBS京都本局と同内容の放送なので、QSLをGetするには
以下のようなローカル番組とIDを確認するしかありません。
さんさんわいど滋賀wish(月曜日〜木曜日:16時〜17時50分)
さざなBeゲーション(日曜日:11時〜11時55分)

1215 kHzには、KBS京都舞鶴局・TBC志津川局・韓国MBC晋州局など
出ていて、横浜ではKBS京都どうしが始終混信して聞こえますが、
10月・2月の夕刻に浮き上がってきますので、確認は容易でしょう。
[PR]
by bclguide | 2007-10-21 11:04 | QSL・ベリカード | Comments(8)

浙江電台文芸頻道

7月にEスポ受信した浙江電台文芸頻道から返信が届きました。
事前に届いた局からのEメールでは、この受信報告を
浙江広播電視集団の社報に載せたいとあり、
それらもいっしょに同封されてました。

届いた社報「浙江広電」と、Eメールで送られてきた
別誌掲載の記事文です。
c0077964_18171395.jpg
c0077964_18222873.jpg


“我感动地说不出话来”
——一封来自日本的听众来信
 
8月24日,广播文艺频道收到一封寄自日本横滨的信件,这是一位名叫××的听众在他自己家里清晰地收听到浙江电台文艺频道的节目,根据台呼线索专门写来的。他在信中说:“我是做动画工作的,喜欢画插画,还特别喜欢收听外国广播。当第一次听到贵台广播,我感动地说不出话来。”
这位日本听众在信中告诉我们:中国调频广播的收听情况比平常好,虽然文艺频道的信号有时不是很强,中国语很难理解,但还是可以了解播送的内容,能够“真心地享乐贵台的节目”。他还说:“通过你们的广播,我正在用功学汉语。我喜欢听中国音乐。民族音乐、通俗音乐、流行音乐、流行歌,是音乐我都喜欢。”
××先生还随信寄来一张CD,这帐CD刻录了他接收到的文艺频道7月20日10点到11点的节目。当这张CD刻录的声音在文艺频道办公室里响起来的时候,在场的主持人、记者编辑都兴奋地叫起来:“太棒了,我们的节目在日本都能听到!”“太牛了!声音很清晰啊!”主持人王飞当场把这盘CD拷贝,他说他要把这个录自日本的声音放到节目里播出,让其他的听众也一起来了解我们的节目在日本播出的情况。FM99、6文艺频道的节目收听情况一直比较好,在节目中,经常有江苏、上海等周边省市的听众打进热线参与节目互动,但远在日本横滨也有听友能清晰收听到本频道节目,还是让大家感到惊喜。
××先生在信中还附了三张照片,一张拍的是他的住房外景,还有他的收听设备以及他本人的照片。最后,他在信中祝愿日中两国人民能加强相互了解和交流。
××先生的来信不仅让我们真切地感受到调频广播也具有强大的覆盖力量,更让我们体会到了异国听众的热情和真诚,我们会更加努力地丰富频道的节目内容,提高我们的节目品质,不让我们的听众失望。 (王琳)


稚拙な中国語レポートでしたが、受信報告を喜んでもらえると
なんだかやる気がわいてきます。
見知らぬ土地の言葉も違う国の放送局でも、いちリスナーとして
コミュニケーションがとれたことが嬉しいです。
[PR]
by bclguide | 2007-10-12 18:37 | QSL・ベリカード | Comments(4)

地図を読む2

ひきつづき地図本を読んでます。
c0077964_15553223.jpg

地図で読む世界情勢―第1部なぜ現在の世界はこうなったか
地図で読む世界情勢―第2部これから世界はどうなるか

フルカラーでグラフィックも見やすい本です。
仏衛星TVARTEのLe Dessous des Cartesという番組の書籍版です。
聞いてる局がどこにあって、どんな国で、どんな歴史があるのか、
言葉は分からなくとも、イメージが膨らみます。

米軍の放送AFN Shortwave serviceのひとつに、
米海軍ディエゴガルシア基地からの放送があります。
インド洋中央に浮かぶ小さな島Diego Garciaが、まるまる米軍の爆撃機・
航空母艦基地になってます。
アフガニスタンやイラク空爆に、この島が拠点として使われました。
16世紀に無人島をポルトガル人が発見、のちにイギリス領になって、
さらに冷戦時代、アメリカが賃借契約を結んで基地化が進みました。
このとき、アフリカからの奴隷の子孫の住民が全員退去させられ、
今も帰島を訴える住民の訴訟が続いてます。

楽園のような南の島からの放送。でも基地の島の事実・・
ロマンは霞んでしまって、厳しい現実を思い知りました。
[PR]
by bclguide | 2007-10-08 16:00 | 書籍・出版物 | Comments(7)

はじめての英文レポート

中学の頃集めてた古いQSLアルバムのなかに、ベリカードにまじって
1枚だけ、Radio Finlandからの英文レターがはいってます。


BCLをはじめて1年半、国内民放や日本語放送を聞き、ベリカード収集も
楽しい日々。そこで次のステップ、英語の国際放送となるのですが、
当時良く聞こえていたヨーロッパ局、R. Finlandを聞いてレポート
しようと決めました。
c0077964_11303143.jpg

これはそのときのログ。
正直、番組内容はまるで理解できませんでした
(IDは、確か「短波」誌を参照したと思います)。
番組は早口のトークで、何度聞き返してもちんぷんかんぷん・・

とにかく30分間英語放送聞いたのも、英文で手紙書くのも生まれて
はじめてのことで、何日もかけて怪しい英語のレポートを作成。
今ならとても局に送れた内容じゃありませんが、
それまでレポートが没になったことがなかったので、
妙な自信とともに返信を待ちました。
そして、それはついに我が家に届いたのです。
c0077964_9171151.jpg

遠くフィンランドからの封筒に、中2の胸はときめきました。
はたしてQSLカードは・・入ってません。
というか、封筒が開きっぱなしになって届いてました。何故??
封筒の中には便せんと番組表。もしかしてカードだけ落っこちた?
便せんの文は英語で、これもまるで読めません
(今読むと、普通に礼状でした)。
c0077964_9481136.jpg

稚拙な受信報告書でしたが、それでも気合いを込めて送ったので
雑誌に載ってたきれいなQSLが得られなかったショックは大きかった。
QSL=ベリカードであって、レターや礼状という返信がまるで頭になかったのです。

この一件で何やら挫折感を味わい、そして中3となり受験勉強に突入。
BCLから徐々に遠ざかり、いつしかFinlandからの手紙も忘却の彼方へー


当時R. Finlandは返信基準が厳しかったようです。
復活後も何度かレポートしましたが、QSL返信は得られぬまま。
今も鬼門局です。
[PR]
by bclguide | 2007-10-05 10:30 | QSL・ベリカード | Comments(6)

地図を読む

ラジオを聞く時間が取れないので、自由な時間はもっぱらテレビと
読書です。
「世界地図」の意外な読み方—ニュースの本音が見えてくる! という
本を読んでます。
c0077964_13364936.jpg

BCLで世界中の放送を聞いていると、あまり聞き覚えのない国の
局にめぐりあいます。
15360kHzで毎晩23:00から聞こえるTrans World Radio Swaziland
もそのひとつ。
スワジランド王国・・何処にあるのか、と地図を開くと、南アフリカの
端にモザンビーク共和国と接するようにある小さな国です。
なぜこんな小さな国がこんなところにぽつんとあるのか・・

上記の本では、「ボーア人の圧力を受けたスワジ族が、1846年に
イギリスの保護を求め、保護領化して存続した」とあります。さらに
調べてみると、南アフリカに住むヨーロッパからの移民ボーア人
(アフリカーナー)から民族を守るために、当時別勢力だったイギ
リスの間接統治を受け国を維持、のちに独立したとのことです。

他にもいろいろな国の実情とか歴史が、地図を通して書かれてます。
国際放送を聞くときのガイド本になりそうですが、大まかな記述に
とどめられてます。別に地図帳もあるといいかも。


たまたま観ていた9/29の日本テレビたけしの独裁国家で何が悪い!?
で、「≪スワジランド≫ 国王のトンデモナイお妃選び!一万人の乙女が
裸で大集合!」というセンセーショナルな内容をやってました。
なんでも国王のお妃選びで、国を挙げてのおっぱい祭り(リードダンス)があるとか・・

そこからキリスト教放送が世界に向け送信されてます。
なんだか不思議。
[PR]
by bclguide | 2007-10-01 16:49 | 書籍・出版物 | Comments(0)