かつてのBCL少年も初めての方もぜひ再びロマンの世界へ


by bclguide

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

はじめに
受信機
アンテナ
放送の楽しみかた
受信情報
ノイズ対策
シャック
BCLグッズ・アイテム
受信報告書
QSL・ベリカード
書籍・出版物
電子工作
DXペディ
行事・イベント
BCL talk
BCL用語
リンク集

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

最新のコメント

Jackさん ご無沙汰..
by bclguide at 09:29
Shin さん たいへ..
by Jack at 05:25
Area51さん 今回..
by bclguide at 22:45
目次を見ただけでも、満腹..
by Area51 at 20:33
いかさんもPiano F..
by bclguide at 23:45
Piano Forte私..
by いか at 21:36
Akosさん はじめま..
by bclguide at 16:18
初めてまして。 このラ..
by Akos at 08:34
太さん もし国内中波が..
by bclguide at 17:44
確かに、国内のAM局 全..
by 太 at 08:05
いかさん 先日はお疲れ..
by bclguide at 15:18
ペディお疲れ様でした。ホ..
by いか at 12:13
せきやまさん 南房総ペ..
by bclguide at 09:53
みなさん、お疲れさまでし..
by せきやま☆あすか at 09:34
いかさん 以前何度か行..
by bclguide at 18:43

プロフィール

最新のトラックバック

venussome.co..
from venussome.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
NET(日本教育テレビ)
from ポンポコ研究所
いまさら AN-1 を・・・
from 落花流水【 愛燦々と! 】
NHK沖縄・石垣ラジオ中継所
from Ham and BCL Sq..
WeatherFAX/N..
from Moroiso Yacht ..
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..

検索

タグ

(242)
(190)
(126)
(99)
(91)
(78)
(63)
(56)
(51)
(45)
(45)
(41)
(15)
(12)
(12)
(7)
(6)
(5)
(5)
(4)

Solar Data/Propagation

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

オヤジ
関東

画像一覧

<   2006年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

PFC

Prepared Form Cardの略で、主要事項記入済ベリカードのことです。
ハガキや便せんに、あらかじめ受信した局名・受信日時・周波数など
のデータ欄(もしくはデータそのもの)を書いておいたもので、局
スタッフが記入・捺印(サイン)することで受信確認証になります。


ベリカードは放送局の善意で発行されてます。予算や多忙、人手不足
など局の都合で発行していない場合もあり、受信報告書にPFCを同封
することによって返信が得られる場合があります。

先日、日原さんのブログDX TransPacific in SaitamaSBC信越放送
ベリの発行を停止したという残念な情報が出ていました。
信越放送には2年前にレポートしQSLを得ていますが、国内民放中波
で完全に発行をやめてしまった局は他に無く(SBS静岡放送は旧カー
ドの在庫を無くなるまでの間発送中、FBC福井放送は「発行していま
せん」というレターですが、データ記載されていて事実上QSLのよう
になっています)、真実を確かめたい意味も込めて、あらためて受信
報告書を送ってみることにしました。

その際ほんとうにQSLが発行停止になってた場合を考え、返信用切手
といっしょにPFCも同封してみました。
PFCは多くの場合データ欄と局ロゴを組み合わせたシンプルなものが
使われてますが、今回はより一層QSLカード風のものをつくりました。
信越放送のホームページに壁紙カレンダーや、局マスコットをつかった
ろくちゃんの壁紙コーナーなど壁紙素材が豊富にアップされてましたの
で、それらをPhotoshopで組み合わせています。裏面のデータ欄は、
発行してたころの文面を極力再現してみました。

c0077964_1958135.jpgc0077964_2061448.jpg

こうして送ったPFCに、データを記入されたものが無事送られて
きました。手書きのデータに、局スタッフとの繋がりを感じました。
今回は局のオフィシャルな発行物をイメージしたカードにして
みましたが、結局はPFCは自分でデザインしなければならないので
開封するときのワクワク感は半減してしまいます。

c0077964_2065570.jpgc0077964_2072324.jpg
c0077964_2075424.jpgc0077964_208577.jpg
c0077964_2081845.jpgc0077964_2001874.jpg

(これらは個人で製作したPFCです。SBC信越放送は現在もQSLの
発行は行なっていません)


受信報告書と受信確認証のやりとりも、リスナーと局とをつなぐ
コミュニケーションのひとつと考えていますので、ぜひまたいつの
日かSBC信越放送がQSLを発行する日を夢みています。
(写真左:信越放送最後のQSL。右:局から届いた最新の番組表)

c0077964_2005358.jpgc0077964_2011092.jpg

[PR]
by bclguide | 2006-12-31 00:01 | QSL・ベリカード | Comments(6)

秋葉原

日本最大の電気街で、むかしから無線・ラジオに大変ゆかりが深い
エリアです。電化製品店〜ハムショップ〜パソコン店〜アニメ・ゲーム
オタク系ショップと店舗の様相も変わってきましたが、BCLの目線で
歩いてみて楽しめるお店はまだまだたくさんあります。
今も昔も、秋葉原に降り立つとワクワクしてきてしまいます。
オタクでいることが誇らしく思える(?)ような、そんな街です。

師走の秋葉原を駆け足で巡ってみました。
c0077964_20105993.jpg


富士無線電機
狭い店内に無線機・アンテナが所狭しと並んだ無線ショップです。
BCL用通信型受信機では、AR7030PLUS、IC-R75、NRD-545、
AR5000A+3などなど・・品揃えでは秋葉原随一とおもわれます。
アンプや分配器など受信機用周辺機器も豊富です。
2階には中古無線機のコーナーがあり、時おり受信機も置かれている
ようです。
c0077964_20113912.jpg

ロケットアマチュア無線本館
たくさんの無線機器が広い店内に並べられ、かつてのブームを彷彿
とさせる雰囲気が残っています。通新型受信機では545、R75、
アクションバンド受信用ハンディ機は各社多数が揃ってます。
2階はアンテナ機器コーナーで、アンテナ自作や設置に必要なものが
手に入ります。3階は懐かしの無線機・受信機の展示室です。

c0077964_20345332.jpgc0077964_2035496.jpg

山本無線
秋葉原ラジオセンター、秋葉原ラジオ会館内に点在する
無線ショップです。5000A+3やR75などが見受けられます。
c0077964_10523447.jpg

山菊ポータブル
ラジオセンター内にあります。SONYのポータブルタイプBCLラジ
オがずらりと揃い充実の品揃えです。
c0077964_1053538.jpg

ハム月販
無線機器を扱うお店です。店内に5000Aが1台飾られてましたが、
「中身のないモックアップで、非売品だよ」とのこと。
c0077964_2021110.jpg

秋葉原ラジオセンター
電子部品やパーツを扱う小さなお店が軒を連ねてます。
戦後の雰囲気が残っていて、そぞろ歩く観光客も多いです。

c0077964_1018418.jpgc0077964_20304511.jpg

2階にはBCLラジオなどが委託販売されてるレンタルショーケース
山本無線第6店e-BOXや中古の真空管受信機を扱う内田ラジオ
などがあり、懐かしい受信機を目にすることが出来ます
(写真は山本無線第6店e-BOX)。

c0077964_20394347.jpgc0077964_20395636.jpg

東京ラジオデパート
こちらもパーツ店が軒を連ねるビルです。
無線関係専門の電波堂書店や電子機器のケース専門店
鈴蘭堂東ラジ2F店、トロイダルコアで有名な斎藤電気商会
など、見所満載です。
c0077964_20165959.jpg

秋月電子通商
電子パーツの専門店です。自作派が欲しい部品が格安で手に入ります。
活気があって、夕方や土日などはラッシュアワー並に混んでます。
小さなかごに選んだパーツを入れて、お金の受け渡しもかごで、
商品は茶色の紙袋に入ってたりと、ここで買い物すると小さい頃
近所にあった八百屋さんを思い出します。

追記:毎週月曜と木曜は定休日です。ご注意ください。
私はいまだに間違えます。
あと2007年3月11日から31日まで、改装で一時閉店だそうです。
c0077964_1018572.jpg

千石電商
電子部品や工具がひととおり揃ってますので、電子工作するときは
千石と秋月を中心に買い物することが多いです。
秋月に比べクールな印象のお店で、落ち着いてパーツを探せます。
AVケーブル類は、同じ界隈の2号店が安くて種類豊富です。

c0077964_20403395.jpgc0077964_20404459.jpg

鈴商
おもわぬ掘り出し物が見つかるパーツショップです。
秋月や千石にない部品はここで見つかることがよくあります。
c0077964_20184486.jpg

オヤイデ電気
アンテナ用ワイヤー線や同軸ケーブルなど、電線を扱う専門店です。
c0077964_2019791.jpg

西川電子部品
ロケットの向かいにあるネジ専門店には、あらゆる種類のネジが
あります。2階の工具売り場も品揃え豊かです。
c0077964_20194627.jpg

●中古BCLラジオの修理・販売をおこなっているパソコンショップ
ZOAにも立ち寄ってみましたが、PSE法の施行で
中古電気製品の扱いを取りやめてしまったようです。残念です。

あきばおー
ここはなんでも取り扱ってる雑貨屋さんです。格安短波ラジオや大型
LEDライトなど、BCLやペディに使えそうなグッズもあります。
c0077964_20202066.jpg

魚河岸おに平
BCL仲間との宴会で何度か足を運んだことのある居酒屋です。
店舗が入ったビルの改築で休業中になっています。
来年7月、地下フロアをいっぱいに使って新装開店予定だそうです。
c0077964_20204557.jpg

[PR]
by bclguide | 2006-12-26 20:49 | BCL talk | Comments(0)

Radio Disney

米ウォルト・ディズニー・カンパニーがオーナーの放送局です。
本部はテキサスのダラスにあり、北米を中心にAM、FM、衛星ラジ
オなどで多くの局とネットワークを組んで放送しています。
北米中波局受信をしていると、1640kHz KDZR、1680kHz KAVT
1690kHz KDDZなどが時おり聞こえてきます。

番組はティーン層向けのロック音楽やリクエスト番組が中心で、
あのディズニーアニメのイメージはあまり感じません。
アメリカではニュース専門、スポーツ、オールディース、金融などと
番組内容別で放送局の住み分けがはっきりしているので、
日本の局でよくある、ヤングタイムの夜ワイド番組専門放送局、
のような位置づけなのでしょうか。
リスナーとDJとの電話トークや、「宿題やった?」みたいな
アナウンスも聞かれ、楽しそうです。


先日、横浜ワールドポーターズに雑貨を買いに出掛けたのですが、
かみさんが立ち寄ったアクセサリーショップで、どことなく
聞き覚えのある語感のDJ番組が流れてました。
耳を澄ますと、「... Radio Disney」とIDが!現地録音を流してる
のだろうか?とおもわずその場で店員さんに聞いてみると、
USENですよとのこと。


いつも追いかけてるDX局の音声が、ごく普通の場所で何気なく流れ
てることに、なんだか拍子抜けしたような気分になりました。
[PR]
by bclguide | 2006-12-23 19:11 | BCL talk | Comments(5)

CD-R

受信報告書には、番組内容やIDアナウンスをしっかり記入しますが、
受信状態が良くなかったり、言語が難しいなどで内容が聞き取れず、
レポートする際に苦心することがあります。
そんなときには、受信音を録音したものを局スタッフに聞いてもらい、
受信を確認してもらう方法が有効です。


特にTPやEスポなど、国外の遠距離中波やFM受信では、浮き上がって
聞こえてる時間が数分間だけだったりで、レポートするのに十分な
番組内容を書けない場合が多いです。
ホームページからストリーミング放送が聞ける局だと、
「自分のラジオ設備で受信した」ことを録音でしか証明できません。

放送局からの手紙の中で、「日本でこんなに聞こえてるなんて驚き
ました!」と喜ばれることもあり、送ったこちらも嬉しくなります。
遠い日本から、放送局に話題を提供できるんですね。


録音を送る方法はいろいろですが、手軽さからCD-Rをよく使ってます。
MDに録音した受信音を、パソコンを使ってCD-Rにコピーするのです。

MDの音声出力端子(無い場合ヘッドフォン端子)とPCの音声入力
端子を、ステレオコードで繋いでおきます。
所有PCがMacですので、外部音声編集ソフトにはひるの歌謡曲
使用してます(最新Ver.は2.50、シェアウェアです)。
MDの録音からIDやアナウンス部分を5〜10分くらい抜き出し
「ひるの歌謡曲」でAIFFファイルとしていったん保存、さらに
iTunesを使ってMP3ファイルに圧縮したものをCD-Rにコピーします。

作成用CD-Rには、エアメール封筒にもすっぽりおさまる8cmCD-R
が便利ですが、取り扱ってる店は多くありません。
近頃では秋葉原でもなかなか安価なものを見つけにくくなりました。
通販だと、ドンちゃんSHOP!が10枚¥399と格安です。
c0077964_15231063.jpg

作成したCD-Rはハードタイプのケースのまま送るのがベストですが、
重くなって送料がかさむ、ケースの角で封筒が破れる、など
難点ありますので、東急ハンズのクリアパックフタ付きCKF 9-15
(90×150×40mm)とか、100円ショップのクリアポケットB7サイズ
に入れてます。
c0077964_15241919.jpg

こまかい傷はカバーできますが、衝撃には弱いです。
局から「CDが壊れてて聞けませんでした」という返信が時々あります。
先日も、宛先不明で戻ってきたレポートの同封CD-Rが割れてました。
c0077964_15235178.jpg

対策としては、丈夫な厚紙で挟むと良いようです。
また、CD-R表面には油性ペンで録音のデータや作成者の氏名を
書き込むと、局のほうで他のレポート同封物と間違えずに済みます。
このほか、シャックやアンテナ、ペディの様子などの写真画像を
CD-Rに納めることもできます。
先月のオフ会でDXの先輩、Wakiさん、日原さんにいろいろ教えて
頂きました。さすが熟練の皆さん、様々な創意工夫をなさっています。
[PR]
by bclguide | 2006-12-19 18:26 | 受信報告書 | Comments(4)

HLAZ

年末進行で更新も滞りがちです。
追い込み時だと、DX局を聞きながら仕事・・というのは
ちょっとしんどくなってきます。
ノイズやフェーディングの多い放送だと聞くほうに注意力が
向いてしまって、作業の集中力が下がってしまいます。
そんなときはやはり強力で安定した国際放送や日本語放送を
流し聞きすることが多いです。
21:30過ぎ、1566kHzにダイヤルを合わせると日本語の番組が
連日強く入感してきます。キリスト教放送局FEBCです。


この局は、私がはじめて聞いた海外からの日本語放送で、BCLへの
入り口になった放送局です(そのときのあらましはRadio Days 〜懐かしい人からの手紙〜に寄稿してあります)。

小学生の頃、この放送を聞いたときの不思議な気分は
今でもはっきりと覚えてます。
毎日1時間少々、宗教だけの番組内容、大韓民国からの送信、
「いったい誰が、何のために・・」新聞のTV欄にも載っていない
「ナゾの放送局」への興味が、やがてBCLへの興味に
繋がってゆきました。

のちに分かったことですが、アメリカの宗教放送団体FEBC
宗教放送局が法律で認められていない日本へ向けて放送するために、
日本支局で制作した番組を、韓国のFEBC-Koreaから
済州島の中波放送局HLAZを通して送信している国際放送・・
という複雑な成り立ちに、海外放送への関心は
ますます高まっていきました。
かつては「朴さんのボク知ってるモーン!」など、韓国からの放送を
思わせる番組もありましたが、いまは硬派な説教番組がほとんどです。


そしてここは、自分にとって受信報告書がはじめて没になった局
でもあります。感想・意見等が不十分だったとのこと。
のちに再トライしてQSLカードの返信を得ることができましたが、
いまでもこの没レターのほうが強く印象に残っています
(現在は日本支局でのQSL発行は長らく停止しています。
韓国支局からは英語レポート送付で、返信があります)。

c0077964_18461736.jpgc0077964_18533126.jpg

[PR]
by bclguide | 2006-12-13 19:54 | 放送の楽しみかた | Comments(0)

CALL SIGN

1980年に設立されたBCLクラブ関東DXersサークル(KDXC)
発行していた会誌です。
現在は印刷された会誌はつくっておらず、メールのニュースレター
「メールこーるさいん」が毎週発行されています。

発行されてた当時はBCLから離れてたので、その存在を知らなかっ
たのですが、とある方からバックナンバーを譲っていただきました。

DX REPORTや日本語放送・国内局の話題、QSL情報など
長波からTVまでを網羅した、幅広く密度の濃い内容です。
受信機やアンテナの使用レポート、アフリカや南米のDX局リスト、
コミュニティFM局訪問記、ペディションログ、などなど。
このほかにもエッセイや読み物も豊富で、今読んでても
いろいろな発見があります。

日本のBCLにとって情報のよりどころだった雑誌「月刊短波」が
休刊になったことで、情報や繋がりに飢えていたBCL達の熱気と
情熱が、読んでいてひしひしと伝わってきます。
同時に、ハイレベルになっていく編集者とビギナー読者との差や、
仕事・家庭と趣味の両立、BCL仲間・投稿の減少、と当時の
(今も変わりませんが・・)BCLを覆う不安や苦心も、
痛いほど感じられてきました。


毎月誌面に情報を提供されていたDXerのその後の活躍は、
手元のバックナンバーの他からは伺い知ることができません。
これは古い書籍や、月刊短波誌などを読んででも同様に感じます。
かつてのBCLブームからずいぶん時間が経って復活したせいか、
祭りの後にぽつんと立ってるかのような寂しさが広がってきます。

皆さんいまでもどこかでラジオを聞かれ、楽しんでいらっしゃる
のでしょうか・・
当時の大勢の投稿者のお名前を拝見しながら、ふと思います。
c0077964_18105511.jpg

[PR]
by bclguide | 2006-12-07 18:18 | 書籍・出版物 | Comments(0)

OVER-HORIZON

TV・FM DXを中心に活動する、国内唯一のサークル
Japan V-UHF DXers Circle(JVUDXC)
が発行する会報です。

FMやTVのDXingについては情報があまり多くありません。
そんななかでも、毎月印刷物による会報や、年度ごとにまとめた書籍
TV-FM受信ガイドの発行、各メンバーのペディや現地受信など、
JVUDXCは少数精鋭ながら、アクティブに活動しています。

Reception Reports欄やLogsには、中国、台湾、韓国、ロシアなど
のIDやアナウンスの情報が満載で、慣れない外国語のアナウンス
聞き取りに非常に参考になります。
このほかTV・FM局の動向や、番組表、返信情報と多彩な内容です。
初夏のEスポシーズンには数多くの投稿が寄せられ盛況になります。

コピーを折っただけの簡素な製本ですが、フットワークも軽く
手書きの記事もあったり、暖かみのある手作り感溢れる会誌に
なっています。
c0077964_13513949.jpg

[PR]
by bclguide | 2006-12-05 17:20 | 書籍・出版物 | Comments(2)

コンパクトチェア

アウトドアメーカーLOGOSから発売されてる
折りたたみ椅子ミニタイニーチェア(ネイビ)です。

テントペディでは、床(地面)に直に座ることになるので
下からの冷えがダイレクトに腰を直撃、疲労も増してしまいます。
そこでテント内でも邪魔にならない小さめの椅子を用意すると、
膝や腰の負担を軽くして、冷えからも体を守ることができます。

c0077964_1485615.jpgc0077964_1491159.jpg

100円ショップの折りたたみ椅子(¥210)を使っていましたが、
座り心地はあまり良くなく、代替品を検討していました。
尻のでかい私にはまだ小さめですが、クッション入りの背もたれ
(メッシュポケット付き)は心地よく、かなり腰・足が楽になります。
長時間座りっぱなしのテントペディにうってつけです。

ただし折りたたんでも、大きめの大根くらいのサイズになりますので
荷物が一つ増えてしまうことになります。
100円ショップ椅子のほうは非常にコンパクトなので、リュックにも
楽に入ります。こちらはいま、受信機をのせる台として
ペディで使っています。


近所のスポーツ用品専門店で、現品限り特価+ポイント割引で
¥610と激安でした。
[PR]
by bclguide | 2006-12-04 17:40 | DXペディ | Comments(0)

SW DX GUIDE

1952年設立、日本で一番古くから活動しているBCLサークル
日本短波クラブ Japan Shortwave Club(JSWC)が発行している会報です。
最新刊の2006年12月号で、通巻659号にもなります。
c0077964_178018.jpg

超ベテランDXerの方々が大勢参加されているサークルですので
いまだに気後れしてますが、とにかく少しでもBCLの空気に触れたい、
DX情報を得たいと思い、末席を汚しております。
会報は国際局の受信情報がメインで、各局のスケジュールや
国内・国外の返信情報などが充実しています。
巻頭のDX Newsは全て英語で書かれていて、受信報告書を英語で
書き始めた頃、番組内容や受信状況の言い回しが非常に参考に
なりました。
"followed by~" "presumed" "Religious talk" "~, then ~" "often given"
"mentioned~" "subject seemed to be about~" などなど、
英語が苦手な私は、良く出てくる単語を単語帳にまとめたりしてます。

山田耕嗣OMの「今夜も笑いかわせみ」は長期連載で、
博学なOMの情報量に毎回驚かされています。
最近は少なくなりましたが「アシスタントのオペタ女史」との
下ネタトークが個人的には大好きです。

JSWCは、会誌発行の他にも、Radio JapanやAWR、HCJBでの
DX番組の制作、ハムフェアへの出展など、精力的に活動しています。
先日のRadio St Helena復活には、JSWCスタッフが
たいへんに尽力されていました。 


歴史あるクラブの、今後益々の発展を願うとともに、投稿など
微力ながらお手伝いしていきたいと思っています。
[PR]
by bclguide | 2006-12-01 17:10 | 書籍・出版物 | Comments(0)