かつてのBCL少年も初めての方もぜひ再びロマンの世界へ


by bclguide

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

はじめに
受信機
アンテナ
放送の楽しみかた
受信情報
ノイズ対策
シャック
BCLグッズ・アイテム
受信報告書
QSL・ベリカード
書籍・出版物
電子工作
DXペディ
行事・イベント
BCL talk
BCL用語
リンク集

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

最新のコメント

satobclさん は..
by bclguide at 14:14
すいません。URL間違え..
by satobcl at 12:23
はじめまして。50代のB..
by satobcl at 12:20
せきやまさん 私はコン..
by bclguide at 22:41
記録ファイルはぼくも全部..
by せきやま☆あすか at 20:40
太さん さっきファイル..
by bclguide at 20:22
せきやまさん もともと..
by bclguide at 20:18
ファイルを消去することは..
by 太 at 19:58
お疲れさまでした。TDX..
by せきやま☆あすか at 18:40
Area51さん Ni..
by bclguide at 07:17
Nickさん、frien..
by Area51 at 00:17
Bさん 天気は残念でし..
by bclguide at 22:05
Shinさん 久しぶり..
by B at 15:20
いかさん Nickさん..
by bclguide at 21:58
Shinさん、土曜日はお..
by いか at 21:15

プロフィール

最新のトラックバック

venussome.co..
from venussome.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
NET(日本教育テレビ)
from ポンポコ研究所
いまさら AN-1 を・・・
from 落花流水【 愛燦々と! 】
NHK沖縄・石垣ラジオ中継所
from Ham and BCL Sq..
WeatherFAX/N..
from Moroiso Yacht ..
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..

検索

タグ

(245)
(191)
(130)
(101)
(92)
(78)
(63)
(58)
(54)
(46)
(45)
(41)
(15)
(12)
(12)
(7)
(6)
(5)
(5)
(5)

Solar Data/Propagation

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

オヤジ
関東

画像一覧

カテゴリ:受信機( 40 )

IC-7300でBCL②

IC-7300の録音機能を使って録音した、1690kHz KHPYの受信音です。
モードはAM、フィルター帯域幅は2.0kHz、AGCはFAST、アンテナはALA1530+ALA1530S UP GRADE KITSです。



[PR]
by bclguide | 2017-04-16 16:16 | 受信機 | Comments(0)

IC-7300でBCL①

昨年末から、アマチュア無線でIC-7300(100W)を使いはじめました。SDR受信機と同様に、スペクトラムスコープ&ウォーターフォールが表示できるのは非常に便利で、電波を目で見て把握できます。

先日、IC-7300と同じくRFダイレクト・サンプリング方式を採用した受信機IC-R8600が発売されました。久しぶりの新型テーブルトップ受信機で、7300には無い同期検波モードや3GHzまでの広帯域受信機能もあり、BCLの注目を集めています。

"無線機"IC-7300でもラジオ放送は受信できますが、"受信機"IC-R8600は受信に特化したリグなので、受信性能に違いがあると思います。数値的な違いや比較テストなど、これからの情報にも期待したいです。


参考までに、IC-7300と受信機(AR7030PLUS)の受信比較をしてみました。どちらも同じモード(AM、FILTER 5.2kHz帯域幅、AGC FAST)にしてあります。強力なAIRなので、どちらでもインド音楽が楽しめています。




[PR]
by bclguide | 2017-04-13 22:44 | 受信機 | Comments(0)

無線機でBCL

先日新規に無線機を導入しましたが、免許申請中につきまだ送信できないので、ALA1530をつないでワッチに使っています。

ここ数日は630のKUAMが良好で、昨夜はクリスマスソングがエンドレスで流れてました。639のNHK静岡第2のカブリの影響をけっこう受けており、高音でガサガサと耳を突く感じです。いかにも無線機らしい音質で、同じ局をAR7030で聞いてみると、音質がマイルドなのでカブリも耳に優しいです。
c0077964_19054741.jpg

[PR]
by bclguide | 2016-12-22 19:08 | 受信機 | Comments(2)

CC SKYWAVEのUL-DX改造

TDXCでは、小型ラジオに大きなフェライトバーアンテナを取り付けてDXingする「Ultralight DX」が人気です。私も昨年4月にシエスタさんからフェライトバーを、板さんからリッツ線をお譲りいただきましたが、開祖のGaryさんから頂いた改造PL-380に満足してしまい、製作が進んでいませんでした。この夏の会誌にさわぽんさんから詳細な製作記事もご寄稿いただきましたので、7月に購入したC.CRANE社の小型ラジオ「CC SKYWAVE」をUltralight DXラジオに改造してみました。


製作のコンセプトは、
・CC SKYWAVE自体には極力変更を加えない
・外部アンテナはラジオ本体から着脱可能にする
・ラジオ本体にアンテナ端子を増設して、内蔵バーアンテナと切り替えられるようにする(外部アンテナを取り外せば、CC SKYWAVE単体でも受信できる)
の3点です。

CC SKYWAVEを開腹し、ストラップ穴のすぐ下に3.5φヘッドホンジャックを取り付け、内蔵バーアンテナから配線します。外部バーアンテナはさわぽんさんの記事通り62回巻き、パイプとボルト頭部キャップ で仕上げました。バーアンテナの取り付け部分には、100円ショップの「スマホ三脚スタンド」のスマホを挟みこむクリップ部分を流用しました。

c0077964_1257852.jpg


c0077964_10403693.jpg


外部アンテナをラジオに取り付け、アンテナ端子をつなぐと、1664kHzの東京マーチスも弱く受信できるようになりました。うまく動作しているようです。元祖PL-380改よりわずかに音の力強さが弱く感じます。使われているフェライトバーが若干小さめで、巻き数も異なるからと思われます(CC SKYWAVE 18cm 約1cm径、 PL-380 19cm 1.3cm径)。


c0077964_1041213.jpg


ただ、アンテナ端子を抜き差しすると、ラジオの感度がおかしな具合に変化します。

*765kHz YBSラジオ
内蔵ANTのみで電源ON S6
外部ANTを挿すと S5
外部ANTを外すと S6に戻る

外部ANTを挿して電源ON S9
外部ANTを外すと S3
外部ANTを挿すと S9に戻る

*1664kHz 東京マーチス
内蔵ANTのみで電源ON S0(ノイズあり)
外部ANTを挿すと S0(フロアノイズも下がり、ほぼ無音に)
外部ANTを外すと S0(ノイズあり)に戻る

外部ANTを挿して電源ON S1〜2
外部ANTを外すと S0(フロアノイズも下がり、ほぼ無音に)
外部ANTを挿すと S1〜2に戻る

(これはフェライトバーアンテナに関係のないSW・FMバンドでも、なぜか同じ症状が出ました)


ミヤさんの会誌Ed.2執筆記事に、「C.CraneやPL-380などDSPチップの載ったラジオだと、FSLのチューニングが非常にわかりにくかった。これは、ラジオのチップ側が賢くて、弱い信号でもすぐさま増幅してしまうのと、強い信号であってもオーバーフローしない様に、瞬時に調整がされてしまう為と思う」とありましたが、似たような症状が出ていると思われます。「電源をONした時に接続されているアンテナで感度の最適化がなされていて、電源をOFFしないとリセットされない」ように感じます。
外部アンテナを使う際は、あらかじめアンテナ端子に接続してから電源を入れるようにしています。


だいぶ遅れましたが、部材を提供くださり、製作情報を公開下さった皆さんのおかげで、ようやく自分の自作機でUltralight DXの世界を楽しめそうです。ありがとうございました!

c0077964_1420013.jpg

[PR]
by bclguide | 2016-10-18 15:30 | 受信機 | Comments(9)

年の瀬ラジオ新調

もうすぐ2015年も終わり。食卓ラジオとして日常愛用しているICF-SW22(http://bclguide.exblog.jp/4134696/)を、ICF-SW23(http://bclguide.exblog.jp/19342996/)に変えました。

c0077964_9402742.jpg


さすが新品。ピカピカで家族全員感動。折れたロッドアンテナの分だけ落ちていた、短波・FMの感度も上がりました。壊れかけていた同調ダイヤルやVol、各スイッチの動きも滑らかになり、使いやすさも向上。SW22はまだ音は鳴るので、息子に譲りました。


家族とともに歩んできたラジオ。これからもよろしくおねがいします!
[PR]
by bclguide | 2015-12-30 09:40 | 受信機 | Comments(2)

Perseus V5 Demo Version

PERSEUSの新しいソフトウェアV5のデモバージョンが公開されました。

c0077964_9421830.jpg

これまでと違い、メインウィンドウのサイズが変えられるようになっています。

まだ一部分の周波数しか受信できないなど制限がありますが、近日中にフルバージョンがリリースされるとのこと。楽しみです。
[PR]
by bclguide | 2015-08-05 09:43 | 受信機 | Comments(0)

FDM-SW2 Ver1.34

ELAD FDM-S2の純正ソフトFDM-SW2の最新バージョンVer.1.34がリリースされました。以前からの不具合であった「連続した記録ファイルを再生中に一時停止・再生と操作すると、音声と表示がズレて出力される」という挙動が修正され、一時停止が問題なく使えるようになっています。
対応にやや時間は掛かりましたが、少しでも使いやすくしたいというメーカースタッフの努力に敬意を表したいと思います。



6月のEスポ記録ファイルを聞き返していたら、FMうるまが受信できていました。昨年10月の沖縄ペディ以来の再会です。
[PR]
by bclguide | 2014-10-08 06:50 | 受信機 | Comments(0)

FDM-SW2 v1.20Beta

FDM-S2のソフトウェアFDM-SW2がv1.20Betaにバージョンアップしています(http://sdr.eladit.com/FDM-sw2%20Software/)。


*Frequency jumping problem solved with the version 3.0 of the FDM-S2 dll.
*A firmware update to version 3.0 is required in order to use this dll and it is done by the software.
*Point and double click to tune a frequency and set it as center frequency.
*New default waterfall palette. Go to "Color Settings" and restore to default to set the new default palette.
(Release notes)

アップデート前の注意:
PLEASE DISABLE ANTIVIRUS BEFORE UPLOADING FIRMWARE ON FDM_S2 !!!


私のPCではアップデート後FDM-SW2が起動しなくなりましたが、v1.20Betaのアンインストール~再度インストールで動くようになりました。メインウィンドウにヘルプボタンが追加されてます。受信機能は変化しているのかよく分かりません。
いろいろ試しましたが、中波やFMの解析においては、「Offline Modeでファイルを再生し、Advanced Tuning、一時停止、Lock To CFは使用しない」点に気をつけていれば、FDM-SW2のほうがHDSDRよりも使いやすかったです。私の環境での使用感なので、状況によって変わってくると思います。
HDSDRは6MHz帯域ファイルの音飛びが改善しませんでした。各キーボードショートカットも「Ctrlキー」を同時に押さないと機能しないので、マウスが無いと使いづらかったです。




90.3赤峰広播電視台綜合広播? "中波幺幺四三千赫調頻九十六兆赫シーフェン広播電視台綜合広播"

6/5朝は江蘇~安徽方面のオープンでした。内蒙古かどうかちょっと分かりません。
[PR]
by bclguide | 2014-06-13 17:11 | 受信機 | Comments(0)

FDM-S2とAR5000A+3の比較

ここ数日、Esで台湾方面が良好に開けています。本日は台東方面がオープンし、92.5MHzで台東市の大宝桑広播電台(http://www.fm925fm925.com)が強かったので、FDM-S2とAR5000A+3の両方で録音・聞き比べてみました。感度などは、強いEsなのでそれほど差を感じません。

92.5MHz 大宝桑広播電台(FDM-S2 / BW161kHz)


92.5MHz 大宝桑広播電台(AR5000A+3 / BW110kHz)



わが家で78.5MHz FMブルー湘南は、AR5000A+3の110kHzフィルターだと、78.6MHz FM-FUJI(三ツ峠)の強力なサイドが混ざって聞こえます(ALAなので、相対方向の混信がカットできない)が、FDM-S2+HDSDRで60kHzくらいに帯域を絞り込むと、サイドが大幅に低減されて聞きやすくなります。ちなみにAR5000A+3はフィルターをさらに狭い30kHzに切り替えると、内容がほとんど聞き取れなくなります。
帯域フィルターが無段階で可変できる、というのはSDRならではです。

78.5MHz FMブルー湘南(AR5000A+3 / BW110kHz)


78.5MHz FMブルー湘南(FDM-S2 / BW60kHz)

[PR]
by bclguide | 2014-05-16 15:50 | 受信機 | Comments(2)

FDM-S2 with HDSDR

FDM-S2のデフォルトソフトFDM-SW2。機能は豊富なのですが、基本的な部分で使いにくく感じます。

●チューニング操作がしにくい。メインスクリーンのFrequency Displayは周波数の表示のみ。「Advanced Tuning」パネルの「Tune Frequency」「LO Frequency」や、「Lock To CF」などの関係や規則性が分かりにくく戸惑う。
●記録再生時、部分的な選択箇所をリピート再生する機能がない。そこで希望再生箇所を「A」「B」ボタンで切り出して保存しようとするが、この操作をするとフリーズしてしまう。切り出したファイルも再生できない。原因は不明。

(AB間のリピート再生機能はあります。切り出しはまだできない状態です。2014.05.20)

●「記録帯域選択」がボタン1つでは出来ず、段階を踏まないと実行できない。
●「Special double DDC mode」の「CH2」が起動せず、CH2ボタンをクリックするとフリーズする(これは「C:\Users\"Your username"\Documents\ELAD\FDM-SW2」ディレクトリにアクセスし、別のディレクトリにFDM-SW2のすべてのファイルを移動させて、FDM-SW2ソフトウェアをデフォルト状態に復元することによって解決)。ちなみにCH2のほうでは記録・再生はできない。またCH1で中波、CH2でFM、といった聞き方もできない(中波と短波、なら可能)。
●取説が大雑把で分かりにくい。


そこで、FDM-S2で使用可能なSDRソフト「HDSDR」でFDM-S2を動作させてみました。FDM-SW2では最大記録帯域幅が4.92MHzでしたが、HDSDRでは6144kHz幅で記録・再生ができます!FDM-SW2で記録したファイルも、6144kHz幅で再生できています。音質もよく、了解度が高いです。HDSDRの機能はシンプルですが、10カ所設定できるNotchやタイマー録音、タイムスタンプなどDXingと解析に必要な機能はほぼ備わっており、なにより操作しやすく、FDM-S2もいまのところ安定して動作しています。



こちらの録音も、FDM-SW2で記録したものをHDSDRで再生しています。
90.4MHz 泗陽人民広播電台(江蘇省宿遷市泗陽県)"歓迎収聴泗陽人民広播電台調頻九〇点四 Welcome to Siyang People's Radio"
[PR]
by bclguide | 2014-05-12 17:50 | 受信機 | Comments(6)