かつてのBCL少年も初めての方もぜひ再びロマンの世界へ


by bclguide

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

はじめに
受信機
アンテナ
放送の楽しみかた
受信情報
ノイズ対策
シャック
BCLグッズ・アイテム
受信報告書
QSL・ベリカード
書籍・出版物
電子工作
DXペディ
行事・イベント
BCL talk
BCL用語
リンク集

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

最新のコメント

Jackさん ご無沙汰..
by bclguide at 09:29
Shin さん たいへ..
by Jack at 05:25
Area51さん 今回..
by bclguide at 22:45
目次を見ただけでも、満腹..
by Area51 at 20:33
いかさんもPiano F..
by bclguide at 23:45
Piano Forte私..
by いか at 21:36
Akosさん はじめま..
by bclguide at 16:18
初めてまして。 このラ..
by Akos at 08:34
太さん もし国内中波が..
by bclguide at 17:44
確かに、国内のAM局 全..
by 太 at 08:05
いかさん 先日はお疲れ..
by bclguide at 15:18
ペディお疲れ様でした。ホ..
by いか at 12:13
せきやまさん 南房総ペ..
by bclguide at 09:53
みなさん、お疲れさまでし..
by せきやま☆あすか at 09:34
いかさん 以前何度か行..
by bclguide at 18:43

プロフィール

最新のトラックバック

venussome.co..
from venussome.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
NET(日本教育テレビ)
from ポンポコ研究所
いまさら AN-1 を・・・
from 落花流水【 愛燦々と! 】
NHK沖縄・石垣ラジオ中継所
from Ham and BCL Sq..
WeatherFAX/N..
from Moroiso Yacht ..
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..

検索

タグ

(242)
(190)
(126)
(99)
(91)
(78)
(63)
(56)
(51)
(45)
(45)
(41)
(15)
(12)
(12)
(7)
(6)
(5)
(5)
(4)

Solar Data/Propagation

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

オヤジ
関東

画像一覧

フィンランドと日本の中波DX

ハムフェア2009のJSWC講演会では、フィンランドのDXサークルSDXL(Suomen DX-Liitto ry: Finnish DX Association)のRisto Vähäkainu氏による講演が興味深かったです。フィンランドでは中波DXがたいへん盛んであるとのことで、中波好きのひとりとしてワクワクしながら聞きました。
c0077964_922537.jpg

日本の中波局のほとんどが受信可能であるというフィンランド。Risto氏のラジオ沖縄の受信音は、非常に静かでしっかりしたクリアな音でした。ここ横浜で聞くよりはるかにFBな受信音でした。なぜフィンランド(北欧)は、中波DXに恵まれた国なのか。フィンランドと日本の中波DXはどう違うのか、Risto氏の講演などを元に検証してみました(それぞれの項目で、FINはフィンランド、Jは日本です)。

*伝搬環境
FIN 高緯度のため冬が11~4月と長く(つまり夜も長い)、極夜(一日中太陽が昇らない日)が51日ある。このため国土がグレーラインに入っている時間も長く(時に半日にも及ぶ)、中波伝搬には最適な環境である。
J 中緯度地域なので冬は12~2月の三ヶ月間。グレーライン時間は年間を通して夕方・夜明けに各1時間ほど。

*ロケーション
FIN 国内の中波局はゼロ(今年6月から)Poli送信所からCRIが出ているのみ、近隣諸国も中波局が少なく、非常に弱電界といえる。
J 国内、近隣諸国とも膨大な数の中波局が乱立し、強電界と混信の嵐のまっただ中にある。

*受信設備
FIN Lemmenjoenの広大な土地にDXing専用ハウスを持ち、長さ1kmものビバレージアンテナを各ターゲットエリア別に常設。ロングバケーションを利用して長期滞在型DXペディションを実現している。
J ほとんどのDXerが、数日程度の休日を利用して海岸などへ移動してのペディ。旅館などに宿泊か、テントを敷設。機器・アンテナもその都度設置・撤収せざるを得ず、全体にポテンシャル悪し。

*DXer層
FIN 世界的な短波局の減少、X-Band局の増加で、短波DXから中波DXへ人気が移っている。近年は中波も聞き尽くしたのか、あるいはFM局の増加傾向からか、FM-DXの人気も高まりつつある。
J 中波DXの困難さ、難易度の高さからか、依然短波DXの人気が高い。


c0077964_9193774.jpg

c0077964_920196.jpg

これは、フィンランドと日本それぞれの1月1日0800UTCの大圏地図です。上がフィンランドが中心、下が日本が中心の地図です。
ヘルシンキ~東京間は約7800kmで、東京からシアトルやシドニーを聞くような距離感でしょうか。フィンランドからは、中国や韓国などの混信源をうまくかわしてグレーラインが日本にのびている様子が分かります。北米や南米、アフリカ、アジアなど、フィンランドとの間に混信源になりそうな地域も少なく、多くのターゲットを狙ったDXが可能です。しかし、北米やアジア地域を挟むオセアニア局などの受信は、北欧からだと困難なようです。
日本の場合、やはり圧倒的な混信源が周囲に、そして自国内にあり、猛烈にDXの妨げになっています。TP-DXの場合も、たとえば北米東海岸の受信が難しいのは、北米西海岸~内陸地域の膨大な局が混信する事も影響していると思います。


一日中夜で、いつラジオを聞いても中波が遠距離伝搬している状態。グレーラインが世界中をなめ回すように移動する、その中心に常に位置している。ビッグアンテナを贅沢に使って、連日のようにPERSEUSで大量にデータを記録・・フィンランド、北欧はまさに中波DXerにとって夢のような国です・・!

さ、私は今年も、女房にゴマすって、「爺さんの山登り」リュックを背負って、電車乗り継いで聞きに行こうっと・・(クスン)
[PR]
by bclguide | 2009-08-25 09:33 | BCL talk | Comments(6)
Commented by ライズ at 2009-08-25 21:16 x
はじめまして
私も今年6月にスウェーデンに行ったのですが、北欧は中波DXに向いているなと思いました。しかし夏至近くだったので2,3時間しか中波は聞けませんでした。。。フィンランドですが正確には中波局はゼロではなくCRIがPori送信所を使い963kHzで国際放送をしています。まあ同じようなもんですね。
Commented by bclguide at 2009-08-25 22:21
ライズさん ご指摘どうもありがとうございます。
月刊短波7月号にも出ていましたね。6月開局とのこと。
お出かけの頃は白夜の時期だったんでしょうか。
DXシーズンにフィンランドで中波を聞いてみたいですね!
今後ともよろしくお願いします。
Commented by YOKOHAMAN at 2009-08-25 22:46 x
Shinさま 当日はお会いでき握手までできて感激でした。

フィンランドの方の講演も聞きたかったのですがJSWCのブースの
留守番のため聞けなくて残念でした。しかしここで大まかな内容が
確認できてよかったです。要するに日本とフィンランドの国土、人口
密度の違いが大きいということですかね。
Commented by bclguide at 2009-08-25 23:05
YOKOHAMANさん ハムフェアで実際にお会いしてお話しできてよかったです。
上記の「伝搬環境」に関しては、私の考察がほとんどです。
人口密度は、たしかにフィンランドの方が低いでしょうし、ローカル向け中波局の減少(FMへの移行)は、フィンランドというより世界的なムーブメントですので、日本やアジア、アメリカでも将来そうなるかもしれません。でもそうなると、中波DXも短波のように過疎化しちゃうかもしれませんね。
中波独特の、伝搬とかスリルとか、長く楽しめるといいなあ。
Commented by NGO at 2009-08-25 23:05 x
Shinさん、
会場でお目にかかれて良かったです。
1年ぶりでございました。お元気そうでなによりでした。
フィンランドのリストさんの講演面白かったですね。
日本の中波が入るというのも驚きです。
こちらではフィンランドのMW局なんて聞こえないですのに。。。
また、東京に行きますので、遊んで下さい。
よろしくお願い致します。
Commented by bclguide at 2009-08-25 23:16
NGOさん こちらこそ、折角の機会ですのでもっとたくさんお話ししたかったのですが・・また会えますよね!
PERSEUSの講演は非常に楽しかったです。準備期間もあまり無かったと思われますが、巧みな話術ですっかり引き込まれました。
日本でもヨーロッパの大電力局はよく聞こえるので、ライズさんご指摘の963kHz、NHKが止まる日とかに聞こえるかもしれませんね。