かつてのBCL少年も初めての方もぜひ再びロマンの世界へ


by bclguide

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

はじめに
受信機
アンテナ
放送の楽しみかた
受信情報
ノイズ対策
シャック
BCLグッズ・アイテム
受信報告書
QSL・ベリカード
書籍・出版物
電子工作
DXペディ
行事・イベント
BCL talk
BCL用語
リンク集

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

最新のコメント

せきやまさん 私はコン..
by bclguide at 22:41
記録ファイルはぼくも全部..
by せきやま☆あすか at 20:40
太さん さっきファイル..
by bclguide at 20:22
せきやまさん もともと..
by bclguide at 20:18
ファイルを消去することは..
by 太 at 19:58
お疲れさまでした。TDX..
by せきやま☆あすか at 18:40
Area51さん Ni..
by bclguide at 07:17
Nickさん、frien..
by Area51 at 00:17
Bさん 天気は残念でし..
by bclguide at 22:05
Shinさん 久しぶり..
by B at 15:20
いかさん Nickさん..
by bclguide at 21:58
Shinさん、土曜日はお..
by いか at 21:15
Jackさん ご帰国出..
by bclguide at 12:34
Shin さん タイミ..
by Jack @ 出張一時帰国中 at 09:19
ヨコハマAA815さん ..
by bclguide at 08:43

プロフィール

最新のトラックバック

venussome.co..
from venussome.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
NET(日本教育テレビ)
from ポンポコ研究所
いまさら AN-1 を・・・
from 落花流水【 愛燦々と! 】
NHK沖縄・石垣ラジオ中継所
from Ham and BCL Sq..
WeatherFAX/N..
from Moroiso Yacht ..
くちこみブログ集(ライフ..
from くちこみブログ集(ライフ)(..

検索

タグ

(245)
(190)
(130)
(101)
(91)
(78)
(63)
(58)
(53)
(45)
(45)
(41)
(15)
(12)
(12)
(7)
(6)
(5)
(5)
(4)

Solar Data/Propagation

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

オヤジ
関東

画像一覧

PERSEUSゲリペ運用

DXシーズンまっただ中の連休、Nakaさんから再度ペディのお誘いを受け、Miyaさんとともに一路外房、千葉県いすみ市和泉浦海岸へと向かった。この好ロケ地で、今回も屋外PERSEUS-DXingに挑戦しようと思います。


PERSEUSを屋外運用するためのいくつかのハードル、電源の問題はクリアできました。今回は懸案のノイズ対策。前回の反省から、テントシャックとK9AYアンテナを10mほど離して設置します。暖かく、風も弱い絶好のゲリペ日和。三浦半島と違って、対岸に何も見えない太平洋が気持ちいい。
いざ、PERSEUS専用バッテリーと5V電源、PERSEUS本体、PCを接続し、PERSEUSソフトを起動。船倉を満杯にして大漁旗を翻すべく、投縄開始!

今日は久しぶりにコンディションが良い日に当たったようで、漁業無線風に言えば「いすみ市沖凪良く7回目実習中 釣数計7ファイル揚げ後帰途に就く」となりました。PC起動中のノイズは嬉しいことにほとんど認められず、皆さんに迷惑をかけずに安堵の一息。ちなみにPCのバッテリーは、毎正時と毎30分に1600kHz幅を10分間記録、これが7回分もちました。16時〜19時の一次伝搬をカバーしてます。

しかし、自宅で使っていたときは「優秀な受信機で、広い帯域をタイマー記録できるし便利だな」くらいだったPERSEUSの印象が、ペディでの運用で豹変。ブルドーザーで海底を荒々しくえぐるような、「底引き網操業型受信機」の本領発揮を目の当たりにしました・・
c0077964_933438.jpg

○通常の受信機を使ったPedi-Dxing
* まずバンドをサーチ。常連局の入感状況からオープン方面を把握する。さらに現地の日の出時間などから、信号が一番強くなる地域の局をあらかじめ予想する。
* IDが出る時間は、TP局の場合「毎正時」が多い。信号強度が良好で、フェージングのタイミングが正時に浮き上がりそうな局を、複数「録音候補」にする。このあたりの判断は経験がものをいう。
* 録音は余裕を持って早めにスタート(早い時間にIDが出ることもあるので)。2台受信機があると、ID確認の確率は2倍にふくれあがる。
* 時間までに候補局を絞り込む。限られた台数の受信機なので、慎重な中にも時に大胆な候補局変更が功を期すこともある。ダイヤル、あるいは10キーを操作する手がせわしくなり汗がにじむ。ほかのDXerからも情報を得たり、候補局の入感状況を逐一確認と、ぎりぎりまで駆け引きが続く。
* 正時数分前、録音局を決定。ここからはジタバタしないで、アナウンスが出る瞬間をじっと待つ。
* ついに正時・・ウオッ、念願のIDをゲット!思わずガッツポーズ!!祝福してくれる仲間たち。まずは1局、さい先いいぞ。しっかり録音されてることを確認。よし、アナウンス取れてる!ウキウキ気分で祝杯のビールのプルタブを開けた。

○PERSEUSを使ったPedi-Dxing
* 正時数分前にパソコンを起動。ソフトを立ち上げ記録帯域幅、記録中心周波数をセットし、記録開始。
* 記録中は、サブの受信機で別なバンドをチェックしたりするも、集中力に欠けたせいかうわの空。緊張感のあるペディ会場の中、ぬるくなったビールをちびり。
* 正時数分後、記録終了。パソコンをシャットダウン。長波〜中波までまるごとゲット。帰ってから解析するので、ID取れてるかどうかもよく分からない(電源にゆとりがあるPCなら、その場で即解析可能)。こうして記録作業を淡々とこなし、ペディ終了までダラダラ飲んでしまった・・。


いままで陰に隠れて気づくことのなかった局でもなんでもかんでも記録できてしまう。自分で「ここを聞こう」という意思は(受信時には)必要ない。
気仙沼のペディ隊から「1180kHzでR.Rebeldeが入感している」と聞き、こちら外房でもダイヤルを合わせると短波とのパラチェックが確認できて、テントシャックはキューバ中波受信に湧いてました。そのうえ「1020kHzでもキューバ局が聞こえる」と連絡がありましたが、こちらでは弱いな・・くらいであまり気にも留めず。
ところが、後になって太さんから「××時にID取れてたよ!」と聞き、家に帰って聞き返したPERSEUSのファイルに”Esta es Guama”のIDが記録されていたときは、喜びと同時にちょっと拍子抜けしてしまいました(受信音はこちらにあります)。

普通の受信機を使ったDXingのあの緊張感、興奮は薄らいでしまい、PERSEUSを使うと、遊びとしての面白さは弱まったような気がしたり・・
c0077964_9573114.jpg

例えていえば子供の頃のカード集め。山勝の仮面ライダーカードやアマダのスーパーカーカードを単品でコツコツ買って、新しいデザインが入ってないか、「当たり」のカードはこないかと、わくわくしながら袋をあけていたあのトキメキ。それに対して、すでにフルコンプリートされていて「当たり」のアルバムまで付いた「カードの箱買い」をした結果、満足感は得られたがあのトキメキは失われてしまった・・そんなような気分。

しかし、遠征先の良好な受信記録を持ち帰って、延々と骨の髄まで味わえるという、これまでにない楽しみがあることも確か。普段多忙で滅多にペディに行けない方にとっては、逃したくないチャンスをなるべく多く持ち帰ることができる機会になるでしょう。


PERSEUSによって、失ったもの、得たもの、どちらをとるかはユーザー次第で、BCLにとっての遊び方が増えたのは確かだと思います。SDRのおかげで、それまで見過ごしてきた局を、平等に受信できる機会を得ました。アンテナの向上とペディ開催の努力、ファイルの解析、膨大な記録の中からDX局を見つけ出す「根気」と「確認できる知識やノウハウ」がものをいうDXing・・

ゲリペ初稼働したPRESEUS記録ファイルは、揚網後魚蒼で急速冷凍をかけた状態で帰港、現在水揚中です。2年ぶりにTP受信を満喫できたペディは大満足、聞いて語って楽しいひとときでした。
[PR]
by bclguide | 2008-11-05 10:16 | DXペディ | Comments(6)
Commented by 化石 at 2008-11-05 22:16 x
bclguideさん
「大人買い」の雰囲気ですが、これもありなんでしょう。
自宅での解析はタイムマシーンDXか「アーモンドグリコ」(これわかる世代ですよね)状態だと思います。
http://spreadsheets.google.com/pub?key=pp2XwvQWM4Me4ltvh2xqWcQ
同じ日付、時間に確認局が並ぶ。これがこれからのDXのスタイルになるのでしょうね。
Commented by bclguide at 2008-11-05 23:09
化石さん 解析してると、一粒で二度どころか、七〜八十粒くらいおいしいというか、多量摂取で適量を通り越して中毒を起こしそうです。
新型電化製品で、暮らしもBCLも変わりそうですね。
昔は毎週TVのアニメを楽しみにしてましたが、今は放映後すぐにDVD BOXとなってまとめ観できます。ビデオ類がなかった頃には考えられませんでしたが、ビデオが出てきた頃は嬉々として使ってて、「毎週TVでチビチビ見た方が面白いよ!」とかいうひとはそんなに居なかった気がします。SDRもそのうち一般化するのかな・・
Commented by show at 2008-11-06 00:26 x
でも、やっぱり録音されていて、IDが確認出来れば、ガッツポーズでしょう。
取りこぼしが無くなるでしょうね。今までのペディでは、同じ場所で聴いていても、受信機の周波数の選択を誤れば聴けなかった。(例えば隣の人は聞こえていた)と言う悲しさは無くなりますね。
まあ、時代の流れでしょう。流れは、SDRでしょう、PC導入時と同じだと思いますが。
Commented by bclguide at 2008-11-06 12:25
showさん みんながID取れてて、自分が取れなかったときの悲しさはよく味わいました。悔しかったというか、でもそこが「遊び」の醍醐味だったり、楽しくもあります。DXで受信を競う系の遊びから、所有者全員が受信できて(記録できて)当たり前になってしまえば(競争の要素が減ってくれば)、今後は「参加者全員でエベレスト登山する」みたいにペディション自体を充実させる方向か、各地での受信結果の地域差を楽しむ、というようになるのでしょうか。なんだかまだよく分かりません。SDRの記録の量に、頭も体もついていくのが大変です。本当、近頃はパソコンに振り回されます。
Commented by show at 2008-11-08 01:05 x
bclguideさん
*でも、PERSEUSの個体差で、ある人よりもゲインが低いとかで、受信できなかったり
*そのうちに、XXXXで受信、受信範囲は、1000 +- 800kHz 受信時間は、23:58->05:08 まで、XXXGB ポータブルHDDに記録してお送りします。料金は、XXXXX円 なっているのがヤフーオークションに出てきたりして
↑でも人によって聞き取れるレベルが違うので確認出来る局数も違うでしょうね
*有る時間の録音ファイルを希望者に配って何局確認出来るか競うのも面白いかも。
何か新しい遊びができそうですねと、バカなことを書いてしまいました。
Commented by bclguide at 2008-11-08 09:53
showさん 受信音をオークションというのは想像してませんでした。このあたりは、QSLの売買のように個人個人で価値観違ってくるでしょうね。趣味なので、自力でやることに楽しさがあると思いますが、あまりにも素晴らしい受信音なら(たとえば現地記録したファイルとか)、ID集として欲しくなるかもしれません。
IDの聞き取りは、特に混信が酷い中波だと、難しいけどやりごたえがあって面白いですね。時間によってもめまぐるしく局が入れ替わる(入感地域が違ってくる)ので、IDなどで局名を確認をすることは凄く大切だと思います。